掲載中の作品

この作品「ナウパンク」は現代技術が広く使われている設定で、冷戦後…

世界観とは、設定のための架空の設定です。実際の場所やロケーションではなく、ゲームの出発点として使われることを想定した場所ベースのモデルです。世界観は主に4つのエリアで構成されています。
The World of the Player : このエリアは、プレイヤーにとっての物理的な世界を表しています。例えば、シカゴ、ニューヨーク、フランス、ロシアなどが含まれます。これらの場所はすべて実在の国を含む実在の都市などなので、ファンタジーの世界ではありません。プレイヤーの世界」とは、プレイヤーがキャラクターやゲーム内のイベントを作る際に使用する設定のことです。
NPCの世界: NPCの世界を表すエリアです。ニューヨーク市、フランス、ロシアなどが含まれます。プレイヤーがキャラクターを作成したり、ゲーム内のイベントを行う際に使用される設定です。
The World of the Society:Societyの世界を表すエリアです

Photo by JetCamp.com

この作品「ナウパンク」は現代技術が広く使われている設定で、冷戦後の世界がベースとなっている世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。冷戦後の人々が思い描いているであろうレトロフューチャー(?)な時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新が登場し、同時に現代のファッション、文化、建築スタイル、芸術が描かれている。
世界観の詳細

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

東京スカイツリーおよびスカイツリータウンは、今年で開業8周年を迎...

2016年9月、非政府組織「People to People Alliance(PtP)」と東京都渋谷区の活動家グループが東京スカイツリーの建設に抗議するために東京スカイツリーの外に集まったが、警察に止められ、最終的には散ってしまった。 2016年5月6日には、日弁連とPETA(動物の倫理的扱いを求める人々)東京支部の関係者が東京スカイツ...
0 0
2021年1月31日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

「へんないきものチャンネル」(人工音声によって行われる生き物に関...

-インタビュー -ビデオゲームレビュー -歌手・音楽分析 -グラフィックデザインとビジュアルアート -アートの未来 -高橋洋子さんへのインタビュー 1日目は、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のオープニングテーマ「Maid in a Coma」でおなじみの歌手、高橋洋子さんのインタビューです。 へんないきものチャンネル:ヨーコ...
0 0
2021年4月10日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

昨日、近所の吉野家行ったんです。

(笑) こんなことを言うなら、自分が見られていることを自覚した方がいい。 あの男だよ。私ではない。通りがかりの男だよ。 わかっていないなら、こんなことを言うなよ。 あの男だよ。それは私ではない。It#8217;s the guy from the street. 言葉には気をつけたほうがいいですよ。例えば、そういうことを言うなら、警察の...
0 0
2021年3月13日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。