掲載中の作品

各地ですでに真夏日 関東甲信などで猛暑日予想 熱中症に警戒

「おい!こんにちは!
「まぁ、とても寒い」
彼らは歩く必要があったので、彼らは少し速く歩いた。
“よーよーよー!私はあなたの敵ではありません!」
少年たちは現在、中学4年生でした。
初めて同級生だったカナエと出会った。
かなえという少女は、中学生の最初の女子学生でした。
男の子とは少し違いました。
「うむ、まあ、皆さんも中学に来てくれて本当にうれしいです。パーティーしてみませんか?」
“はい。作ってやる!」
かなえが言った。
「パーティーは少し、女の子は男性より少し若くなければならないでしょうね?」
かなえは手を挙げた。
「ええと、パーティーをみんなより少し若くする必要は本当にないでしょうね?」
“そうですか”
女の子たちはパーティーのアイデアに興奮していました。
彼らはこれまでこのようなことをしたことがありませんでした。
彼らは家でそれをしましたが、それはパーティーのようではなく、学校のイベントのようでした。
「少しやってみればできると思います。お茶とおやつを作ってメニューを作ります。まるでパーティーのようです」
「おおおお!それについて考えていました。セットアップを担当するので、やっぱりちょっとしたシェフです」
少年たちは皆同意してうなずいた。
パーティーでの彼らの最初の経験は学校でした。彼らはリーダーの子供であるように感じたので、彼らの印象はポジティブでした。
「でも、女の子だけでできませんか?」
“もちろん!何故なの?やっぱりパーティーだよ!」
「うむ、やらなくても大丈夫。私はそれが間違っているとは思いません。少なくとも一度はやってみるといいと思います。君たちと一緒にやったように」
かなえは笑顔でそう言った

Photo by Jim Davies

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です