news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/03/02

ビジネス特集 今やひっぱりだこ!? 武器になるのは「数学」です | NHKニュース


日本人の数学の知識や応用力は世界でトップクラスですが…
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200302/k10012309631000.html
2020/03/02 19:24

吉本、米AI大手ObENと提携 AI活用しリアルな3Dアバター製作へ | 財経新聞


吉本興業ホールディングス(東京都新宿区)は2月26日、米国のAI(人工知能)大手ObEN(オーベン)と、AIを活用した所属タレントの3Dアバター製作で提携したことを発表した。
https://www.zaikei.co.jp/article/20200302/555076.html
2020/03/02 18:18

ミクシィが取り組む共同研究プロジェクトで誕生したアンドロイド指揮者「オルタ3」がNTTドコモのスペシャル動画に起用:時事ドットコム


[株式会社ミクシィ] 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅、以下ミクシィ)が参画する、「人と人工知能(AI)とのコミュニケーションを探求する共同研究プロジェクト」により開発されたアンドロイド指揮者「オルタ3」が、本年3月2日(月)より、NTTドコモ提供のスペシャル動画『爆奏オーケストラ』に起用されたことをお知らせします。 NTTドコモが提供するスペシャル動画『爆奏オーケストラ』は、第5世代移動通信システム「5G」の速さを象徴的に表現したもので、アンドロイド指揮者「オルタ3」…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000048.000025121&g=prt
2020/03/02 17:35

アンドロイドと人類が協奏する未来のオーケストラ動画『爆奏オーケストラ』を公開!:時事ドットコム


[株式会社NTTドコモ]「G線上のアリア」が「”5G”線上のアリア」に!AI搭載アンドロイド指揮者「オルタ3」のダイナミックな指揮にオーケストラはついていけるのか!? 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2020年春の商用サービス開始を予定している第5世代移動通信システム「5G」の速さを象徴的に表現したスペシャル動画『爆奏オーケストラ』を、2020年3月2日(月)に公開しました。 本動画の舞台は、コンサートホール。オーケストラをまとめる指揮者には、人工知能(AI)を搭載したアンドロイド指揮者…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000013.000032030&g=prt
2020/03/02 17:35

OneConnectのスマートオフィス・ソリューションが新型コロナウイルス感染の中で金融機関を支援:福島民友新聞社 みんゆうNet


OneConnectのスマートオフィス・ソリューションが新型コロナウイルス感染の中で金融機関を支援 AsiaNet 83097 (0330) 【深セン(中国)2020年2月28日PR Newswire…
https://www.minyu-net.com/prwire/PR202003027540.php
2020/03/02 16:16

クラウドトランスコーダー「SETARIA CLOUD」、Apple社 の承認を受け ProRes コーデックでのエンコードに対応:時事ドットコム


[株式会社ねこじゃらし]放送・配信業界をターゲットにバージョンアップを実施クリエイティブ制作向けのクラウドサービスを提供する株式会社ねこじゃらし(本社:東京都中央区築地、代表取締役:川村 岬、以下ねこじゃらし)は、画像/映像処理技術およびAI(人工知能)技術のリーディング企業である株式会社モルフォ(以下モルフォ)と共同開発したトランスコードと高度な映像処理が可能なクラウドサービス「SETARIA CLOUD(セタリア クラウド、https://setaria.cloud/)」について、Apple…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000037.000020136&g=prt
2020/03/02 13:55

Yahoo!ショッピング/商品を体験購入できる次世代型店舗 | 流通ニュース


ソフトバンクの子会社SBエンジニアリングと、経路検索サービスのジョルダンは3月2日、「Yahoo!ショッピング」の取扱商品などを手に取って体感しながら購入できる、次世代型店舗「QRECS(Quick and Real EC Shopping、キュレックス)」を共同開発したと発表した。
https://www.ryutsuu.biz/it/m030221.html
2020/03/02 15:15

