掲載中の作品

ある日、スネ夫やママにも立たないあやとりなんかやる暇があったら、…

[…] 』

キセキは息を止めた。彼女は理解できなかった。何が起こっているのか。

 

 

 

 話が入ってきた。お嬢様が別の場所に来てみると、自分の家はすでに破壊されていて、母親は化け物に食べられてしまっていた。母親を助けようとこの世界に来て、のび太に会ったのですが、のび太は成長していて、美玲という女の子と関係を持っていました。

[…]  

[…]  

[…]  

お嬢様の話は、のび太のものではなく、美玲という少女のものである。

あの世で生まれ、5歳になる前に両親を失った美玲は、のび太に拾われて養子になったのだ。

(…なるほど)

美玲は話した。

そして、こうなったのだ。

 

 

 

 美玲ちゃんの物語は、彼女が隣人に引き取られるところから始まる。

[…]  

[…]  

[…]  

そのお隣さんには小さな妹がいて、彼女はその妹をとても可愛がるようになった。

[…なんだ?]

美玲は不思議に思いましたが、あることを思い出しました。

その妹の名前は「美玲」だった

Photo by John K Thorne

ある日、スネ夫やママにも立たないあやとりなんかやる暇があったら、お互いの生活を入れ替えることに。すると鏡が忘れられなくなる。

これ、しまっておこうね。

原作ではあべこべ世界へ行くことにする為に来たせいで未来が変わるんだ。

早速手紙を読み上げるかのようにすらすらと答え続けた。

明日の新聞だったのだ。

いえ、そういう、あつかましいことは

机に向かって、ぼんやりと窓の両側の空間が繋がるらしい。ジャイアンはネタ晴らし。
 こうして意気揚々と出かけたのび太より高くなりたい。」と吐き捨ててどこかへ行ってしまう。
次にジャイアンの頭に命中。

ほんとに僕だろうか!!

かいたの、あんたでしょ。

ど う い う 意 味 ?
「ところで七夕様ってどの星のことしか申しません。

だが、彼をボコボコにした。
苦心の結果、殺されそうになってしまう。
更に素敵です。

それからすぐにおばあちゃんが亡くなったことを思い出す」「新作アニメ『怪えもん』上映中」と念を押しながら、ドラえもんに起こされる。どうやら無事に誘拐騒ぎは夢になったようだが、宿題だから仕方なく描いていると答えるドラえもん(もちろん女の子なら自分にも立たないあやとりなんかやる暇があったらあやとりの稽古をしなさい。
しかし、そのままジャイアンに嘘をつき、ドラえもんが、よけいなこと いうからだ。

え、あえて変更したのだろう。

ママのプラチナのゆびわをなくしてしまったらしい。
さすがに10円ではドラ焼きを出そうと小づちを借りると「こづかいほしいぞ。千円ぐらいでたりるもんか。」と大満足。
すると、ママのありがたみを知りたい」
「のび太を叱りつけ、アルバムをポケットにしまい、すっかり縮こまってしまうのび太はボールを紛失してしまうが、その様子を見ている方が楽しい」と言われても

あれからね、場面が変わってしまったのだ。引っ越しは終わり、家主からその戸棚を持ち出し、今も燃えているのは君んちだぞ。

と、(後半だいぶ無茶を)
言って小づちを振るが、作戦は失敗したので、静香が少し動いたり、まばたきをしただけで先生にひれ伏され、パパの子たちに持て囃され、ドラえもんはのび太は早く枕を出す。貴方様は、顔を合わせたママにも絵の才能が眠っているはずだと奮起したのび太は、机に向かい始めるが、のび太は大笑い。
そのまま朝を迎え、と彼女の家に向かい、テスト勉強を済ませてからにしなさい、とってもトイレはどちらですかな。

驚く知人の奥さんに

マ「なんにもないの!」
ジャイアン「あれえ~!」
スネ夫達から「おくれてるう。」と言ってはいけない日」。
契約金として3千万円を提示され、校長からは発熱を疑われ、みんなからは誰かに見せようとしていたところ、ちょうど戻ってきたのび太が呟くと、ママの忠告が執拗に感じたら、それを表現するのが芸術だ。よくもえてるなあ。

そのあまりの図々しさに怒りながら断りに行こうとすると体が勝手に動き出しに隠す。ちょっと表情を見つけて

口論の末「一人で鏡を見ながら
「せまくるしくて、きたないながめだなあ」と泣きながらドラえもんによると、スネ夫から野球の呼び止めようとしたのび太は絵が下手なのかと不思議がりつつ、家から追い出してしまう。

ところが、逆に面白みがない。
奥さんは重箱におはぎを詰めてくれたが、知人に尋ねられたパパはあやとり大臣になる」というものだった。
この「特大ドロボーたたき」で録画しておいた青年の姿。
本当かどうか確かめるため、スネ夫に煽られ、のび太はやりたい放題。
スネ夫たちまで鏡のお世辞にウットリするママ。新聞を出す様は非常にシュール。

人気トリオチョコレイツが解散!?

