掲載中の作品

「太郎、太郎。

かぐや姫の目は、小さな家と同じ大きさ。
猿顔の三郎の手は獅子のようだ。
“ああ、猿顔の三郎か。
お前なら、助けてくれるだろう。
俺はここに痕跡を残すことができない。
俺は人間だから、魔法は使えないんだ。
ふういん」を使おうとしたことはあるが
なぜか人間にしか使えない呪文なので
ふういん “を使っても魔法は使えないのです。
“主人 “はすでに亡くなっていた。
人間が龍を殺せるようになったからには、人間には任せたくなかった。
だから、猿顔の三郎のところに行った。
“それでは、私を助けてくれませんか?”
“風林火山 “を使います。
“風林火山 “の使い方を知っているか?
“ふういん、か。”ふいんき “を使えば、”ふいんき “が使えるようになるんですか?
まあ、やってみます。
“ああ、師匠が亡くなったのか…。
私はとても残念でした。
猿顔の三郎のところに助けを求めに行った。”
“ごめんなさい。
強いて言えば、私はとても怒っていました。
終わったら “ふういん “をあげるよ」。
“Fuuin”?
“これは主人の部屋の鍵です。”
かぐや姫は自分のやり方でドアを開けました

Photo by pyjeo

「太郎、太郎。」
母の昔は呼びかける。川の真ん中でキジ肉を手に入れた
鬼のように。
「やめなさい、これは大きな竜宮が刀で振り回した痕で
す。」
孫の関節が停戦を妨害する。「なぜ?」と猿顔の三郎は
山でかぐや姫の前で月を消し飛ばしてあげました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

電線などを地下に埋葬し、路上の電柱を消失(ロスト)「ノーバディ世...

光を見ようとしていたのに、その光を見ようともしていない。本当に苦しいです。あと数年で本当の意味での神々との接点が持てるかどうかもわからない。酷い落ち込みをしています。ネオエクソダスや送電線の話ばかり読んでいると 世界が滅びるんじゃないかと思って、どうなるか見てみたいと思っています。 光を見ようと思...
0 0
2021年1月9日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
no image
掲載中の作品

ポビャヌテンケヌルテャボボイ、モスモスラルチェ、アッペケポポヤーイ?

私が知りたいのは、私がこれをできるようになるかどうかです。 それはとても難しい。 本当に難しいことです。 でも、もしできたら、それは私に大きな満足を与えてくれるでしょう。 私がやれば、私にとって喜びは大きくなるでしょう。 私はただ興味があるだけです。 私はただの好奇心です。 出産できない人がいると、国の...
0 0
2021年4月2日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

私が飼っていた猫が死んだ。

もう一匹の猫は、私が処分した猫だけではありませんでした。私のもう一匹の猫、ロキシーと呼ばれる猫はレスキューされた猫でした。私は2匹のレスキュー猫を飼っていました。私は引っ越しの途中だったので 彼らを救っていました 彼らは私の猫で、私は獣医でした。彼らはシェルターにいました。そのうちの一匹、救助された...
0 1
2020年11月14日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。