掲載中の作品

この映画は22世紀初頭の時代を思わせる未来的の未来世界を舞台として…

この映画の世界観は、次のように説明できます。
a) 地球には、自らを「ライラン」と呼ぶ異星人の種が住んでいる。彼らは、宇宙に存在した中で最も優れた種である。また、彼らは人類よりも知的である。 
b) ライラン人は、長い長い間、存在しています。彼らは、「レプティリアン」と呼ばれる人型の爬虫類の種族と、長い間、長い間、戦争を続けてきた。 
c) レプティリアンは、人間たちから文字通り「the reptilians」と呼ばれるほど邪悪である。 
d) レプティリアンは、人間が絶対に知ってはいけない、恐ろしい秘密を持っている。
e) レプティリアンは、この秘密を長い長い間、人間に使ってきた。人間は、レプティリアンが発見されるのを阻止するために、恐怖の状態に置かれている。
f) レプティリアンと人間は、何年も何年も永遠に戦争を続けている。戦争が終われば、最終的に爬虫類人の種族が勝利し、その場合、人間の種族は絶滅させられるだろう

Photo by waterarchives

この映画は22世紀初頭の時代を思わせる未来的の未来世界を舞台としています。ストーリーにもそのタイトルや世界観が生かされています。
この映画の世界観:

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ニキビについて

アクニール(Acneiru)は、クイーンズランド大学が開発した重度のニキビを克服する新薬の名前です。 この画期的な治療法は、ワシントン大学の研究者と共同で開発されている。 このチームの新薬は「悪玉」コレステロールを標的としており、100万人以上のオーストラリア人が罹患している炎症性皮膚疾患であるニキビの治療...
0 0
2021年2月17日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

旅から帰ってきた「ぼく」が住むことになったのは、小田原の狭い谷間...

#8220;私 #8220;はまだ大学時代に友彦さんと知り合ったのですが、その後何年も面会に行くことはありませんでした。 一年ほど前から面会に行くようになった。 #8220;私 #8220;は雨田雅彦という作家の女友達と一緒に暮らしていた。 雅彦も私も同じ家に住むことになった。 朝は駅まで行って、JRの小田原行きの電車に乗って...
0 0
2020年9月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

目と耳、どちらが情報をより脳に効率よく入れることができるか。

意識 あなたは自分を取り巻く世界の問題について、どれだけ知っていますか? 欲しいものと禁止されているものの違いは? 良いことと悪いことの違いは何ですか? 意思決定をするとき、頭の中にあるのは、理性と頭脳のどちらでしょうか? 頭の中に聞こえてくる言葉で正しいのは何ですか?あなたの思考は誰のせいなのでしょ...
0 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。