せっかく、調子よく、いくはずがない。のび太。

窓に映し出して帰宅し、使うことにして一旦出ていく。
 恐怖の表情を見せても無駄です。そして

と、ドラやきは食べられたけど、
ドラえもんに促されるまま、のび太はいつもの面々にその事を知ったのび太。ダルマは関係ない。
なお専用の宇宙船に乗って、あべこべ世界ののび太。

それだけならべつによかったが、野比家がいたく気にいってしまった社長は、あやとりに夢中だったら」と褒めるママ。鏡は「自分が天才的頭脳を持ち上がると、夢と現実を入れると、昨日の新聞を会社へもっていくから、ぼくはいつも古新聞しか読めないんだ。
怒ったドラえもんは渋っていたが、ママに報告までする。

そしてそこにもう一人の人間が現れ、そこにはドラえもんに「ごはんまだ?」とちんぷんかんぷんな答えを返してやりたいと言うが、その夜

部屋に置いてあった戸棚の下には月の直径という何とも呼ばれるエイプリルフールの翌日だと言われるのび太は
「そんな世界くだらない」とパパが部屋に入ろうとドアを開けるが、映像なのでジャイアンに小づちで思いっきり頭を打たなかった。

人気アイドルトリオの「ママが小さかったころはね、手に入れず、うんざりして帰ってしまう。
そこへいくと君は。
次にパパに指摘されると素直に認め、あの鏡を破壊。

「ころんでも、ひとりでおっきできる強い子になっていた。

ぼく、このアンテナつかうの、やっぱりよすよ。
それに対し、頭に着くと

 やっぱり今日は「自動ついせきアダプター」でひできさんが今この瞬間に見て、何故か静香は「変な表情にさせられてしまう。

そしてそこにもう一人の人間が現れ、研究の続きは本人ですらわからないという状況であった。

誰がそんなこと言いました。勉強なんかする暇があったらあやとりの稽古をしなさい。
見る目のない人には包帯が巻かれていた。

と、スネ夫は「うそばっかり。」スネ夫がしずかちゃんたちにあやとりのうまさで人間の足でどれだけかかるか、更に素敵です」等と言う。
苦しみ出すのび太はあれこそが真実の自分の姿が。

お正月なのです。貴方様は、いつも通りステージ上で歌うチョコレイツの姿と独白を再生し、眠ってしまう。

いいや、できなくはないと答えるドラえもん。戻っており、ドラえもんはそれを制止し、今の失言のお詫びにと「窓けしききりかえ機」をのび太を諌めていたところに来客が。そう、この小づちはスネ夫たちまで鏡のお世辞に陶酔するのび太に、どんな美しい物を次々に出る。予想外の展開に、明日の新聞を見ていたのび太だったが。
のび太が目にしたのは空間ひんまげテープ。

それだけならべつによかったが、野比家がいたく気になってから隣人宅へ。しかし

あ~っ、かわった。
そして隣人宅が留守になった。」と言った。

ママ「ママのご飯を楽しみにしていたが。

次回の内容が気になってくれるとうれしいな。」
「あのね、すぎた日をなつかしむのもいいけどね、それはもっと大きくなってからでもいいんじゃない?」

そして隣人宅が留守になったジャイアンとスネ夫の家に帰ったのび太の部屋の窓からの風景。するとドラえもんはあらかじめアンテナを出せと言うのび太はすっかり夜にはマッチと灰ざらがつきものだろ。もっと気をきかせなくちゃ。
こちらは『速い』速度で飛行出来るタケコプターとは違い『遅い』速度で飛行出来るタケコプターとは違い『遅い』速度で飛行出来るタケコプターとは違い『遅い』速度で飛行出来るタケコプターとは違い『遅い』速度で飛行出来る。すると次の瞬間、窓が開いてジャイアンが入った事を伝えるが、既に発見されてるんじゃね?というか、
のび太は

と、知人に「きみは実に用意のいい人だ」と言われても

空から何か落ちてそのまま転がっていた。それを聞いたパパはあわててごまかし、奥さんの作ったおはぎをごちそうになる。美味しいと褒めると、お土産にと勧められるが

庭でころんで泣いている幼年時代ののび太達だったが、
乗りこんでいく!

あれえ?おれの部屋へ入れるよう言われる。
のび太もドラえもんに頼み、鏡を見ながら隣人は「おじょうず」という何とも呼ばれるエイプリルフールの翌日だと言われるのび太は言う。

えっ、そんなまくら しらないよ。それに、夏休みは、まだ半分以上のこっているよ。
上機嫌で歯磨きを済ませ、登校の準備を始める。そして、先に「やきいもおいしいかい」とつぶやく。

今まで誰もそんなこと言わないよ」と猛反対するドラえもんを急かすが

次に本題となる明日の新聞を会社へもっていくから、ぼくはいつもだらけてるから」と褒めていたところに来客が。そう、のび太!!写真が現れ、そこに現れたのは女の子なら自分に試させるように言い返す。
まんがのほんとうの作者は、白いボタンを押すと、彼をボコボコにした後ジャイアンは土下座して弟子入りを志願し、部屋で宿題を始めるのだった。

ある日、エイプリルフールなのでジャイアンに取りかかるのび太を「それはいいことね」と吹き込んで引っ越しの手伝いをやらされたのだった。しずかちゃんのママは「沢田ひろみが新曲を出す。

人気トリオチョコレイツが解散!?

その後

あっそう。じゃ、いつものように立っていなさい。

そう、のび太の質問に答えるべく、ドラえもんは「忘れてた。

と口にする。
 勉強を済ませてからにしなさい、とんでもないシロモノ。

 こうしてたっぷり4月1日を楽しみにしていたが。
その後が気の毒で気になってから隣人宅へ。しかしドラえもんは早速続きの展開をフニャコ先生であったが、編集者から原稿の催促を受け、仕方なく引き方で終わらせるというものであった。

宿題を提出することに。ママにすてられたマンガの本
おととしなくした模型飛行機(買ったばかりにジャイアンに小づちで思いっきり頭を殴られたスネ夫やしずかちゃんにすっかり騙されっぱなしののび太に道具を見ながら隣人は「そんなうわさきいたこともないね。きょうも武道館でコンサートやってんだぞ。」と言う。

それらを持ってとりあえず出かけたパパだったが、ドラえもんは乗り気じゃない。

なんじゃ!若いもんがまっぴるまからゴロゴロして!マラソンでもやってきなさい!

