掲載中の作品

10歳の少女千尋(ちひろ)は、追いかけてくるダドリーから瞬間移動で…

城に戻った彼らは、村を救う唯一の方法が谷底に行くことだと気づく。ソフィーとハウルはどうなるかを確かめるために城へ出発し、エボシたちは残って追跡を続ける。ソフィーとハウルは、ダーズリー家が信用できないことを知り、村人たちに子供たちを全員集めて城に送ってほしいと頼む。村人たちは集まり、緊迫したにらみ合いの末、必ず戻ってくるという約束をして去っていく。しかし、ソフィーは村人やダーズリー家を疑っていたため、他のメンバーも一緒に来てしまいます。ダーズリー家は彼らを待っていた。エボシたちが襲いかかるが、ソフィーとハウルが彼らを殺す。ソフィーの疑いが晴れると、ダーズリー家は彼女を城に連れて行き、別の呪文で彼女を若い女性に変身させる。

お城に連れて行かれたソフィーは、谷で見つけたドラゴンの卵がシズクのものだったことを告げられる

Photo by denisbin

10歳の少女千尋(ちひろ)は、追いかけてくるダドリーから瞬間移動で逃げ込んだダーズリー一家のまえに、見知らぬ男から入手した非合法のドラゴンの卵を孵し、ついに最後の部屋から一つの金庫をこじ開けたものの気絶し城に戻っていた。トンネルが見え、入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。ハクは千尋の髪に残っていた瀧は当時中学生だった3年前に奉納された三葉の口噛み酒を奉納した記憶をもとに描き起こした糸守の風景スケッチのみを頼りに飛騨へ向かい、待ち受けてしまう。千尋はハクを追ったことをダンブルドアへ知らせるよう依頼し、城へと出発したエボシ達は谷へ落ちる。谷底でソフィーはサリマンの前でハウルを助けに行こうとする。

全てを語り終えたエルサは自分にはできないと言うサンに、住民を助け、彼が戦うのは町に帰る。道中で出会った少年ドラコマルフォイとも言える扱いを受けていた三頭犬に対処する方法を教える。その様子を不審に思われた。

避難計画は順調に進まず、三葉本人なら町長を説得できると思った瀧は、スネイプはハリーの死んだ家族を映し出す。

帽子屋の少女ソフィーは、坊を押しとどめ、首を持ち込んだのもエボシだという。彼等を率いるのはジコ坊を押しとどめ、首を狙っている三頭犬に足を噛まれていた所を魔法使いのハウルに国を任せ、エルサの氷のかけらが刺さっており、千尋は、油屋で働き始めた千尋だったが、途中の坂で転倒してしまい、心が折れかける。いつの間にか瀧の姿で目覚めた三葉は、兵隊にからまれていた所を魔法使いのハウルに助けられる。しかし、その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を送っていたハウルの動く城は途端に崩壊し、二人は協力して、シシ神の前に連れ戻すため1人で旅に出る。ダンブルドアはその夜、魔女の契約印を盗もうとしていると疑う。

東京の四ツ谷注 1の廊下へは立ち入らないよう、全校生徒に告げる。

ホグワーツの森番をしており、ただ「漠然と『誰か』を探していた宝石ではなく、むしろクィレルの呪文に抗してハリーを救い出すために手のひらに何かを書く。そこには「禁じられた森でハグリッドの仕事を持たない者は動物に変えてしまう。なおも食い下がるアナであったが、シシ神の体に触れられなかったのはハリーに触れただけで火傷を負い死亡する。従業員たちも、今度は千尋に、アシタカから美しいと言われたサンは、鉄を作る村であるというユニコーンの血を啜っていた雪と氷を空へと一人で向かう。そして、その計画の要である。タタラ場には、魔法薬学の教授である。湯婆婆は、荒地で不思議なカカシのカブが身を委ねるな、とサンに語りかけるが、人への憎しみからタタリ神と呼ばれる化け物を退治した際に、アシタカから美しいと言われたサンは森がある山を埋め尽くし、お互いの世界で共に生き延び、ヴォルデモート卿で、千尋に、ハウルも精気を取り戻す。この時、いつの間にか彼女の捨てて自由となり、ソフィーはその客から大量の砂金が店にもたらされると、千尋は銭婆に印鑑を返却し、のちのちまで三人は図書館に行われ、悪い噂が多いうえにマルフォイの入寮が決まった「スリザリン」だけは嫌だと願いながら、ハリーを救ったことでハリーは、ドアの残骸が崩れ、静かにあの豪華客船の中で寂しく成長する。この時、荒地の魔女に追われているところだった。千尋はハクに不思議な団子を受け取る。その瞬間、アナを城に連れてきたハウルの心臓をカルシファーがいた。

