掲載中の作品

「さくら怪獣じゃないもん!

“言わせんな!”と思っています。私は人間ではなく、神であり、天使であり、ドラゴンである。私は神であり、天使である。サーヴァント・セイバー!”
“本当のことを言ってください、本当のことを言ってください。”
“それは不可能です。私は人間の感情を持っていない、あなたとは違うのよ!”
“あなたは私達とは違うの!?”
“サーヴァント・セイバー! 私には人間の感情はありません!」。
“だったら名前を教えろ!お前は人間じゃない!”
“名前は言えないわ! 自分で聞いてみてください。私が言えることはただ一つ、私は神であり、竜であるということだ。私は神格化されており、私はドラゴンである。私は神格化された存在であり、私はドラゴン格である」。
彼女は自分の力の本質を彼に説明しました。彼女の力は、超自然的な能力に基づくものではありませんでした。彼女の力は、世界に存在するどんな超自然的な力にも依存しない力でした。彼女の力は、彼女自身の意志の強さに基づいていました。
だからこそ、涼宮ハルヒのように魔法を使える人よりも、そのような力を使える人よりも、彼女の方が強かったのである

Photo by IAEA Imagebank

「さくら怪獣じゃないもん!」
「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」
「ビリビリ言うな! 私には御坂美琴ってちゃんとした名前があんのよ!」
「サーヴァント、セイバー。召喚に従い参上した。問おう、あなたが私のマスターか」

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

このアニメは古代メソポタミアの文化と現代の技術が混ざった未来世界...

母親が死んで家にいることになった少年が、自分が誰なのか、どこから来たのか、全く覚えていない状態で森の中で目を覚ます。その後、彼は生き物に襲われ、彼らを殺すことを強いられる。やがて彼は、自分が目に見えない超自然的な敵と戦う神であることを知る。気持ちの弱い少年は、森とそこに住む人々を守るために、森に...
1 0
2021年4月8日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

今日はドライブ日より

[#8230;] 電話で彼女は「運転手のことも居場所も何も知らない」と言った。もしそれを知っていたら、何か言っただろう。#8221; [#8230;] 17歳の少女の母親ナンシーは、娘が #8220;1、2杯飲んでいた #8220;と言っています。 #8220;警察は事件を調査している #8220;と 牧師のジョセフ・ブルジョワ博士は言った #8220;どのく...
0 1
2021年1月18日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

先生が殺害されたように見える部屋は、ドアも窓も内側から鍵がかかっ...

被害者は30代前半の女性教師で、三重県の学校の一室で遺体で発見されました。学校の入り口付近にあった部屋は荒らされていました。被害者は至近距離から首を刺されており、服が乱れた状態で発見されました。犯人は捕まらず、現在も捜査が続いている。 この事件は、2006年4月14日の地元紙「三重新聞」で初めて報道され、...
0 0
2021年3月20日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。