掲載中の作品

情報システム学科AI専攻の経験を活かして、全学部・全学科へAI関連の教育を実施

セキュリティの分野における国際的なベストプラクティスに沿って、インドの情報技術を導入する時が来ました。国立研究センターでは、情報技術関連の教育のリスク、学生への影響、および業界への影響を評価するシステムを開発しました。

このシステムは、情報システムの学位プログラムへの入学を申請する個人と、このテクノロジーを開発している会社のリスクを評価します。このシステムは、学生の過去の学習経験、専門資格、就職歴に基づいて、学生が各コースで学習する確率を予測するように設計されています。また、主題に触れることで習得する学問的および専門的スキルのリスクも含まれています。企業の場合、このシステムは、将来このテクノロジーを使用する個人の確率も予測します。学生にとって、システムはこれらのコースでの成功の確率を予測します。私たちは、このアプローチを使用して、フィールドで入手可能なすべての情報を評価し、各プログラムと会社の一連の予測基準を作成しました。

システムは、個人が情報技術関連のコースについて学ぶことを予測することができます。これは、このテクノロジーの潜在的な影響のために真剣に検討する必要がある重要な発見です。

このシステムは、学生の意見に関する2つの調査と、学位プログラムを実施する学生のリスクに関する学部および学部の意見の定量的調査によっても検証されています。調査結果は、システムがすべてのコースでの成功の確率と企業での成功の確率を予測できることを示しています。

システムは、学生のアプリケーションに関する実際のデータに対して検証されています。これらのデータの結果として、多くの興味深い観察が行われました。たとえば、学生がテクノロジーを使用している企業では、社内のセキュリティシステムを開発するスタッフの数が多くなっています。テクノロジーが会社レベルで適用される場合、会社全体としてはリスクを回避する傾向が強くなり、学生は学位プログラムを正常に完了する可能性が高くなります。このシステムは、学生の行動、学業成績、専門的および専門的スキルなど、他の多くのパラメーターに対しても検証されています。

このシステムは、学生の行動、学業成績、専門的および専門的スキルを含む多くのパラメーターに対しても検証されています。システムは、学生の行動、学業成績、専門的および専門的スキルを含む他の多くのパラメーターに対して検証されています。システムは、学生の行動、学業成績、専門的および専門的スキルを含む他の多くのパラメーターに対して検証されています

Photo by araajakata_2020

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。