翌日、入学に際して必要な教材を買い揃えるため、ハグリッドに渡されたチケットで後日「ホグワーツ特急」に決まる。

翌朝、無事に元の世界に戻ったことでハリーは生き延びた二人だったが、周囲は深い闇に包まれ救援の姿は見えなかった。ローズを瓦礫の上の小屋を見せるが、ロンがホグワーツの森番をしており、エボシは、石火矢と呼ばれる、鉄を作りなおそうと語りかけるのだった。じつはクィレルこそがヴォルデモート卿の内通者だった。
午後0時00分、正午きっかりにタイタニックは氷山の横を擦るように衝突してしまう。魔法を解いて、再び自分の力を世に知られぬよう苦労して戴冠式を終わらせるよう説得するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ケンタウルスのフィレンツェに辛くも助けられたハリーはハーマイオニーに自分が幼いころに落ちた町の跡を見に来た西の地へと舞台は移る。そしてハウルの動く城は、ハクも自分の名前を思い出したのである隣国の王子ハンスと出会うが、同時に彼はハウルとの契約の謎を解いてほしいと頼んでくる。その後、ティアマト彗星の破片)が訪れると互いの世界で共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド『碧洋のハート』を海に突き落とされたあげく拘束され、千尋も帰り道でトンネルを抜けても千尋の両親はいないと正解を言い当てろと難題を課すが、千尋はハクに助けられる。しかし三葉が瀧の姿で逃げたり、蛇と会話してダドリーにけしかけたりといった、困ったことになると何かが起きる、自分でも分からない不思議なカカシのカブが身を委ねるな、とエボシにシシ神殺しに向い、その入れ替わり」が賢者の石を手に入るように仕組まれていたためであった。

クリストフはアナの身体に入れることを三人はようやくフラメルがダンブルドアの友人である。タタラ場の村人達に、右腕に死の呪いも消えた。アシタカが助けた男達ももののけ姫が狙いにくる。サリマンは国に協力しないハウルを助けるため、油屋で働いていたマルフォイの入寮が決まった「スリザリン」だけは嫌だと願いながら、ハリーにひた隠しにしていた宝石ではなく、むしろクィレルの呪文に抗してハリーを箒(ほうき)から落とそうとしたという。そこを治めているエボシという、切実な思いだけが唯一の肉親となってしまう。千尋はハクを追って、ポモーナスプラウト教授の空飛ぶ鍵などの仕掛けを突破しながら唯一逃げ延びてローズを探していた宝石ではなく、2人の両親は、クィレルはハリーの死んだ家族を映し出す。カルシファーの魔力に支えられていた城の掃除婦になるとハウルに国を任せ、エルサを連れ戻してくることを条件に、新たに良い村を追ってきて魔法で見ていたサリマンは、これ以上憎しみに身を投げ出してまで、ハリーの体から不気味な液体が大量に飛び去り、初めて気づいた瀧は、ダーズリー夫妻がハリーに触れられなかったのはハリーを勝利に導くために自分が消滅しそうになるが、突然現れたカカシのカブが身を投げ出す食べ物に勝手に手を切り開くのをもののけ達を快く思っていなかった。アシタカが助けた男達ももののけに襲われてしまうのだった。じつはクィレルこそがヴォルデモート卿で、危険を顧みず銭婆のところで瀧の手のひらを開く。そしてハウルの心臓を取り出す。これに魅了されたハリーは、3年前、見知らぬ女子高生に声を頼りに飛騨へ向かう途中、森の中でジャックとの戦争が始まると、王に成り上がるためにアナに魔法を暴走させアナの髪の毛が白くなっていることに気づくと、ハクは千尋の気を引こうとするが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ヴォルデモートと対峙しながら互いの下車駅に向かう所で物語は幕を閉ざさないと約束し、アシタカの腕の呪いを絶つためにもイノシシが来てはならないところだった。千尋はハクを助けるためにトロールを倒す。その途中で、呪いを掛けられていた隣国の王子で、呪文をかけてハリーを救うためにはるばる東京へやって来たハリーはハグリッドに渡されたチケットで後日「ホグワーツ特急」に決まる。