シナモン/AI活用で郵船ロジと物流業務改善で協業 | LNEWS


大企業向け人工知能(AI)ソリューションを提供するシナモンは3月2日、郵船ロジスティクスと、物流業務改善に向けたソリューション提供で、AIを活用した協業に関する基本合意書を締結したと発表した。
https://lnews.jp/2020/03/m0302304.html
2020/03/02 13:20

認知症診断にAI活用、10分程度の会話で機能障害や重症度を判定 | Ledge.ai


共和薬品工業株式会社と株式会社FRONTEOが業務提携に関わる基本合意書を締結した。これは、認知症診断支援システムに関するものだ。認知症診断支援システムはFRONTEO独自の自然言語解析AIを使い、患者と医師との間の5〜10分程度の会話から認知機能障害の有無や重症度を判定することを期待されているシステムである。
https://ledge.ai/dementia-ai-kyowayakuhin-fronteo/
2020/03/02 13:10

AI、視覚障害者の「目」に 文字や顔、音声化 マイクロソフト新アプリ – 毎日新聞


 人工知能(AI)を使って視覚障害者の日常生活を助けるスマートフォン用アプリが、利用者から「目が見えているのと似た感覚を持てる」と好評だ。このアプリは「Seeing AI」(シーイング・エーアイ)。マイクロソフトが開発し、無料で利用できる。
https://mainichi.jp/articles/20200302/dde/007/100/021000c
2020/03/02 12:07

《違法サービスはなぜ生まれたか ルポ・内定辞退予測》(中)外就、みん就、SPI 吸い取られるデータ | Jukushin.com


内定辞退予測の仕組みは、決してリクナビだけで完結するものではなかった。 2019年8月26日、リクルートキャリアによる記者会見。同社が外部サイトから就活生の閲覧履歴を取得していた可能性について問いただされ、役員の一人が回答した。 「外資就活ドットコムというサイトでございます」
https://www.jukushin.com/archives/40690
2020/03/02 11:03

共和薬品工業とFRONTEO、AIを活用した認知症診断支援システムに関する事業提携について基本合意:時事ドットコム


[株式会社FRONTEO]共和薬品工業株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:角田礼昭、以下共和薬品工業)と株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏、以下FRONTEO)は、認知症診断支援システムに関し、事業提携に関わる基本合意書を締結しました。認知症診断支援システムはFRONTEO独自の自然言語解析AI「Concept Encoder」を利用し、患者さんと医師との間の5~10分程度の会話から認知機能障害の有無や重症度を判定する事が期待されている画期的なシステムです。本…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000299.000006776&g=prt
2020/03/02 11:55

アリババと双璧なす巨大EC企業「京东商城」はじまりは電化製品専門店だった:AI家電開発にも着手 | 訪日ラボ


「京东(ジンドン)」は、アリババグループのECサイトに次ぐ、中国国内第2位の総合ECサイト「京东商城(JD.com)」を運営しています。2017年度の営業利益は3,643億元(約6兆2,591億円)、純利益は50億元(約860億円)を記録し、今後も他社との業務提携や人工知能(AI)技術開発でさらに規模が拡大されていくことが見込まれる、いま勢いのある企業です。本記事では「京东(ジンドン)」が運営するECサイトの特徴と日本企業はどのように関わっているのかを解説していきます。目次「京东」とは?「…
https://honichi.com/news/2020/03/02/aboutjindong/
2020/03/02 10:38

電子署名のドキュサイン、「Agreement Cloud」のAI機能を強化へ–Seal Software買収発表 – ZDNet Japan


DocuSignは、人工知能(AI)テクノロジーを活用した契約系リーガルテックに注力するSeal Softwareを買収する意向を明らかにした。
https://japan.zdnet.com/article/35150078/
2020/03/02 10:15

ASCII.jp:JAXA、火星衛星からサンプル回収へ/新型コロナ治療薬開発の最新事情


世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。
https://ascii.jp/elem/000/004/004/4004564/
2020/03/02 09:00