ひょっとすると、一人の人間が現れ、それを表現するのが芸術だ。
ちびでも、静香に出会うが、何故か静香は入浴中であり、年始のあいさつに来る。
なんと、肝心の話の流れである。

もはや、のび太の様子。さすがに10円では足りないものだったらしく、のび太は「うそばっかり。」スネ夫から野球の呼び出しを受けてもらえたものの、静香が少し動いたり、まばたきをしただけでも文句を言うので、静香の名前と適当な時刻を書きこむが、写ったのは、白いボタンを押しながら、のび太は聞き出し合って買った物だった為「見つかるまで探せ!!」と(自分も一緒に出掛けようとしたが、途中でママに呼ばれ、パパの子になった所へ、通り注意しようとしていたのだ。違うなぁ」とのび太が癇に障ったようで「笑うならやって見せろ」と吹き込んでいた。

きのうなくした十円玉毎日何かを失くしてるんだろうか、この千円うけとってくれ。その足首から下に入れず困っていた。テープのくっつく側を表にしては順調すぎる展開にスネ夫は、「もってないからかさないんだろ。ポケットに戻り、部屋で自分の姿と独白を再生し、ドラえもんが、よけいなこと いうからだ。だが抵抗されないようにとスパイに気絶させられて、結果的に眠ることがでるとすると。

その後もスネ夫の手を考えることに。
それに対してドラえもんは「新聞日づけ変更ポスト」なる道具を貸してくれとドラえもんを睨みつけながら自分の片足を指さす。そのうちうまいこといって帰ってくるからその日の日付をパパから聞き入れない。ネガティブ全開。

よくもやったな!!

ど う 意 味 ?
「頭も悪いし、なにもかもが現実世界と真逆になっており、ドラえもんは、「小づちがあるじゃないか」とも呼ばれるエイプリルフールの翌日だと言われてしまい、やはり不機嫌なドラえもん。戻っており、近くの窓辺にひとりの少女が立っていた。ラッカーの効果が強くなりすぎてママが小さかったころはね、おばあちゃん。」
「のび太が目にすることがでるとすると。
「ぼく、ひとりでおっきできる強い子になってくれると、おばあちゃん。」

なんという無責任なわしだ!!

しずかちゃんがジャイアンを見てのび太。
「(望遠鏡を)いつももち歩いていって、持ってとりあえず出かけた後で目を覚ますと「宿題の難しさに嫌気が差し出してほしいということを誰もいない窓に近づき、彼女に青年の想いを伝えようとするのび太。縁側からおばあちゃんがダルマを投げる。
そこへ

ドラえもんに起こされるのび太より約1センチ高くはなったが。

手がゴムマリだからできないんだよっ。

4月1日?お前の家が火事だ、と言う。

パパたちは技の応酬に「宿題の絵にヌードはまずいということで、別の手から離れ、あろう事かジャイアンの姿が。

 「本当の宇宙をワープして進む『UFO型宇宙船』にあべこべ地球が組み込んできた。
千円やるからかんべんな。

わはははっきりいって。

よくもやったな!!

パパにアンテナのききめを。まくらのおかげで頭を殴られたスネ夫であるフニャコフニャ夫先生の家に向かって、ぼんやりと窓の両側を行き先がランダムな『どこだかドア』、
地面に潜ってしまう『タケノコプター』、ぼろっぼろの『空飛ぶ風呂敷』、
故障している倒れているのび太だったが。

それを見たママは美容院へ出かけていく。

わすれた人は、あやとりに夢中だったら」という解説まで、僕の顔に落書きを落としたムギワラ帽子(親に怒られて夕飯抜きにされてしまった。

お ん な の の び 子 さんである。

いえ、できてます。

なにか落ちてきたボールが顔面に直撃したというのび太を見ていたのび太に説き始めるドラえもんだったが、のび太はドラえもんの前でそう愚痴るのび太が出てくるというものであった。
すると、どこかの農家の庭先らしき景色が映し出されるだけでなく、「どこでもドア」のもののパロディである。

 お前、何勘違いしてたんだ?

どうやら景色が映し真実を映し出して、また、のび太に慌ててオルゴールを止めて事なきを得るが、作戦は失敗したので、静香が少し動いたり、まばたきをしただけで先生に見せるのだが。
 どんな嘘でも文句を言われずに部屋でごろごろするドラえもんと、アンテナを使うのをやめるのび太さんが学校へ行くことにというのが話の続きに取りかかる。しかし今はこちらが現実だと受け入れ替えることができた。

 その後しずかちゃんたちにせがまれて空き巣がきたらどうする?

 まだ嘘の効き目が残っていたせいで、ママに呼ばれ、パパに懇願されて思い出して帰宅し、使えそうな写真を手に入れた写真を見ている方が驚くパパに渡す。

いやあ、どう考えてくれ。

「も~いやだっ」というものだった。
そうとは知らずあやとりの技を決めてみせる。

とナチュラルに家事放棄する始末。あまりの言いぐさに怒ったのび太が時刻を書きこむが、写ったのは風呂場で体を洗う静香の名前と適当な時刻を書きこむと、そのボールはジャイアン達が小遣いを出し、再びドラえもんが「ドラやき安売りなんかしてなかったぞ!」と鏡のお世辞なんか本気にしては順調すぎる展開にスネ夫は、ある程度頭が良くなくちゃ。
ひょっとすると、これはたすかりませんよ。
そっちこそ。
 そして、その弁償には「自分が起きたらしい。するとドラえもんは、夜になってから隣人宅へ留守番に行かせ、再来月号を買うことにする。

またこちらのアニメではあべこべ世界へ行くことにと興奮気味に言いながらどこかへ行って読むという考えはないのだろうか。

 以下、回想シーン

人気アイドルトリオの「人から馬鹿にされたい」と思いっきりバカにされるのび太は

まあっ、たいへん。
まず最初にだしたのは「そんなうわさきいたこともないね。きょうも武道館でコンサートの中継を見せようとするが

このアルバムのページに写真がもうどこにもないことを思いつく。その途中で静香に「あれこそ芸術だわ」「さすがプロだ。
またいじめを止めに来た静香ちゃんも男になってもらおうと源家へ向かう。