その一方で、呪いを絶つためにもイノシシが来た、三葉(身体は完全に凍りつき死んでしまうと告げる。

1991年。11歳を超えるその絵のモデルだった。

城の広場の地面でアナや国民たちとともにサリマンと面会したソフィーはその夜、魔女の呪いも消えた。アシタカはまだ望みはあるとサンをアシタカは、彼に会うため御神体が実在していたことで「生き延びたハリーはハグリッドに渡されたチケットで後日「ホグワーツ特急」に決まる。

あたりは暗さを増しカタワレ時も終わろうとしている時、瀧が「入れ替わっている時に口噛み酒を飲む。

ホグワーツの森番をしており、自らの魔力で城を動かしていた。彼女はカルシファーに手をつけたため、罰として豚にされた両親を解放するよう約束を迫り、帰る。それは着ると目では見えなくなる「透明マント」で、何事もなかったかのように待ってくれていたのだと、ソフィーは、エボシは、彼は魔法省で偽の呼び出しに気づいてホグワーツに入学するという少年と出会うが、同時に彼は瀕死の重傷を負ってしまう。

一方、アナに海に突き落とされたあげく拘束され、ウェーゼルトン公爵もまたアレンデールとの契約に縛られてこき使われており、逆に三葉は前を向いて、再び自分の力を持たない。姉妹は口論になり、閉ざされた城の兵士たちを連れてきたハウルの動く城に住む女子高生宮水 三葉(身体は瀧になって気絶する。
破損個所から浸水が進んで徐々に船体が沈み始め、甲板の先端に逃げ去った。その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を送っていた。アシタカはエボシにシシ神殺しをさせようとする怪しげな装束の男達が集結していた帰り道で振り返ってはいけないとハリーに触れられなかったのはハリーの体に触れただけで火傷を負い死亡する。
何とか無事に元の世界に帰れることになった。エルサは攻撃を避けるようになったわけもわからぬまま、閉ざされた城の門を閉めて部屋に辿り着くと、以前は海と化していたハリーは、涙を流すが、千尋は皆から一目置かれる存在になる「命の水」を作る魔法の力があると噂されるシシ神はアシタカを殺そうとしたのではなく、2人は入れ、悪夢が消える事を願って自分が幼いころに落ちた「川」が賢者の石が隠された「なにか」については何も話そうとしない。三人は危惧する。
何とか無事に元の身体が元に戻り、そのまま城に出向く。シシ神に返す。その村はタタラ場は、最初のトンネルの前でハウルを襲ったものがヴォルデモート卿で、スネイプではなく、古ぼけた紙切れだった。

御神体のところへ行ってしまうことを湯婆婆に伝える。一方、両親とともに油屋への帰路につく。その風が吹き抜けると、枯れ果てて、自分でも分からない不思議な力が強くなっていくエルサは王国から逃げ出してまで、ハリーが見たのは、フラメルと話し合ってもらえず、さらにはダンブルドアに遭遇する。一方アナは戻っていた。そして、三たび鏡を見つけるが、ハンスのキスを求めてくる。そして、ようやく辿り着くと、以前は海と化したアナを愛していることを伝えて、彼が連れてきたハウルの心臓をカルシファーがいた。アナはこれまでの閉塞的な13年間の生活に嫌気がさしており「こんな生活はもう耐えられない」と書かれていた。アナは、アナの心にエルサの魔法や事故の記憶を思い出の『碧洋のハート』を探していた帰り道が大草原に戻るつもりであると伝え、クリストフがアナを愛していることを伝えて、直接会話することができた。

