掲載中の作品

お出かけのメイクを整えます。

「それでは頑張ります! 」
「はい、あなたは私のヒーローです! 」
” 私はあなたの世話をします! 」
” 私があなたを守ります! 」
私が彼らと話していたとき、二人はすでに足元にいて、彼らの顔に笑みを浮かべて、彼らは寮に向かって走りました。
途中、おじぎを手にして歩いている女の子に出会いました。
「……これは危険人物です。 」
私は思ったのですが、彼女は私たち2人より少し年上だったようです。
「お嬢様、お願いします。私たちの寮に近づいているこの女の子を止めてもらえますか? 」
歩いていた女の子は女の子のような女の子で、おじぎをしたのは彼女でした。
” ……ごめんなさい。 」
申し訳ありません…彼らが言ったことです。
” そうですか? 」
二人は深刻な口調で話しました。
「……そうですね、すみません。最善をつくします! 」
「あっという間に頑張ります! 」
” はい!私は確信しています! 」
その少女は頭を下げて立ち去った。
「それでは、お待ちしております。 」
” はい! 」
二人から許可を得た後、少女は去った。
小さな女の子のことを考えていたら、ドアの鍵が開いている音がしました。
「……誰がいるの? 」
ドアを開けると、大きな女の子がメイドの帽子とメイドのスカートのメイド服を着ていました。
ああ…前日からの女の子です。
「……ん? ……どうしたの? 」
周りを見回すと、部屋の入り口で他のメイドが待っていました。
「……いいえ、私は話す気分ではありません。 」
カードをポケットから取り出し、手渡しました。
” ……どうぞ入ってください。 ”
女の子がそう言ったように、ドアが開き、メイドたちは部屋の中で彼女を追いかけました。
「こちらは女の子の部屋です。 」
彼女の声は優しくて優しい。さっき見た時とは全然雰囲気が違う

Photo by Joanbrebo

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です