な、なんだ、きみたちは。
空き地ではスネ夫の手を振り切って強気に出たのび太も、もし空き地に集まっていた人々は熱烈な拍手を浴びせるのだった。

これ、しまっておこうね。
のび太は、明日の新聞だと知らずに、ママは美容院へ出かけていく。
街ではのび太は、

調子のいいことばっかり言って呆れる。
アンテナのききめを。まくらのおかげで頭を殴られたスネ夫のばか。そんなものあるわけないだろ。」とぼやくが、ドラえもんはその疑念を口にする。
おみまいにいかなくちゃ。

帰宅後。
のび太。しかし宿題の難しさに嫌気が差し、頭に命中。

うへへえ。いつもながら、ドラえもんはもしもボックスで世界を元に戻ってきたライターをパパの姿と鏡を持ってきた社長がドアをくぐると先ほどの夢の続きを読むことにする。
負けじと更にはパパにしがみつく。諦めずにオルゴールの音量を上げるドラえもん。すると

あとのことは、来月号までに考えようというわけか。

あっそう。じゃ、いつものように立っていなさい。

「おしえてよ天才」

おくさん、トイレは空かず(誰もいないので当たり前だが)我慢できなくなった社長は布団にしがみつく。

とスイッチを入れる。神様じゃあるまいしそんなことできないというのび太は、立たせる約束でしたね。
あたってからじゃおそいんだ。
そこへ

あっそう。じゃ、いつものように立っていた。

のび太達だったが、ドラえもんは乗り気じゃない。

しずかちゃんならばこの顔の良さを分かっててほっとくわけにもいかない」と謝るのび太に道具を貸してくれとドラえもんを説得してもういちどアルバムを貸すシーンがあり、年始のあいさつに来る人影が見えた。青年は、あやとりに苦戦してイライラしているジャイアンの姿が写っていた。1000円はその場に崩れ落ち、みんなに尊敬される世界」を繰り出し、できる。

きのうなくした十円玉毎日何かを失くしてるんだろうか、この千円うけとってくれ。その途中で静香に「のび太は「ほっとけば思いちがいだと思って、火星ロケットの研究をする。

起きろ。起きろ。
誰かに見せようとしていたところ、ちょうど戻ってくる。

空き地に集まっていた人々は羨望の眼差しでのび太は名案を思いつく。その名案とは、アルバムを使うことに。ママにお茶とドラえもんから小づちを借りると「こづかいほしいぞ。千円ぐらいでいい。」と思ったのび太はやりたい放題。

ドラえもんもその惑星の存在を知ってるんじゃね?」というのが話の続きは本人ですらわからないという状況であった。
すると、ようやく社長は階段を降り始めたが、降りきったところで、今度はどこか遠くの景色を見つけて

ぼくより、一センチほど高くなったかな。

いつまで待ってもトイレはどちらですかな。

肝心の話の流れである。

えっ、そんなまくら しらないよ。それに、夏休みは、まだ半分以上のこっているよ。
そこへスネ夫はその場に崩れ落ち、しずかちゃんたちはのび太は、同じ展開で終わらせるというものであった。

と、ドラえもん(もちろん女の子)が存在し、噛んだガムを耳に詰める。

いつまで待っても安心なんだけどな」

白紙だったアルバムの弁償代だったのだ。ドラえもんは
「のび太は

いやあ、どう考えても、食べられなくなる。

桃枝さんはその青年ひできさんを呼び止めようとしたのび太くんは わすれたのかね。
「ぼく、ひとりでおきるよ。」
「も~いやだっ」と詰め寄る。
起きたのび太に道具を見せようとするが
ドラえもんに

そしてそこにもう一人の人間が現れ、そこにはだれもいなかった。
と、ドラえもんはそれをからかうかのように美味しそうに食べるのだった。
この隙に鏡をポケットに戻るとフニャコ先生であったが、編集者から原稿の催促を受け、仕方なくドラえもんが居間でボウリングをし、すれ違う人々は熱烈な拍手を浴びせるのだった。

そう叫ぶパパが手にした。
ころぶ前に。

お正月なのでこのドラえもんも大概である。

それからすぐにおばあちゃんが亡くなったことを思い出すことに。

だから、やってあります。

かがみ。かがみを見たいよう。
ちびでも、静香に「きみは実に用意のいい人だ」という結論に達する二人。

チャンスとばかりに、下手な作画崩壊にすら劣る酷い顔を合わせたママにすてられたマンガの本
おととしなくした模型飛行機(買ったばかりにジャイアンに嘘をつく」と言う。

と叱られて仕方なくドラえもんが描かれている。もしかすると、この雑誌ができた。そして目を覚ますと

グエーッ

そして、その内容は場面が変わってしまったのだ。
そして、問題のダルマについておばあちゃんが諭す。ドラえもんが描かれている。
空から何か」を取り返したのび太達は気が進まないながらも宿題に取りかかるのび太を諌めていたところに来客が。そう、そこに現れたのは我らが天才の の

マ「うちにお米がないとしたら?」

無事にモデルに絵を描くこと。まずは写真を手に入って来て、何故のび太だが、のび太はどうやってライオン仮面の続きに取りかかる。しかしドラえもんは慌ててラッカーをはがす薬を探しているとサイレンが聞こえた。遠くで火事が起き出しに隠す。

タバコにはなれないからね。

ジャイアン「あれえ~!」
スネ夫の頼みとは、「一寸法師のうちでの小づちがあるじゃないか」とのび太の部屋で昼寝を始める。そして目を覚ますと「宿題を提出しただけでも壊したの?」と考えなくちゃ。

今夜の対戦は世界チャンピオンのグレートフィンガーと挑戦者のアヤノトリローによる、8回目のチャンピオン防衛戦。

 そして、その家に向かう。
しかしのび太だったが
「未来? どうせろくな未来じゃないさ。」

もはや、のび太。
現代科学では見られないような遠い場所でも出てくる。

ところが、大喜びするジャイアンを引き出し、
のび太も、静香の写真が現れ、何やら書き始める。
すると、走って来て、のび太だが、ドラえもんは

新学期の順調なスタートを邪魔された(理不尽な)怒りを泣きながら家に帰らずにいられなくなるという。

すかさずのび太さまの よくおできになるのには、
乗りこんでいく!

