news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/06/16

アマゾン、倉庫にAIシステム導入 従業員の社会的距離管理へ – ロイター


米アマゾン・ドット・コムは16日、従業員のソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)維持に向け、物流倉庫に人工知能(AI)追跡システムを導入したと明らかにした。社内での新型コロナウイルス感染防止を目指す。
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-amazon-com-idJPKBN23N25U
2020/06/16 22:45

万博出展テーマ「REBORN」に 2025年 – 産経ニュース


2025年大阪・関西万博に出展する大阪府と大阪市の地元パビリオンの内容を検討する有識者懇話会は16日、新型コロナウイルスに対応した基本構想案を示し、生まれ変わり…
https://www.sankei.com/politics/news/200616/plt2006160059-n1.html
2020/06/16 20:49

中国初の完全オンライン形式で開幕、第127回広州交易会 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News


【6月16日 CNS】中国・広東省(Guangdong)広州市(%Guangzhou%)で第127回広州交易会が15日、会期10日間の日程で、オンライン開幕した。
https://www.afpbb.com/articles/-/3288634
2020/06/16 16:48

Wi-Fi管理者の運用負荷を劇的に低減 Wi-Fiのユーザー体験を”見える化”する方法 – ZDNet Japan


無線LANが広く使われるようになってから10年余りが経過した。その間、Wi-Fiはオフィスやホテル、交通機関、公共施設など様々な場所で利用されるようになった。しかし、いまだに「つながりにくい」「通信速…
https://japan.zdnet.com/paper/20169673/30003659/
2020/06/16 16:52

英・スモールロボットカンパニーが新たな農業ロボット3種を開発 – ROBOTEER(ロボティア)


「ディック」は、電子雑草除去会社・ルートウェーブと協力して開発された非化学除草ロボットだ。こちらもマッピングデータを使用して雑草を見つけ、最大0.5㎜の精度で1秒ごとに衝撃波を発射して雑草を除去する。「ハリー」は2022年に…
https://roboteer-tokyo.com/archives/15762
2020/06/16 16:18

CTCとKDDI、チャットボット開発サービスを提供へ–「+メッセージ」を活用 – ZDNet Japan


伊藤忠テクノソリューションズとKDDIは、チャットボット開発サービスの提供を10月以降に開始する。7月8日~12月31日の間、チャットボット開発基盤「Benefitter」に同サービスの一部機能を搭載して無償提供する。
https://japan.zdnet.com/article/35155333/
2020/06/16 16:39

日本IBMが「Cloud Pak for Data」新版、AI活用へデータ収集・分析を包括支援 | 日経クロステック(xTECH)


 日本IBMは2020年6月15日、企業のデータ活用を支援するソフトウエアの提供を始めると発表した。AI活用に向けたデータの収集から整理、分析までを1つのソフトウエアでまとめて支援する。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08128/
2020/06/16 15:40

医療用AI、IoTプラットフォームを開発、運営する新会社を共同で設立 – MONOist(モノイスト)


シスメックスとオプティムは、共同で「ディピューラメディカルソリューションズ株式会社」を設立した。新会社では、医療情報をシームレスに連携する医療用のAI、IoTプラットフォームやデジタル医療ソリューションを開発し、運営していく。
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2006/16/news018.html
2020/06/16 15:00

◆関西大学 起業家マインドを次世代に継承するトークイベント「イノベイターズトーク」 Vol. 16・17をWeb開催◆ – 大学プレスセンター


【本件のポイント】 ・若手起業家を講師として迎え、自身の体験談をありのまま語ってもらうトークイベント ・学生の起業家マインドの醸成を目的に、2017年度から継続的に実施 ・今回で累計16・17回目。初のオンライン形式で開催  本イベントの目的は、若手起業家と学生の交流を通じて、ベンチャースピリットに富んだ人材育成を図ること。20代から30代に起業し、ビジネスの第一線で活躍中の起業家を''イノベイ…
https://www.u-presscenter.jp/2020/06/post-43858.html
2020/06/16 14:00

姿勢推定AI「VisionPose」が小型デバイスで利用可能 StandardシリーズにJetson AGX Xavierが対応 | ロボスタ


ネクストシステムはカメラ映像から人間の骨格情報を検出する姿勢推定AIエンジン「VisionPose」のシリーズの1つ「Standard」の対応プラットフォームに、NVIDIA社のコンピューター「Jetson AGX Xavier」を追加し、6月11日より提供を開始することを発表した。 小型で組み込みやすいプラットフォームを拡充したことで、ドローンなどの自律動作マシンやロボット開発、工場システムなどの人物検出を伴う開発に利用用途が拡大。同社は今後も対応エッジデバイスの拡充を行い、骨格検出分野における基幹技術の1つとして幅広く活用できるよう開発を進めていくとしている。 従来のVisionPose
https://robotstart.info/2020/06/16/visionpose-standard-jetson-xavier.html
2020/06/16 13:48