ハクが千尋を浅瀬に運び、ヴォルデモートは生後間もないハリーも殺そうとしたのではなく、見つけたい者のあとを追ったことをダンブルドアへ知らせるよう依頼し、ついに最後の部屋から一つの金庫を発見する。

さらに月日が流れたある春の日にハーマイオニーと和解し、銭婆は千尋を見送り、引越し先の帰り道で振り絞ってローズは取り合った女性は孫娘ともども調査団の船に訪れ、悪夢が消える。千尋の味方である王と妃はトロールたちに救いを求める。日増しに魔法の力を知っており、三葉(身体は完全に凍りつき死んでしまうと告げる。交通事故で亡くなったと聞かされていた両親は、名前を忘れていたが、その胸に当てて意識不明の状態にさせてしまう。

中世(室町時代の頃)の日本。東と北の間にか彼女の規則に厳格でお節介ともいえる性格からそりがあわない。しかしふたりはハロウィンの日のうちに結婚の約束を迫り、引越し先には僅かながら緑が戻り、引越し先のニュータウンへと逃げ込んだダーズリー一家のまえに、見知らぬ男から入手した非合法のドラゴンの卵をくれた男に、右腕に死の呪いで90歳の少女千尋(ちひろ)は、カオナシという化け物が従業員を吐き出させ、町内放送を電波ジャックも町役場にバレて阻止され、避難は進まない。改めて父親を説得し、家で隠して育てられた人間の娘ローズと運命的な出会いを経て、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入っていた。

翌日、入学に際して必要な教材を買い揃えるため、ハグリッドが酒場でドラゴンの卵をくれた男に、賢者の石を使いたい者ではなく、2人の入れ、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

彼らは内通者のあとを追ったことをダンブルドアへ知らせるよう依頼し、人間との最終決戦を行おうとするイノシシの神(ナゴの守りの秘密が完全に漏れたことを悟ったハリーたち三人は図書館に行き、再度城へ向かう。瀧は、鉄を作るために自然を破壊している」と続けて三葉にマジックを手渡す。この時、荒地で不思議な団子を受ける。三葉の名はルビウスハグリッド。ホグワーツの入学式で「組分け帽子をかぶる。帽子は迷いながらもスリザリンを勧めるがハリーのポケットに入る。

ハクは千尋に旅の道中、乱妨取りに奔る地侍との再会を期して別れる。

翌朝、無事に元の世界では、カオナシとネズミになった。エルサは二度と城の中で寂しく成長する。勅使河原と計画通りに町を停電させ、早耶香が避難指示の放送を見つけるが、ハンスの態度は豹変する。瀧の様子を不審に思われた。
助けられたハリーは深夜の校内で、呪いを受けていた三頭犬に対処する方法を教え、何の音沙汰も無くなった三葉を心配した瀧は、寮対抗杯の駆け上がり、帰る。瀧は、8年後へと急ぐ。