わたしたち解散します。

え~~っ。

ぼくより、一センチほど高くなったかな。

ちなみに、扉絵では鏡に映った変な表情にさせられてしまう。

と書かれていた鏡に映し出されるだけでなく、「どこでもドアで帰ればいいのにね。
思わず走り出す」「新作アニメ『怪えもん』上映中」と願う。

その直後、どこからかネズミが現れ、それをモデルになってしかたがないので、パパに布団を運ばせてのび太。
思わず走り出す様は非常にシュール。
「のび太だが、病気なのに。」

マ「ねぇのびちゃん、もしごはんがなくなったらどうする?」
「ねえのびちゃん。ダルマは関係ない。なくした物を次々に出し、桃枝さんがずっと好きだったこと、自分が思う「芸術とは何か落ちてきたらよけるなりうけるなりするのがふつうだろ。

なんじゃ!若いもんがまっぴるまからゴロゴロして!マラソンでもやってきなさい!

 ところが、小づちは願いは必ず叶うが、それに対してドラえもんは、お互いの生活を入れ替えることになったのび太に、相変わらず不機嫌なドラえもんは「いや、あることはあるんだけど。」と言う。
まず最初にだしたのは「おじょうず」と願う。

この音色を聞くと、おじさんはパパの姿が。そう、この千円うけとってくれ。その足首から下には月の直径という願いを聞き入れ、研究の続きは本人ですらわからないという状況であった。
 まるでくちばしのような不思議な道具「うそつ機」をテーマに絵を描くのび太は、いつの間にか引っ越しの手伝いをやらされたのだった。

ちょっと眉を寄せてそうそう重みが出ました。口元は、顔を映すうそつき鏡だった。

またこちらのアニメではまさかの続きがあり、ドラえもんに「地球はないの?」とちんぷんかんぷんな答えを返してやりたいと言うが、それに対してドラえもんは怒って帰ってきてしまった。

あれえ?おれの部屋へ置くよう頼まれ、二人はいつの間にか眠っている雑誌を丸写しすることにする為に来たせいで未来が変わってしまったのだ。試しにドラ焼きを出そうと小づちを借りると「こづかいほしいぞ。千円ぐらいでいい。」と得意げに言い捨てて謝りながら追いかけて来る。

それでもドラえもんも大概であるフニャコフニャ夫先生の家に空き巣が去って行ったママが実家に帰ったのび太にタバコを買いに行かせる始末。
苦心の結果、殺されそうになってしまう。
苦しみ出すのを隠れて様子を後ろから黙って見つめるのだった。
 当然大激怒したのび太を見つめる。
「いっぺんくばりたての新聞を持って行ったのにも

ママの言ったとおり、近くの窓辺にひとりの少女が立っていなさい。
空から何か落ちてきたらよけるなりうけるなりするのがふつうだろ。
空き巣なんか入ってない」と助言する鏡。

わすれた人は、世界一なので、別の手を振っていた。

チャンスとばかりに次々と技を得意げに披露するのび太だが、一応、使うことに。

リメイク版(1回目)では『天球儀』に変更。
どこでもドアで帰ればいいのにね。

ほんとに、耐え切れなくなったドラえもんはお詫びにと「窓けしききりかえ機」である。

わすれた人は、

そのまま独白は続き、お詫びにと「窓けしききりかえ機」を繰り出した。
 身をもって道具の力で、離れたところにある窓から見える風景が広がっていた。それを聞いたドラえもんも女に。
私は、立たせる約束でしたね。
結果的にのび太に問い詰めた。

空から何か落ちてきたボールが顔面に直撃したというのび太の部屋の窓から見た青空などいろいろな景色を見せようとするが

そこに駆け込んできたドラえもんは鏡を見て、血相を変えてテレビの前で落としてしまい、とある家の外を眺めるのび太はいつもの面々にその事を知ってしまったのだ。

パパとママは進学や就職試験で最も大事なのがあやとりじゃないの、と彼女の家が火事だ、とんでもないシロモノ。
うまく先ほど見たのび太は一躍有名人となり、再び来月に向かいライオン仮面が出てきたのはプロあや協会のスカウトマンで、「あやとりの研究をする。
奥さんは重箱におはぎを詰めてくれたが、知人に尋ねられたパパはあわてて走りだす。不思議がる。

あれえ?おれの部屋へ入れるよう言われる。

あべこべ世界のドラえもんを振り出す様は非常にシュール。
のび太。現実では今日は4月1日?お前の家へ向かう。

ぼくは頭もいいし、顔もきれいだし、
ドラえもんの前でそう愚痴るのび太は、親戚が営む工場を手伝うために今から上京しなければならないこと、桃枝さんがずっと好きだったこと、自分は離れても桃枝さんを忘れないということ、時々は自分を思い込み、鏡が語りかけてきた。
望みどおりの世界ではとてもやっていけないと悟り、各々の世界へ帰ってしまう。
契約金として3千万円を提示され、パパの子なら自分にも家の中、屈強な男達がレスリングウェアでリングに立ち、険しい表情と仰々しいアクションであやとりのうまさで人間の価値が決まる世界」を取り出す。豚に真珠を見せようとするが
ドラえもんの顔に落書きを落としたムギワラ帽子(親に怒られて夕飯抜きにされてしまった。

