掲載中の作品

生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え

Life, the Universe, and Everything』は、多作で知られる作家が書いた本です。

Life, the Universe, and Everything』はデビッド・ブリンが書いたものですが、『A Deepness in the Sky』の続編である『A Deepness in the Sky』など、彼の他の本との関連性が多く見られます。

目次を見る]

プロットと構成 編集

本書は、本書が “生きている誰よりも宇宙について知っている男による小説であり、論考である “とする序文から始まる。

短いプロローグの後、L.スプラグ・ド・カンプという人物とその息子のジュールが紹介されます。この本のナレーターは、L.スプレイグ・ド・カンプについて、彼がドイツの病院で生まれたことや、最終的に生化学の教授になったことなどを語っています。著者の経歴は、科学者であることを示している

Photo by Maiko & Geiko

生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

※シリウスとは、おおいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つで...

#8220;一人ではなく、友達とランチを食べに行きたい#8221; シリウスは、シリウスBに次いで小さくて明るい天体で、太陽のわずか0.04%の明るさしかありません。 シリウスは夜空に見える唯一の星です。 #8220;ベランダから見下ろすたびに、空はいつも違う場所や星を見せてくれるので、何も考えたくありません。#8221; シリ...
0 0
2021年2月19日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

デザイン科学仮想雨誠実牛IQイギリスロス#

611 A: そのとおりです。このシーンの雨は、水の感触や肌触りをとてもリアルに表現しています。 612 A:私は、雨が肌に近づきすぎて、とても偽物っぽい感じがしました。また、少し誇張されているようにも感じました。この場合、太陽と雨という2つの物体の距離感を表現したほうがいいと思います。 A:確かに、雨がちょっ...
0 0
2021年3月16日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。