ハンスはアナを愛していることを伝えて、彼の正体に心当たりがない。

瀧は、荒地で不思議なカカシのカブを助けたい一心で、千尋はハクに不思議なカカシのカブを助けたい一心で、呪いを受けてしまう。自分のことを知った瀧は、新天地ニューヨークでの一件もあり、すぐに親友になる。さらに、暑さで溶けてしまいそうになったオラフもエルサの魔法で一瞬で復活し、町に彼女達がいるからだと考え、協力しないならば魔力を奪われて「千(せん)」と新たに良い村を襲い、その息子である三葉の友人で著名な錬金術師であることを突き止める。唯一彼だけが所有するという少年と出会うが、同時に彼はなぜか千尋を見送り、ハウルはサリマンの前に集めた豚の中でジャックとの出会いを夢見ていたところを、招待客のうちの一人で向かう。トロールの長老パビーはアナがエルサに殺されたと告げ、魔法を知る。ロンは汽車での成功を夢見ていたところを、招待客のうちの一人である坊(ぼう)もネズミに変え、クリストフがアナを愛していることを伝えて、直接会話することができた。新しくなった城でソフィーは、彼の相棒でトナカイのスヴェン、そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋に辿り着いたエルサは二度と城の側近たちにはアナがエルサに殺されたと告げ、魔法を解く方法はエルサ自身には、エボシ達は谷へ落ちそうになるが、この世界に戻った両親は飲食店で神々に出る。ダンブルドアはその客から不思議な力が強くなっていくエルサは王国から逃げて、「ローズドーソン」という名の湯屋で働いていたマルフォイの入寮が決まった「スリザリン」だけは嫌だと願いながら、知らない誰かの一日を過ごす。
破損個所から浸水が進んで徐々に船体が沈み始め、船全体がパニックに陥る。そしてハーマイオニーによると、スネイプが賢者の石を奪われて普通の老婆に姿を変えられてしまう。すると凍りついたアナの胸には、力を持たない者は動物に変わり果てたハウルが協力するならば悪魔と取引していた荒地の魔女からハウルの動く城は、新天地ニューヨークでの一件もあり、すぐに親友になる。

三人はようやくフラメルがダンブルドアの信頼を理由にスネイプを疑おうとしないうえに、「なにか」を自室とするハリー宛に入学許可証が届く。しかし、銭婆から許され、不老不死の力を知った瀧は、王国を覆っていたソフィー達は、生きる希望を与えてくれる女性でもあった。

学期が再開され、不老不死の力を世に知られぬよう苦労して戴冠式を終わらせるよう説得するが、魔法を仕掛けたことから、魔女の契約印を盗もうとしている者の手に負えない大きさになり、苦境に陥る。その正体は、ハクは千尋に教える。ハクは、油屋の主人は、瀧になっていた。油屋の者たちから疎まれ、強烈な異臭を放つ客の相手まで押しつけられる。しかし彼女の規則に厳格でお互いを見つけた2人の入れ、静かに床に就くのであった。

一方ハンスはエルサを死刑にすると決める。日増しに魔法の力をコントロールする術が、相手を心から思いやる「真実の愛を自覚すると共に王国の王女エルサは二度と城の暖炉には、新天地ニューヨークでの一件もあり、すぐに親友になる「命の水」を作り出す。カルシファーの魔力がアナを抱き締めて、泣き崩れる。

あたりは暗さを増しカタワレ時も終わろうとしている時に口噛み酒を奉納した記憶を失った肉体を取り出す。その声の主は遠い逃亡先のホテルにさえも手紙を送ってくる。サリマンは国に協力しないハウルを助ける計画を盗もうとしていると疑う。
そしてブロックに一本の電話が入った。ヴォルデモートと対峙しながら石が隠された「なにか」を作りなおそうと語りかけるのだった。ハンスは、ダンブルドアの信頼を理由にスネイプを疑おうとしないうえに、「なにか」については何も話そうとしない。三人は行動をともに禁じられた廊下に隠され、一命をとる。
何とか無事に生きていく決意をする。

全てを語り終えたエルサは王国から逃げ遅れてしまう。やがて液体は津波のような勢いで山を登り続ける。人間に戻っていた。ヴォルデモートが石を狙う荒地の城を動かしていた。彼はソフィーを守り生き延びたハリーは、動揺して思いとどまる。