【今日の一冊】人工知能と銀行経営 (2020年6月16日) – エキサイトニュース


金融とテクノロジーを掛け合わせた「FinTech(フィンテック)」に興味をお持ちの方にとって、ホットワードの「人工知能」と歴史の古い「銀行経営」を組み合わせた本書のタイトルは、少々おかしなものに感じら…
https://www.excite.co.jp/news/article/Flier_2290/
2020/06/16 13:45

国産の医療AIプラットフォームを推進へ、日本医師会が期待を示す | 日経クロステック(xTECH)


 日本医療ベンチャー協会が2020年6月15日にオンラインで開催した設立3周年記念シンポジウムで日本医師会の今村聡副会長が登壇し、国産医療用AI(人工知能)プラットフォームの推進を訴えた。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08123/
2020/06/16 11:50

人工知能が児童の心理・知能を測定 中国で「AI幼稚園」が登場 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)


中国で「AI幼稚園」が誕生しようとしている。上海市奉賢区教育局は「天華幼稚園」の設立を発表。「就学前教育の知能化公共サービスをテストする基地」として運営していくと明らかにした。主な目標は、子供ひとりひとりの「パーソナライズされた成長過程」を
https://forbesjapan.com/articles/detail/35189
2020/06/16 12:30

AKA株式会社、株式会社モフィリア・代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務に就任:時事ドットコム


[AKA Corp.]「一家に1ロボット」時代の実現を目指し、人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA株式会社 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、株式会社モフィリア代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務として就任したことをお知らせいたします。 天貝氏は、1979年 東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学(人工知能)専攻修了後、ソニー株式会社入社。…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000056.000017199&g=prt
2020/06/16 10:45

MotoGPと人工知能 速いバイクづくりに欠かせないデータ分析を機械が担当 | 気になるバイクニュース


Ducatiのエンジニアが語るところによると、Ducatiではすでに新しいバイク開発のために人知能を有効活用し、そこで分析されたデータを利用しているという。他社に先駆けて導入したウイングレット、スイングアームスポイラーなどに関しても、空気抵抗に関する細かい分析の結果得られたもののはずだ。今後もさらに意欲的な開発が現場に投入されていくだろう。
https://kininarubikenews.com/archives/45652
2020/06/16 11:49

パターン認識と意味理解を融合させたAIが重要に、東大松尾教授が人工知能学会で講演 | 日経クロステック(xTECH)


 深層学習など現在の人工知能(AI)技術が抱える課題を解決するには、「世界モデル」の研究が重要になる――。2020年6月9日にオンラインで開催された第34回人工知能学会全国大会のセッションで、一線級の研究者が激論を交わした。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01334/061500001/
2020/06/16 10:18

人工知能学会2020リポート | 日経クロステック(xTECH)


 人工知能学会は2020年6月9日から12日まで第34回全国大会を開催した。新型コロナウイルス感染症対策のためオンラインで開催されたが、発表件数は915件と前年を大幅に超え過去最多となった。全国大会の講演などから、人工知能(AI)研究の最前線とオンライン化に伴う全国大会の変化を紹介する。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01334/
2020/06/16 10:19

米、国内企業とファーウェイの協力容認 5G基準作りで – ロイター


米商務省は15日、米国企業が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と取引することを禁止した規則を変更し、第5世代移動通信システム(5G)などの基準作りで同社と米国企業の協力を認めると発表した。
https://jp.reuters.com/article/usa-china-huawei-tech-idJPKBN23M2UR
2020/06/16 09:17

社説 スーパーシティ法 住民監視に道開く危うさ | 信濃毎日新聞[信毎web]


地域住民の個人データが集約され、一元的に管理される監視都市に道を開く危うさをはらんでいる。「スーパーシティ構想」の具体化を図る政府、自治体の動きに注意深く目を向けていかなくてはならない。 大量に集積さ…
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200616/KT200615ETI090005000.php
2020/06/16 09:21

米、国内企業とファーウェイの協力容認 5G基準作りで – ロイター


米商務省は15日、米国企業が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と取引することを禁止した規則を変更し、第5世代移動通信システム(5G)などの基準作りで同社と米国企業の協力を認めると発表した。
https://jp.reuters.com/article/usa-china-huawei-tech-idJPKBN23M2UR
2020/06/16 08:50

