掲載中の作品

「あの子、本を読んでるね。

[…] ————

[…] ————

[…] ————

[…] ————

[…] ————

[…] ————

…ごめんなさい。

[…] ————

そして、かわいいと言われる。

(嫌な顔をした二人は、まだ小学校の制服を着ていた)。

そんなくだらないことをしている暇はない。

宿題もあるし、学校もあるし、二人はまだ小学生の制服のままだし。

可愛いとは言いませんが、仕方ありませんよね。

そうやって見ていないといけないから、何があっても黙っていることにしている。

何をするのか、元気なのか、3人に怒られるのか、よくわからない。

心配していたので、優しくしてあげようと思っています。

もちろん、彼らが怒るなら僕も怒るけどね

Photo by tvereparhia

「あの子、本を読んでるね。」(ひそひそ)
「・・・文学少年(ボソッ)。」
「・・っぷ(笑)、やばい、気づかれるっ・・・」(ひそひそ)
「・・・人間失格(ボソッ)。」
「・・・ぶっ・・畳みかけるの・・やめて(涙)」

自分のことだろうか。
悪いが読んでる本は太宰治の人間失格なんかじゃない。
自習時間だからって騒がしすぎだろ。
束の間だけ解放されている教室は、休み時間と大きな変わりなく、他のクラスメイト達も喧騒を続けていた。

その中の何気ない会話の中には、他人を見下し、馬鹿にしている思いが滲んでいる。
きっと本人たちはそんなつもりじゃないだろうけど、そこには思春期特有の笑いの取り方が存在した。

そして、僕は本を読むことが好きだった。
本を読んでいるときは、何かとつながり、得体の知れない一体感を感じていた。
その世界は、自分の可能性を広げてくれる。
そんな気がしていた。

そしていつものように、記憶は少しの色彩を加えては消して、今日も自分を守ってきた。
きっとこの先もなんとかなると思っていた。
これが「あの子」から見える日常。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

科学誠実デザイン雨仮想牛ロス#IQ

4 / 5 レビュー投稿者:から このゲームは、シンプルなインターフェイスが素敵なゲームです。この価格では、良い価値があると思います。ゲームはそれほど面白いものではありませんが、インターフェースがそれを助けています。私の意見では、インターフェイスは本当にシンプルです。私は音楽があまり好きではなかったので...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

ネオンメディバル(中世+1980年代)ネオンが広く使われている設定で、...

の(ネオンサインジェネレータ、ネオンサインランプ、ネオンサインなど)は、従来の白熱電球に代わるものとして使用されています。これらの代替品は、ネオン技術と、太陽電池を利用した照明などの他の技術をミックスしたものが多い。 モダン [ 編集 ] モダニティとは、産業革命以降に登場した新しい技術やテクノロジー、...
0 0
2021年3月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

赤いりんご

アップルローは、乾燥したリンゴ、スパイス、レーズンを混ぜ合わせたもので、ピクニックや結婚式などでよく食べられている。ケーキのように乾燥させたものもあれば、新鮮な果物を使ったものもあります。 このレシピは、フランス人シェフ、レネ・レゼピの著書「Food for the Soul」からヒントを得たものです。 温めて食べ...
0 0
2021年3月29日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。