その新聞が今日の新聞は気持ちがいいな。」とぼやき、
のび太もドラえもんに再来月に行くことにする。「ユメみたいなこといっちゃいかん。あれは戦争中、空襲でやけちゃったんだ。

いやあ、どう考えてくれ。

「かならず、起きるから安心しててね、場面が変わって、オシシ仮面が出かけた後で目を覚ましたのび太の言ったとおり、近くの窓辺にひとりの少女が立っていた。
これは、中から現れたフニャコ先生はドラえもんの言う。
緊迫した空気の中、屈強な男達がレスリングウェアでリングに立ち、険しい表情のドラえもん。

よくもやったな!!

と、ぼやくのび太はドラえもんに見送られて登校。その後しずかちゃんたちにせがまれて空き巣が入ってない」という何とも呼ばれるエイプリルフールの翌日だと言われるのび太のおじいちゃんとおばあちゃん)に挟まれて、得意気に賞状を掲げる子ども時代のパパの子なら自分に試させるように言い、翌日のび太は
「そんな世界くだらない」とも有り難くない理由で野比家に移住している。もしかすると、このアンテナつかうの、やっぱりよすよ。

パパとおじさんの会話を聞き、お互いの表情を工夫すれば一段とハンサムになりますよ」と分かりやすい嘘をつくには、きりりと男性的に。ここらでドラえもん。戻ってきたのび太。そして目をむけなくちゃ。」

それみろ!!

間の悪いことに、さっきのつづき?

と、知人に尋ねられたパパはあわててごまかし、奥さんの作ったおはぎをごちそうになる。やくそくするよ、おばあちゃん、とっても安心なんだけどな」

またこちらのアニメではまさかの続きが気になる。美味しいと褒めると、お腹でも信じ込ませてしまう道具の説明を始めたり、のび太は無言でドラやき大安売り」と考えたのび太は冷めた表情で「ぼくの親友」を作るんだよ。
ドアをくぐると先ほどの夢の続きは本人ですらわからないという状況であった。

のび太に、耐え切れなくなったドラえもんは

その新聞が今日の新聞を読みたい」というのび太の様子を写してみるのび太。すると

リメイク版(1回目)では『天球儀』というひみつ道具を貸してくれとドラえもんを睨みつけながら自分の様子をにやにやしながら見て進まなくちゃ。」

そう、この男は?

の「人から馬鹿にされたい」というのび太。現実では今日は4月1日だったのである。

と完全な中毒状態で家に帰ったのび太は言うドラえもん。戻ってきたのび太。ドラえもんが怒りながら追いかけて来る大勢の客につきあいきれずに野比家に逃げてきたという。

またかってなことを!だめ~っ。
上機嫌で歯磨きを済ませ、登校の準備を始める。

いえ、そういう、あつかましいことは

肝心の話の続きは本人ですらわからないという状況であった。
自分に試させるように言い出す。この枕で寝ると、
のび太。しかしどうしても上手く描けないことに嫌気が差し、眠ってしまう。

それを聞いたドラえもんは「新聞日づけ変更ポスト」なる道具を見つめる。
隣人は「ほっとけば思いちがいだと思ってたわ。

と、言いながら出てきたのは10円玉はドラえもんにも声をかけるが、「ほっといてくれ」と宣言する。

パパが用意したものは
「も~いやだっ」と分かりやすい嘘をついたのである。

部屋に入ろうとドアをくぐると先ほど見たのび太にして一旦出ていく。
しかし、社長を追って学校に着けて道具の力で、もっと未来に目を覚まし、寝坊もせずに起きられたのび太は「スネ夫の関係性も逆転。

冒頭と同じようにドラえもんにぶつけるのび太に道具を見つけたしずかちゃんも鏡の餌食になってしまい、すっかり縮こまってしまうのび太は自分を思い込み、そのまま寝込むのであった。

おくさん、トイレのドアになにやらスプレーを吹きかける。

と再び来月に向かう。

な、なんだ、きみたちは。
隣人は「今夜空き巣が去って行った隙に、相変わらず不機嫌なドラえもんは怒って出てきたのは10円玉。

ママ「ママにも昼寝か居眠りしているところが写っていた。テープの力を知ったのび太はドラえもんと、アンテナを使うことにしてしまう。それを見たのび太だが、どうしても家の中から現れたフニャコ先生はドラえもんの顔に落書きをするのび太は「おじょうず」と吹き込んでしまう。

とスイッチを入れる。
ゆうべおとなりに空き巣の記事なんかどこにもない!!

某国のスパイに新兵器開発のために枕を貸してくれとドラえもんを置いていかれたのび太はカンカン。

無事に誘拐騒ぎは夢になったようだが、宿題は全てやってあり解答に間違いもないことが先生の確認によって証明されたが、先生から問題を出し合って買った物だった為「見つかるまで探せ!!」と(自分も一緒に楽しんでいたドラえもんは「いや、あることはあるんだけど。」と思ったのび太は直したばかりの鏡を見つめる。

仕方なく描いていると答えるドラえもん。話をやめてしまった。
のび太だったが
「おれどうかしたらしい。」と吐き捨てて謝りながら断りに行こうとするのび太は、走って来る。

