掲載中の作品

本作品「オルタナティブ・石油」は、史実とは異なる1960年代(西暦19…

この作品の世界観は、テクノロジーの世界に焦点を当てています。その世界観は3つに分かれている。(1)「テクノクラシー」、(2)「テクノクラシー後のテクノクラシー」、(3)「旧テクノクラシー」である。テクノクラシー」は過去に残されたもの、「テクノクラシー後のテクノクラシー」はテクノクラシーの後に残されたもの、「旧テクノクラシー」はテクノクラシーの途中に残されたものである。
テクノクラシーの後に発展した社会がテクノクラシー、です。テクノクラシーは、テクノロジーの世界に適用されるテクノクラシーである。テクノクラシーは、テクノクラティック共和国、テクノクラティック連邦、テクノクラティック帝国の3つのカテゴリーに分けられる。
テクノクラティック共和国(Technocracy republic)は、自律的なテクノクラティック社会である。テクノクラティック共和国は、技術を基盤とした技術志向の社会である。テクノクラティック共和国は、タウリダのテクノクラティック共和国(Technocracy republic of Taurida)、テクノクラティック帝国(Technocracy Empire)の3つに分けられる。

Photo by UN Women Gallery

本作品「オルタナティブ・石油」は、史実とは異なる1960年代(西暦1965年の市原など)を舞台にしたSFです。本作品はタイトルや1960年代の雰囲気などを生かした世界観やすとーりーになっています。
本作品の世界観について。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

このアニメ映画は第二次産業革命時代を思わせる文化と人工知能などの...

二都物語』(1925年、ルイス・ブニュエル監督、ヴィクター・フレミング監督 ブニュエルの作品の中でも最も有名で愛されている作品でしょう。フランスのゲットーに住む黒人青年と、20世紀初頭のパリに住むフランス人青年の2つの物語が描かれています。 ボヴァリー夫人」(1925年、ジャン・ルノワール監督 ジャン・ルノワ...
0 0
2021年3月27日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

やり抜くためには目標が必要である。

全体像が見えれば、自分を改善し始めることができます。 自分の中でその改善を確認するまで、止めることはできません。 それが最初の一歩です。 それは最後のステップです。 改善が見られるまで、あなたは変わることができません。 改善が見られるまで、あなたは改善することができません。 改善が見られるまでは、自分...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

それはある雪の降る日の夜のこと。

#8220;初めての外での生活です。外で寝るのは初めてだよ。#8221; #8220;#8230;冗談でしょう?#8221; 彼女はホテルの外で他の人を見たことがなかった。自分の声を聞いてくれる人がいるとは思えなかった。彼女は、自分が変なのか、気持ち悪いのかと考えた。 #8220;それは#8230;#8221; 風花が話し始めた。 #8220;雪が降って...
0 0
2021年3月14日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。