タイ国内有数の外交官一家の出身で法学の学生であるホワイトは、これ…

タイ国内有数の外交官一家の出身で法学の学生であるホワイトは、これまで誰とも本気の恋をしてこなかった。できるとも思っていなかった。ホワイトの兄のブラックの敵を探るために潜入した破壊的なデモグループのリーダーであるショーンに心を惹かれるまでは。ショーンも恋人と別れて、ホワイトとの将来を考えていると確信している。男同士であることにはお互いにわだかまりはない。

この本は、異国へのラブレターと呼ばれている。現在カナダに住むホワイト氏は、バンコクで出会ったタイの人々、彼の言葉を借りれば「とてもカナダ人らしい」人々への愛情を語っている。

記事の続きはこちら

彼は自らを “カナディアン・タイ “と呼んでいる。タイの人々は、政治的、経済的な腐敗と、長い間耐えてきた社会的不公正から脱却する必要があるとホワイト氏は考えている。また、タイ人は子供を持つことを考える必要があるとも考えている。「彼らは子供を持つことをとても恐れています。多くの人が子供を持てないと思っています。子供を持つことに大きなスティグマ(汚名)を感じている。でも、その汚名を返上することができれば、人生を変えることができるのです。あなたの運命を変えることができるのです。扉を開くことができるのです。家族のあり方を変えることができるのです」とホワイトさんは言います。「この人たちが考えるべき時が来たのだと思います」。いずれはタイに戻り、数年後にはトロント大学で教鞭をとりたいという。”タイに貢献し、寄与するチャンスはたくさんある” ホワイトさんは、エドモントンの中流家庭で育った。高校卒業後、アルバータ大学で法律を学んだ。ホワイトさんは、「絶対に」反タイではないと言っているが、タイの文化は抑圧的であると言う。ホワイトさんは、タイ人は “私たちが尊重すべきと考えるもの、自分を尊重すること、他人を尊重することを尊重していない “という。ホワイトは、自分がタイで駐在員になるとは思ってもみなかったという。エドモントンを離れてからの数年間、彼はオーストラリア、マレーシア、日本、そして最後にタイに住みました。この旅は彼にとってとても成功したもので、カナダに戻ることを決意したのです。タイの人たちは、「とても喜んでくれている」と感じているという。彼らは私がここにいることをとても喜んでいます」。ホワイトさんは、家族と離れてバンコクの「ごく普通の」家に住んで過ごしているという。「娘と二人の息子もいる。「やりたいことをやらせてもらっている。「あとは自分自身とキャリアに集中するだけだ」。

Photo by Cars Down Under

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。