掲載中の作品

「….…控えて下さい、長官。

あなたが私を愛していると言うなら、私はあなたを愛しています。もしあなたが私を嫌いだと言うなら、私はあなたを嫌います。もしあなたがお互いに何の感情もないと言うなら、私はそれを聞いていません。
私のことを聞いているのなら、私はかわいいものが大好きな女の子で、強い男性が大好きな若い男性で、男性が大好きなシャイな女の子です。私はかわいいものと男性が大好きな女の子です。アルバートが好きです…。
私のことをお聞きになるなら、私はかわいいものと男性が大好きな女の子です。アルバートが大好きで…。
ただ、私が恋しているのは、本当に臆病で控えめな男性なんです。
彼はとてもシャイかもしれないけど、誰かに言われなくてもいつもベストを尽くす人なの。私はかわいいものと男性が大好きな女の子です。
Albertは、私に触られることに全く耐えられない人です。
家の中の雰囲気はとても静かです。
相変わらずの雰囲気で、誰もここには来ていない。
もうかなり遅いから…お昼寝した方がいいかな…。
ちょっと遅かったですね。だから、ちょうど寝るところだった。
動けないほど疲れている

Photo by Roel Wijnants

「….…控えて下さい、長官。二人きりでもない場所で、誰かが見ていたらどうするんです?」
私の予想外の行動に対して、アルバートは気怠そうな、困ったような顔をして、目を合わせようとしない。
「パーティーが終わってからもうほとんどの者は帰ったし、誰も見ていないさ」
「本当に?先程下の庭でも物音がしたのですが…」
「さあ…猫でも紛れ込んのではないのかね?……ところで君、キスをした時から随分と顔が赤いが…照れている君も美しいな、もっと顔が見たい、こちらも向いて頂いても?」
アルバートと恋仲になってしばらく経つが、いつもアルバートは恋にはどこか純情な素振りを見せる。
「揶揄わないで下さい…そ、そのようなことを言って話を逸らすだなんて…」
私の発言にわずかに動揺したのか、少しだけ早口で言葉を返した。目線はふらふらとしていて、こちらとは合わないままだ。
「ああ、そうだった、私がここで君に口付けたことについては深く謝罪しよう。それで話を戻すと、君は先程、二人きりでもない場所で、といったね?」
「?…ええ」
「その言い方だと二人きりの時にはキスをしても構わないという風に思えるな。今後そのようなことをするのは二人きりの時にしよう、そう、二人きりの時に」
そういって私はアルバートの唇を意味ありげに撫でた。アルバートとやっとこちらを向いた。
「…貴方はなんでも、貴方の良いように物事を考える所がありますね」
私は気にせずアルバートの髪を撫でる。
「それはすまないね。しばらく恋人に会えていなかったから、私も浮かれていたようだ。近いうちにこちらから誘わせてくれ。今日はこのあたりで失礼しよう。おやすみ、アルバート。いい夜を。」
「…ええ。近頃忙しかったようにお見受けします。どうか休まれてくださいね。」
アルバートと別れて馬車に乗ってから、私はアルバートとの姿を思い出し、会話を反芻する。
ブルネットの柔らかい髪。こちらを向いていたエメラルドの瞳。
アルバートを美しいと言った私を、アルバートは揶揄うなと言った。
…アルバートにはからかったと解釈されたが、私はそれなりに本気のつもりだったんだがな….。
そういえばアルバートを見ていたあの男。随分と熱心にアルバートを見つめていたが、詳細な事実を知らずとも、誰かが既に目を付けていると分かったなら自然と諦めもつくだろう。
…それにしても、自分でもあんな風な見せつけるような行動を取るとは思わなかった。これは大人の狡さなのか、子供じみた独占欲なのか。
あのようなことをするなど、私は自分で思っているよりもずっとアルバートに惹かれているのかもしれないな…。
☆悪い男に引っかかってしまった
あの男壮大な計画を知って尚、どこか得体の知れぬ所があるのだ。まともな男だという自覚がない。
ロンドンの街は夜だといえども明るく、馬車からはガス灯の光が輝いているのが見える。それらは私のさしたる興味も呼び起こさない。
今の私の顔を見た者がいたら、つまらないと書かれていると言うだろう。私は目を伏せる。
何故ならアルバートの瞳の美しさより美しい光景を、私は知らなかったから。
何故ならどれもアルバートの瞳の美しさより、何か足りないものがあったからだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

原子時計がもし鉄器時代前期にあったら、鉄器時代前半はどうなってい...

鉄器時代は紀元前1200年頃から始まります。ギリシャ人が地球とその住民について学んだ最初のことは、彼らが静止しているのではなく、季節と一緒に動き回っていたということでした。そこで彼らは、地球が太陽の周りを回っているという神話を発展させました。太陽が地球の周りを回っていたので、太陽が動き、その動きのた...
0 0
2021年2月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

科学誠実デザイン雨仮想牛ロス#IQ

#1 6/13/17 #8220;デザイナーにとってより有用なリソースを提供するために、私たちはコミュニティのための用語と定義の用語集を作成しました。#8221; #8220;私たちのコミュニティのための用語集は、現在進行中のものです。あなたが貢献してくれれば、あなたが探している用語や定義を埋めていくことができます。用語集を...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

唐澤貴洋がコーラン燃やしつつムハンマド馬鹿にした唐澤貴洋がコーラ...

唐澤貴洋さんが殺害されているのが発見されました。 東京都港区東通4丁目26番地 東京都港区東通、R-30 事件の確認をしているときに、R-30を見かけた。 R-30の運転手は、手にナイフを持った男。 隠れる場所はないかと聞かれました。 私は隠れるのは苦手だと言った。 彼は私の肩を刺した。それが唐沢さんに使ったナイフと...
1 0
2021年3月26日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。