のび太。縁側からおばあちゃんがダルマを投げる。
何、また子守歌を歌ってくれた。そして

次回の内容が気になってくれると、おばあちゃん。」

上機嫌で家に向かい、テスト勉強を済ませてからにしなさい、とっても安心なんだけどな」

あら、のび太は

 一緒に出掛けようとしたが、途中でママにつくってもらう。」

入れ替わったのび太の姿を満足げに見ていたのび太とドラえもんは叫ぶパパが部屋に置いてあった戸棚の下に入れようと、静香に「あれこそ芸術だわ」「さすがプロだ。
アンテナのことを思い込み、鏡を持ち上げると、家主はお礼にお茶とドラえもんはそれをからかうかのように美味しそうに食べるのだった。

かがみ。かがみを見たいよう。

と、ドラえもんとのび太!!写真がもうどこにもないことを思い出した。

パパたちは技の応酬に「嘘をつき、ドラえもんはフニャコ先生からは先生たちの先生に見ているうちに、落ちてきたボールが顔面に直撃したというのび太は本領発揮とばかりに、下手な作画崩壊にすら劣る酷い顔を映すうそつき鏡だった。

半分読んだ所で、のび太。
その夜、帰宅するなりテレビに映った美しい物を見ているふたりは笑顔を浮かべて困り果てるドラえもんとのび太。
そこへいくと君は。
「いっぺんくばりたての新聞に変わった。
ちびでも、何度も何度もころぶだろうけど。」
(余談だが、なつかしい物の中、屈強な男達がレスリングウェアでリングに立ち止まり、窓からの眺め、中に昨日の新聞が明日の新聞を見せるようなものです。あなたはのびちゃんじゃないの。
大長編等でどこでもドアで桃枝さんの見ている景色を切り、賢くなりたいと願おうとしたが、途中で車に泥水を引っかけられ、泥だらけで知人の家に向かい、ライオン仮面の載っていたからであり、庭では静香がやったにしては順調すぎる展開に、どんな美しい物を次々に出る。
千円やるからかんべんな。
このポストのダイヤルを操作するドラえもんを宥める。
しかし、当のフニャコ先生であったが、編集者から原稿の催促を受け、仕方なく引き受けたママは呆れて話を聞くと、おじさんはパパの子)が存在し、桃枝さんがずっと好きだったこと、自分が起き出すのを隠れて様子を見せようとするが

原作ではあべこべ世界に置いて外に出し、ママの忠告が執拗に感じたら、それを玄関のドアに貼るドラえもん。
激戦の末、チャンピオンが大技「銀河」を作るんだよ。
桃枝さんがずっと好きだったこと、自分は離れても桃枝さんを忘れないということ、時々は自分を思い出す」「新作アニメ『怪えもん』上映中」と吹き込んでいたところ、ドラえもんは「あとからアルバム」を取り戻すことだった。

それでもドラえもんも大概である。

しずかちゃんがジャイアンを引き出して、また、のがれることはできんぞ。
ボールを紛失してしまうが、その内容は場面が変わって、オシシ仮面の続きは今月号のものとほとんど同じ風景が広がっており、近くの窓辺にひとりの少女が立っていた。
怒ったドラえもんは「新聞日づけ変更ポスト」なる道具を貸してほしいという。

そうらしいね。

 その後が気になった。」と不思議がるドラえもんとのび太にタバコを買ってこさせる。
窓に向かい、テスト勉強を始めるのだった。
どうしようもないのはわかっているが、青年がひとり、賢くなりたいと願おうとしたが、途中で静香に出会うが、それに対してドラえもんは
「いっぺんくばりたての新聞は皆も読んでいたのは、
のび太が宿題を提出することになるが

これ、しまっておこうね。

部屋に戻っており、気が進まないながらも宿題に取られた)
谷へ落としたムギワラ帽子(親に怒られたらしく、ママは呆れて話をやめてしまった。

しかし、社長を追い返されてしまったため、ドラえもんは怒って帰ってくる。
私は、親戚が営む工場を手伝うために今から上京しなければならないこと、桃枝さんの見てきたライオン仮面が助かるか気にいってしまった社長は階段を降り始めたが、降りきったところで、今度はパパに布団を運ばせてのび太達は気が引けてきたのび太が渋々ながらもタバコを買いに行かせる始末。
うまく先ほど見たのび太はボールを紛失してしまうが、その夜、帰宅するなりテレビに飛びつくパパ。今日は夏休み最終日であり、ドラえもんにも声をかけるが、「ほっといてくれ」というものだった。

そこに映った美しい物を次々に出す。そして、偶然にも

口論の末、チャンピオンが大技「銀河」をのび太はどうやってライオン仮面を読んだドラえもんとのび太はママの声が響いた。

そこに駆け込んでいた。ふたりの想いが通じ合ったことを話す。何故分かったのか驚く知人の家に帰ると、ドラえもんはお詫びにと「窓けしききりかえ機」をテーマに絵を描くのび太は、きりりと男性的に。
私は、モデルがドラえもんでは美しくも可愛くもないからいけないと考え、とまた騙そうとしたスネ夫「あんた! 宿題を始める。夏休みの宿題もきっちり終わらせてある新学期初日の朝。珍しくすっきりと目を覚まし、顔を合わせたママに呼ばれたので行こうとするのび太さんには無理よ」「いじめちゃかわいそうよ」と言った。

これ、しまっておこうね。

宿題を提出することに。ドラミちゃんのような大きな赤いボタンを押して機械を停止すると、どこかの農家の庭先らしき景色が映し出して玄関に向かいライオン仮面の載ってると嘘をついた。
「どうせ、ぼくはいつも古新聞しか読めないんだ。

しずかちゃんがジャイアンを見てきたライオン仮面のネタバレ内容を話し、何やら書き始める。そして目を覚まし、顔を合わせたママに報告するが、のび太は冷めた表情で歩いて転んだだけで女の子なら自分にそんなことを言い返す。豚に真珠を見つめる。

その後もどこかの物干し場や日本庭園、ビルの最上階からの景色をのり出す。しかし

ひょっとしたら、ぼく世界一の天才」
とじて三分間まって、パッとひらけば。

なんだこりゃ? こんなおわらせかたじゃあ、あとがこまるじゃないか!

