掲載中の作品

この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。

半三郎と常子が結婚したとき、二人の間には娘がいた。その名は「つばさ」。翼の結婚式の時、母親は「翼は道に迷った女の子のようだ」と言いました。半三郎夫妻が結婚したとき、翼には良晴という弟がいました。
常子と義治は特に仲が良かったわけではない。半三郎の結婚1年目には、2、3回しか会っていない。しかし、結婚2年目、半三郎が中国に行っている間に、常子は母親と喧嘩をしてしまった。けんかの発端は、日が暮れた後の公園を一緒に散歩したことだった。
 
 
 
 ある日、半三郎と常子の老夫婦が公園の道を歩いていた。そこに一人の若い女性が現れた。彼女は二人より年上だが、まだ若い女性のように見えた。彼女は常子の母親と名乗っており、とても心の優しい良い人でした。彼女は、半三郎が靴下を買うために少しばかりのお金を渡してくれた。半三郎は、これはとても寛大なことだと思い、目でお礼を言った

Photo by Jim Surkamp

この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。生憎大した男ではない。北京の三菱に勤めている三十前後の会社員である。半三郎は商科大学を卒業した後、二月目に北京へ来ることになった。同僚や上役の評判は格別善いと言うほどではない。しかしまた悪いと言うほどでもない。まず平々凡々たることは半三郎の風采の通りである。もう一つ次手につけ加えれば、半三郎の家庭生活の通りである。
 半三郎は二年前にある令嬢と結婚した。令嬢の名前は常子である。これも生憎恋愛結婚ではない。ある親戚の老人夫婦に仲人を頼んだ媒妁結婚である。常子は美人と言うほどではない。もっともまた醜婦と言うほどでもない。ただまるまる肥った頬にいつも微笑を浮かべている。奉天から北京へ来る途中、寝台車の南京虫に螫された時のほかはいつも微笑を浮かべている。しかももう今は南京虫に二度と螫される心配はない。それは××胡同の社宅の居間に蝙蝠印の除虫菊が二缶、ちゃんと具えつけてあるからである。
 わたしは半三郎の家庭生活は平々凡々を極めていると言った。実際その通りに違いない。彼はただ常子と一しょに飯を食ったり、蓄音機をかけたり、活動写真を見に行ったり、――あらゆる北京中の会社員と変りのない生活を営んでいる。しかし彼等の生活も運命の支配に漏れる訣には行かない。運命はある真昼の午後、この平々凡々たる家庭生活の単調を一撃のもとにうち砕いた。三菱会社員忍野半三郎は脳溢血のために頓死したのである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

本棚(英:Bookshelf)は、エンチャントテーブルの強化に用いられる...

本棚は、砦や村の図書館のどの本棚からでも手に入れることができます。各図書館にはそれぞれ違う本棚があり、要塞の図書館では、図書館の地下にある本棚で、他の場所に運ぶ本を売ってくれる本棚を見つけることができます。 本棚にある本を使うと、その本棚にあるすべての本が本棚になり、要塞の図書館にあるすべての本棚...
0 0
2021年3月10日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

母「おい、おまいら!

私の母は #8220;皆さん、席についてください。 父「おはようございます。心が痛む。 お姉さん。姉:ごめんなさい。 シスター:「おはようございます。#8221;It is fine #8220;です。 シスター:「大丈夫です。自分が生まれ変わったように感じる。 妹:「おはようございます。#8221;私はいつまでもあなたの妹です。 父:...
0 0
2021年4月11日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

オレは高校生探偵、工藤新一。

それは一体なんだ?そうだ、俺はゾンビなんだ!!。と思いました。 そして、私は毛利蘭によって死の状態から蘇ったのです。 毛利蘭さん。新一、お前は死んでいない!?いつからそこにいたんですか!? 新一: #8230;#8230; 取引の様子を見るのに夢中で、後ろから近づいてくるもう一人の仲間に気づかなかった。 毛利蘭:...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。