掲載中の作品

鏡を見て、私は「私」について考える。

1冊目の『なぜ私は生きているのか』では、子供の頃の生活が、どのようにして私という人間を形成していったのかを書きました。私はもともと遊ぶのが好きな子供で、激しい競争心を持っていました。他の人と一緒に遊ぶのは好きではなく、勝つためには何でもするという子供でした。
2冊目の『Why I am Alive』では、子供の頃の生活がどのように自分を形成していったかを書きました。どうやって今の自分になったかではなく、どうやって子供の頃の自分になったかを書いたのです。
この本が私の役に立つ方法は何ですか?
私はこの本を息子のために書きました。彼は5歳です。一緒に読んでもらいたいと思いました。息子は私が作家であることを知っています。私が1時間ごとに本を出版していることは知らないかもしれませんが、私がたくさん書いていることはすでに知っています。彼は、私が誰なのか、どこから来たのか、今の私は誰なのか、そして私がしてきたことのすべてを知っている。
私は自分のためにこの本を書きました。日記やTo-Doリストのようなものです。他の誰かのために書くことはできないので、自分のために書きました。のために書きました。

Photo by Tessie’s Photos

鏡を見て、私は「私」について考える。
私とは誰か。私は何故生きているのか。私は何をするのか。私は何をしなければならないのか。私は何ができるのか。私は何故何故生きるのか。私とは誰か。私は何故生きているのか。私は何をするのか。私は何をしなければならないのか。私は何ができるのか。私は何故何故生きるのか。私とは誰か。私は何故生きているのか。私は何をするのか。私は何をしなければならないのか。私は何ができるのか。私は何故何故生きるのか。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

俺のペニス

これはおかしいと思わずにはいられません。 世の中は広いものではありません。 この世界から抜け出したいと思っているのであれば 自分の体は自分のものではなく 自分で決められるようになりたい。 ありのままの自分を受け入れてほしい。 どうすればいいのかわからない。 いつになったらいいのかわからない。 辿り着ける...
0 0
2021年3月2日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

日本が中東から輸入する原油と液化石油ガス(LPG)の月決め価格が大...

(2016年7月7日) 原子力発電と気候変動 (2016年7月13日) 世界が低炭素エネルギーをベースにしたエネルギーシステムに向かう限り、日本は原発の新規導入や発電量の増加はしない。日本は再生可能エネルギーの生産量を増やしてきたが、今後数十年は原子力の利用量の減少は避けられない。世界が低炭素エネルギーに基づくエネ...
0 0
2021年3月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

この頃、家にいることが多くなりました。

#8220;本当は仕事を探しているのですが、ここには仕事がないので、他の都市に引っ越すことはできないと感じています #8220;と話してくれました。 しかし、問題は、このような人たちの多くは若い人もいれば、年配の人もいて、無職の人も多いのですが、求人に応募できる場所はまだまだたくさんあるということです。そして...
0 0
2021年1月19日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。