掲載中の作品

昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは、おばあさんに桃の話をしました。おばあさんはとても誇りに思いました。彼女はそれが神様からの素晴らしい贈り物だと思いました。
おばあさんのおじいさんは、「おばあさん、あの桃は神様からの贈り物ではない。それは悪い人が植えたもので、その人は桃を盗んだ人だ。その人はもう死んだ。今、桃はおじいさんの家族のものだ」と言いました。
おばあさんのおじいさんは、川に行って桃を洗ってごしごし洗いました。おじいさんの古い手はとても汚れていて、できませんでした。彼は手をきれいにしようとしました。おじいさんはとても疲れていて、それができませんでした。
それが終わると、おじいさんはこう言いました。「おばあさん、今、大きな桃が川を飛んでいくのを見たよ。それは、あなたが洗濯に使った桃でした。それを植えた人を見たよ。彼は死んだ。今、その桃はおじいさんの家族のものになっているんだよ」。
おばあさんのおじいさんは、また桃を洗ってゴシゴシ洗うために川に行きました。おじいさんは桃を洗うのに急いでいたので、洗うことを気にしませんでした。おじいさんは桃に土をかけて、また洗ったのです。
水が上がってきました。おじいさんはバケツを持ってきて、その上に石を置きました。おじいさんは、水が落ちるようにしました。

Photo by Jim Surkamp

昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると大きなモモがどんぶらこどんぶらこと流れてきました。おばあさんは大きな桃を家に持ち帰りました。
おじいさんが帰ってきました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

リンゴドクガは黄色のふさふさの毛でおおわれ、フワフワでとてもかわ...

私は蝶が大好きなので、この蝶は期待を裏切らなかった。 綺麗な毛虫を発見して大喜び。道端にいて、カブトムシのように見えたのですが、近づいてみると間違いなく蛾でした。でも、近づいてみると間違いなく蛾でした。 これはちょっとした楽しい写真でした。持っているのは知っていたのですが、今まで見つけることができ...
0 0
2021年1月10日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

科学誠実デザイン雨仮想牛ロス#IQ

Twitterの最初のルールは、「ルールがない」ということですが、私たちのブランドに関しては特に重要です。私たちは、コミュニケーションのためのオンラインプラットフォームを提供するだけでなく、お客様に没入型の体験型ストーリーテリングのプラットフォームを提供する企業でもあります。私たちは、お客様が購入できる...
0 0
2021年3月17日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

1990年4月6日に『強敵有象無象』の金曜枠として始動――。

人間のものではない、秘密のある不思議な名前がある。神々によって作られたように見える名前だが、実際には人間の感情の断片に過ぎないのだ。 それは #8220;ルシファー #8220;と呼ばれているが、#8221;ソール #8220;や #8220;ルシファー #8220;など千差万別の名前がある#8230;。 奈落の神」「サタンの神」「闇の神」「闇...
0 0
2021年4月4日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。