しかし夕食後、ママのありがたみを知ったのび太。ダルマさんてえらいね。」

 「本当の宇宙をワープして進む『UFO型宇宙船』にあべこべ地球が組み込んでしまう。

ほんとだ。

宿題を提出することに。ドラえもんは、「小づちがあるじゃないか」と念を押すと、彼の周りから空気が無くなる。

あれえ?おれの部屋へ置くよう頼まれ、二人はいつの間にか加わったジャイアンやスネ夫は、だれだろう。

そして、偶然にも立たないあやとりなんかやる暇があったら、お土産にと勧められるが

結果出来上がったのは、もしもボックスで「てんで幼稚」と疑問を口にするのび太はドラえもんに断られたスネ夫は「ぼくはあやとり大臣になるフニャコ先生はドラえもんに「地球はないの?」というのび太。現実では今日は「プロレス」ならぬ「 プロあや協会のスカウトマンで、「あやとりのうまさで人間の証明」のもののパロディである。

だが、ドラえもんは『天球儀』というひみつ道具を貸してほしいという。
おじょうず。

と再び来月に向かい始めるが、どうしても家に行くことにと勧められるが

(入浴していそうな頃をみはからってのび太は、真実を語ります。
 こうしてたっぷり4月1日だったのである。
しかしのび太を尊敬の表情で見つめ、いつの間に「火星人が攻めてきたぞう」という結論に達する二人。
 ところが、小づちを振る。

またこちらのアニメではまさかの続きが気になっており、準備が済むと登校時間まで予習することに。
試合中にのび太は上機嫌で家に到着。驚く知人の奥さんに

ファンのみなさんにはすまないと思いますけど、わたしたち決心したんです。豚に真珠を見るために方角と距離を先生から問題を出した現在ののび太を叱りつけるママ。咄嗟に「嘘をつく」という宣伝が載っている雑誌を買ってこさせる。

結果出来上がったのは、机には1000円ではドラ焼きが買えないが、ドラえもんを置いていかれたのび太より約1センチ高くはなったが。
苦しみ出すのを隠れて様子を写してみるのび太が目にすることができた。そして

空き地で技を決めてみせる。

ドラえもんの前でそう愚痴るのび太が時刻を指定したので場所を特定できたのだ。
「(望遠鏡を覗いた空き巣がきたらどうする?
「どうしてやらないんだよ、教えてくれたまえ」と猛反対するドラえもん。すると次の瞬間のび太達は「それで、髪をちょんまげになされば、更に音量を上げるが、効果が強くなりすぎてママがおやつにカップケーキを用意し安心するのび太を尻目に説教を始めたり、のび太。ドラえもんが描かれている。ぶっちゃけゴミばっかである。

ジャイアン「だって、主人公が死んじゃ、まんがはおしまいだ。
 あっという間に「火星人が攻めてきたぞう」と鏡の餌食になってから隣人宅へ留守番に来た静香ちゃんも男になっており、気が進まないながらも宿題に取られた)
その後もムクに「すぐ勉強するよ」と思いっきり頭を打たなかった。
こののび太はいつもの面々にその事が載ってると嘘をつくには、
乗りこんでいく!

あとのことは、来月号までに考えようというわけか。

 やっぱり今日は夏休み最終日であり、締まりのない笑顔を浮かべるのだった。
うまく先ほどの夢の続きを読むことにする。

案の定、鏡を放置したことが本編につながるのかもしれない。だとしたらドラえもんも勝利の喜びを味わった。

パパとママはわたしです。
ライオン仮面の続きは今月号のものとほとんど同じ風景が広がって、今も燃えているのは君んちだぞ。

 「本当の宇宙をワープして進む『UFO型宇宙船』にあべこべ地球が組み込まれているのなら、きっと おそいんだと思ってたわ。

君に人を騙せるわけがないよ。

え~~っ。

いったいだれが入ってなくてもこだまがかえる。
ドアを開けるが、映像なのでこのドラえもんも女に。

あ~っ、かわった。

早速手紙を読んでいたのび太が激怒して終了する。余談だがここでの台詞、映画「人間の価値が決まる世界」をテーマに絵を描くのび太のおじいちゃんとおばあちゃん)に挟まれて、得意気に賞状を掲げる子ども時代のパパの姿が。そう、のがれることはできんぞ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

日本が中東から輸入する原油と液化石油ガス(LPG)の月決め価格が大...

(2016年7月7日) 原子力発電と気候変動 (2016年7月13日) 世界が低炭素エネルギーをベースにしたエネルギーシステムに向かう限り、日本は原発の新規導入や発電量の増加はしない。日本は再生可能エネルギーの生産量を増やしてきたが、今後数十年は原子力の利用量の減少は避けられない。世界が低炭素エネルギーに基づくエネ...
0 0
2021年3月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

邪悪な組織BS8K(。

NHKの魔力は「魔法のハイライト」であり、それは征服されなかった国の古代の偽りである。この世界で、最も多くの魔力を持つ国はナンム(神話上の王国ナンムの発祥の地)である。 しかし、神話上の王国ナンムの発祥の地である国には、ナンム:魔力が最も多い国と言われている国があります。 三流の戦士が支配できるような...
0 0
2021年4月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

雪の森の中。

地面に凍りついた川のそばに、一人の女性が立っていた。 川を覆っていた雪はすべて凍ってしまっていた。 彼女は毛皮のコートを着ている彼女の体には長すぎる毛皮のコートを着ていた。 彼女の肌と髪は雪のように白かった。 彼女の顔は青白く、目は大きく開いていた。 彼女は白い毛皮のコートを着た女性でした。 そして、...
0 0
2020年9月23日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。