掲載中の作品

グローバル化やインバウンドの増加、東京オリンピック・パラリンピッ…

DMT-Pと呼ばれる日本の会社は、テキストを日本語と英語に翻訳できるスマートフォンをリリースしたばかりで、すでに中国で使用されています。翻訳者は小さく、小さなキーチェーンの大きさで、タバコのパックの大きさです。

翻訳者は基本的に、小さなカメラ、マイク、加速度計を備えたスマートフォンで、電話に入力されたものを英語に、またはその逆に翻訳することができます。同社は、これが言語間でコミュニケーションをとる世界で最も簡単な方法であると主張しています。

この翻訳機はすでに中国で使用されており、DMT-Pは中国企業から多くの電話の注文を受けています。

翻訳者は毎分100ワード以上で動作し、10年以上にわたって発明に取り組んできた3人のチームによって開発されました。翻訳者はすでに日本で使用されており、DMT-Pは日本企業から多くの電話注文を受けています。

翻訳者は小さいため、同社は類似の製品よりもはるかに手頃な価格で翻訳者を提供することができました。翻訳者の費用は約120ドルで、オンラインで注文できます。

日本では、DMT-P翻訳者はE-DMT-P、または電子辞書と翻訳者として販売されています。電話機には、カメラ、マイク、加速度計、および変換ソフトウェアが装備されています。これらのソフトウェアは、別売のアプリケーションと電話機で提供されるアプリケーションで構成されています。日本の消費者は約120ドルでE-DMT-Pを購入できます。

DMT-Pは、Linguistic Data Centerからライセンスを取得しているため、このデバイスを日本市場に持ち込むことができました。 LDCは、企業が自社の製品を日本市場に投入するのを支援する会社です。

同社はすでに日本貿易振興機構にライセンスを申請しており、年末までに認可を申請する予定です。

私の大きな情熱の1つ(この言葉をこの方法で使用できる場合)は武道の研究であると言って、この記事の序文にしたいと思います。私はここ数年、さまざまなスタイルで勉強とトレーニングを行い、武道のすべての側面について多くの知識を蓄積してきました。これには、自己防衛、基本的な武道の原則の重要性、さまざまな武道の違いが含まれます。過去1年間、私は武道の経験について書き始めました。

マスター・ブルース・リーと話す機会がありました。

Photo by archer10 (Dennis)

グローバル化やインバウンドの増加、東京オリンピック・パラリンピックを控えて需要が伸びている製品の一つが、手軽に使える小型の通訳機だ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。