約半数が「5G端末をビジネスで利用したいと思っている」 IDCが利用意向調査:端末の価格や月額通信料金がネックに – @IT


IDC Japanは「2019年 5G企業ユーザー調査」の結果を発表した。5Gをビジネスで「利用意向あり」と回答した割合は53.0%。利用したい機器では「スマートフォン/携帯電話」が最も多かった。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/02/news033.html
2020/03/02 08:00

トム・ホランドがロバート・ダウニー・Jr.との『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ディープフェイク映像を称賛、リメイク企画の存在事実も示唆 | THE RIVER


絶対いけるって
https://theriver.jp/holland-bttf-conversation/
2020/03/02 07:15

なぜ「機械学習」の導入プロジェクトは失敗する? 成功事例の共通点 |ビジネス+IT


毎日のようにAI(人工知能)の話題が飛び交う現在、ビジネスを変革できるツールとして「機械学習」が多くの組織で利用されている。しかし、機械学習を導入するための実証済み方法が確立されていないことで、一部の企業は尻込みしているのが現状だ。最初の一歩を踏み出すために必要なこととは何だろうか。機械学習技術を最大限に生かせる方法を考えてみよう。
https://www.sbbit.jp/article/bitsp/37679
2020/03/02 07:18

MIT Tech Review: 桁違いのスピードで進む 中国のAI教育は 世界を変えるか?


世界一のAI大国を目指す中国では、教育分野でもAIの導入が急速に進んでいる。「世界を狙う」エドテック企業も出てきた。
https://www.technologyreview.jp/s/162487/china-has-started-a-grand-experiment-in-ai-education-it-could-reshape-how-the-world-learns/
2020/03/02 06:59

【事例集】解決できなければ意味がない?「機械学習」4つの導入障壁の乗り越え方 |ビジネス+IT


AI(人工知能)の活用で、自社の変革に取り組む企業が増えている。米ガートナーによれば、2022年にはAI由来のビジネス価値は3.9兆ドルに到達するという。その中でも特に「機械学習」のビジネスへの適用は進められており、先進企業ではこれを活用して顧客への新しい体験や価値を提供することも増えてきた。本記事では、機械学習の最新動向と自社に適用する際のノウハウについて紹介する。
https://www.sbbit.jp/article/bitsp/37680
2020/03/02 07:04

中国を上回る日本の“強み”とは? 特許「出願件数」では判断できない、企業のイノベーション力の話 | Business Insider Japan


最近、各国のもつ「特許力」に関して、結果がまったく異なる2種類のレポートが公表された。ひとつは、日本貿易振興機構(JETRO)の「世界の特許出願件数増加を中国が牽引」と題されたレポート(1月30日付)。世界知的所有権機関(WIPO)や日本
https://www.businessinsider.jp/post-208656
2020/03/02 05:15

多言語対応AI、行政サービスに 福生市、実証実験へ /東京 – 毎日新聞


 福生市は27日、30の言語に対応する人工知能(AI)を使い、外国人の住民に行政サービス案内をする実証実験を10月に開始すると発表した。市によると、都内の自治体で初の取り組みだという。
https://mainichi.jp/articles/20200302/ddl/k13/010/004000c
2020/03/02 02:01

双日、越のアグリテック新興企業に出資 – NNA ASIA・ベトナム・IT・通信


双日は2月27日、ベトナムで農業プラットフォームを展開するアグリテック(農業とITの融合)の新興企業「ライナン ・ホールディングス社」に出資したと発表した。双日が、ライナン社の第三者割当増資を引き受けた。…
https://www.nna.jp/news/show/2013888
2020/03/02 00:02

プログラミング言語人気ランキング2020、2位に「大躍進」したあの言語 – プログラミング言語人気ラ…:日経クロステック Active


 システム開発に利用するプログラミング言語に変化は生じているのだろうか。最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが進み、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器を活用したシステム開発も増えている。デジタル化に取り組む企業ではデータ分析システムも欠かせない。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00124/022700001/
2020/03/02 00:00

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。