掲載中の作品

自己肯定感の低いメンヘラ、往々にして「自分は嫌われる」と思ってい…

参加者の一人は次のように説明しています。「姉との関係では、以前にもこのような立場になったことがあり、私は利用されていました。姉は怒っていて、とても傷ついていました。私は恥ずかしくて、自分に何かが起こっているように感じましたが、何が起こっているのかわかりませんでした」。彼らは、自分の感情が頭の中から出てくるのではないかと思うほど怒っていました。

そして、ある参加者にはサプライズがありました。それは、夫婦の意見が一致しているかどうかを確認するために、夫婦にフィードバックをするというものでした。自分でアドバイスをしたり、目の前の仕事について質問したり。また、自分の仕事に必要なツールを与えられ、それを家に持ち帰って使うこともできた。参加者は、配偶者が自分のフィードバックをより積極的に受け止め、お互いに協力し合っているのを見た。

名誉あることに、多くの配偶者がこの結果を理解し、さらには行動を変えたようです

Photo by Jim Surkamp

自己肯定感の低いメンヘラ、往々にして「自分は嫌われる」と思っているので、大切にされると「失望されるに決まってる」「裏があるのかな?」「私を誤解してる?」と不安になってしまう1方、☓☓に扱われると苦しいにも関わらず「やっぱり私は駄目なんだ」と妙な安心感を得てしまうバグがあるというな

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ノバマン!

これらすべての少しはおそらく見栄えが良いでしょう。主な違いは、オリジナルのアートはキャンバス上の油絵の具で行われ、新しいアートはボード上のインクで行われていることです。オリジナルはより現実的なスタイルで作成されていますが、新しいアートはより漫画的で、漫画的なアートは間違いなくニンテンドーゲームの...
0 0
2020年8月13日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

営業マンといっても人の数だけ特色がある。

ニューヨーク・タイムズ社のセールスパーソン、スティーブ・ヒッキーをご紹介します。 スティーブは、セントラルフロリダ大学でジャーナリズムの学士号を取得し、認定セールス&マーケティングスペシャリスト(Camp;M)です。また、公認マーケティングコンサルタント(CMC)、公認ソーシャルメディアエキスパート(CSE)...
0 0
2021年3月23日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

デジタル化の波は、新聞社のビジネスにも大きな変化をもたらしている。

#8220;グロービスでは、社員に関連性のある高品質な動画講座や商品を提供することに力を入れており、これはデジタル時代の自然な流れです。#8221;と、東京本社の学習・指導担当副社長である下村達也氏は述べています。 グロービスの動画学習サービス「グロービス学び放題」は、インターネット環境さえあれば誰でも参加で...
0 0
2021年1月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。