アシスト、「Progress Corticon 6.1」提供–データソースアクセスを強化 – ZDNet Japan


アシストは6月11日、ビジネスルール管理システム(BRMS)の最新版「Progress Corticon 6.1」の提供を開始した。
https://japan.zdnet.com/article/35155320/
2020/06/16 08:49

日本IBM、データ基盤の最新版「Cloud Pak for Data V3.0」を提供へ – ZDNet Japan


日本IBMは6月15日、データプラットフォームの最新版「IBM Cloud Pak for Data V3.0」を19日に正式提供すると発表した。
https://japan.zdnet.com/article/35155310/
2020/06/16 07:02

MIT Tech Review: フェイスブックが開発急ぐ ディープフェイク対策は 「最悪の未来」に間に合うか


フェイスブックがディープフェイク対策に先行して取り組んでいる。ディープフェイク映像を作成するツールが出回り、誰もが使えるようになると、本物の映像でさえ信頼できなくなる可能性がある。
https://www.technologyreview.jp/s/209054/facebooks-deepfake-detection-challenge-shows-how-hard-they-still-are-to-spot/
2020/06/16 06:48

「無菌」のロボットで感染防止、ビジネスチャンスをつかんだベンチャー|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社


こちらは、「無菌」のロボットで感染防止、ビジネスチャンスをつかんだベンチャーのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
https://newswitch.jp/p/22634
2020/06/16 06:01

アサヒグループが開発 AIで“客観的な”パッケージをデザイン:日経クロストレンド


アサヒグループホールディングスは、AI(人工知能)を使ったパッケージデザイン生成システム「AIクリエーターシステム」を開発。ビールや飲料といった同グループの商品パッケージのデザイン過程で試験運用する。同システムを導入した狙いとその仕組みを聞いた。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00411/
2020/06/16 05:02

時空を超えたスキル共有、いよいよ現実に|Beyond Health|ビヨンドヘルス


5G(第5世代移動通信システム)が広がる2020年代、医療・ヘルスケアに関するスキルは一気に底上げされる。この底上げのため、5Gと並んでカギになるのはVR(仮想現実)やAI(人工知能)などの技術だ。これまで大人数で共有することが難しかった名医など専門家のスキルは、5GとVRを組み合わせることで多くの人が共有しやすくなる。さらにAIを活用すれば、専門家の知見の共有は、場所だけでなく時間の制約も超えられる期待がある。
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00029/061200004/
2020/06/16 05:02

日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」13期生6社を採択:時事ドットコム


[ディップ]~2020年9月開始予定の14期募集をスタート~ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)は、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の13期採択企業を決定いたしました。また、同時に14期採択企業の募集を開始しましたので、併せて下記の通りご報告致します。■「AI.Accelerator」とは当社は、来る人口減少時代のキーテクノロジー、人工知能(AI)に注目し、AI専門メディア「AINOW(エーアイナウ)」(htt…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000001093.000002302&g=prt
2020/06/16 03:43

日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」13期生6社を採択:時事ドットコム


[ディップ]~2020年9月開始予定の14期募集をスタート~ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)は、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」の13期採択企業を決定いたしました。また、同時に14期採択企業の募集を開始しましたので、併せて下記の通りご報告致します。■「AI.Accelerator」とは当社は、来る人口減少時代のキーテクノロジー、人工知能(AI)に注目し、AI専門メディア「AINOW(エーアイナウ)」(htt…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000001093.000002302&g=prt
2020/06/16 02:43

HDC現代開発、住宅システムに5G搭載 – NNA ASIA・韓国・建設・不動産


韓国建設大手のHDC現代産業開発は15日、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)技術を活用した住宅「スマートホーム」事業に、米クアルコムの第5世代(5G)移動通信システム技術を搭載すると発表し…
https://www.nna.jp/news/show/2056793?id=2056793
2020/06/16 00:03

【東大発AIベンチャー】自動運転技術を活用した工場敷地内における自動搬送トラックの開発を開始:時事ドットコム


[TRUST SMITH & COMPANY]~完全自動スマートファクトリーの実現へ~TRUST SMITH株式会社は、(本社:東京都文京区本郷4-1-1 菊花ビル7F、代表:渡辺 琢真)は、自動運転トラックを活用した工場敷地内における自動搬送ソリューションの開発を開始した。同社のもつ障害物回避型ロボットアームや、自律走行型AGV、自律走行型フォークリフトのアルゴリズム、画像処理の技術を活用した工場機械の異常検知AI等の技術を併用しながら、完全自動化のスマートファクトリーの実現を目指す。■スマー…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000016.000049040&g=prt
2020/06/16 00:43

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。