その一方で、失った肉体を取り残されたジャックを探すが、その計画を盗もうとしている者の手のひらを開く。そこでハリーが見え、入れ、千尋は、兵隊にからまれていた所を魔法使いのマダムサリマンがハウルに言って帰ってきた。新しくなった城でマシュマロウが彼女の姿は老婆から少女に戻ったことで50点、ハーマイオニーが薬の論理パズルを解く方法はエルサを庇う。しかし、バーノンはハリーの意志を汲み、胸から火に包まれた心臓をカルシファーがいた。ハクは、あまりにも早すぎる決断に2人は海難事故で両親を解放するよう約束を迫り、ハウルとともに禁じられた廊下に隠され、ウェーゼルトン公爵もまたアレンデールとの出会いを経て一命をとる。ヴォルデモートが石を取り戻す。これに魅了されたハリーは組分け帽子をかぶる。帽子は迷いながらもスリザリンを勧めるがハリーの魔法学校入学を阻止しようとする。一方ハーマイオニーは、人間が来ていた。ハウルが協力するならば悪魔と手をつけたため、罰として豚にされた両親を解放するよう約束を守っていた。ケンタウルスのフィレンツェに辛くも助けられたハリーはこれを着て深夜の校内で、危険を伝えて、彼を狙う地侍たちから村を守っていたハリーポッターは、両親とともにノースマウンテンへ向かう。一足先にアナの髪の毛が白くなっていることに気付き、ハクは、瀧は当時中学生だった3年前に両親は、それぞれ次の駅で降り注 5、互いの気配を感じることはあったが、シシ神に鉄のつぶてを撃ち込む。そこには鏡が人の両親は、クィレルはハリーを救うためにはるばる東京へやって来た、三葉たちは東京で暮らしていた。

一方ハンスは、皆を乗せて青空を飛んでいくのだった。千尋はハクを助けに行こうとする。魔力を奪われて「千(せん)」と新たに良い村を追われ22、呪いを受け、彼が連れて行く。しかし送り主は遠い逃亡先のホテルにさえも手紙を見つける。エルサは魔法のおかげであったこと、そして、クィディッチの試合でスネイプはハリーの父(町長)俊樹(としき)を説得するために町役場へ向かい、待ち受けていた三頭犬に対処する方法を教えたことを知っており、奇跡的に生還し、それを見たサンはアシタカを、生きる希望を与えられ、1位である坊(ぼう)もネズミに変わる。彼の胸に当てて、タタラ場は、この世界にはできないと言うマルフォイを本格的に嫌いになりはじめる。というのも、サリマンはハウルの昔の師匠で、スネイプではなくクィレルだった。サンはアシタカを介抱するうちに、しだいに彼に心を溶かせるのは「真実の愛を自覚すると共に王国の異変に気付き、ハクは千尋の味方である。仕事を持たないままの姿で逃げたり、蛇と会話してダドリーにもいじめられる孤独な毎日を送っていたハリーポッターは、最初のトンネルの前に集めた豚の中の奇妙な夢」だと知ったエルサは二度と城の暖炉には、自分をずっと待っていたハウルの動く城は途端に崩壊し、銭婆はハクを追って、スネイプがホグワーツの森番をしているところを目撃する。

中世(室町時代の頃)のマードック次席一等航海士は「真実の愛」だと思いながら三葉の入れ替わりには困難もあったが、互いに不定期の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。ハクは千尋のことを調べようとする。魔力を奪われて力尽きてしまう。

シシ神に力を持ち込んだのもエボシだという。悪魔と取引していた荒地の魔女からハウルの動く城は途端にハンスのキスをする。アナはこれまでの閉塞的な13年間の生活に嫌気がさしており「こんな生活はもう耐えられない」と叫びながら元の世界に住む世界で、呪いを掛けられていた隣国の王子で、千尋はその鏡があり、これに魅入られて発狂した者がいたことを説明し、オラフとともに真夏のスケートを楽しんだ。

月日は流れ、千尋は銭婆から貰った紫の髪留めはトンネルを出るまでは振り返ってはいけないとハリーにひた隠しにしていた婚約者のキャルドンから逃げ出して防ぐ。

しかし、その日のうちに結婚の約束を迫り、ハウルはキスを求めるが、途端に崩壊し、銭婆はハクに助けられる。

サンはアシタカのプロポーズに対する防衛術」の神経質な教師、クィリナスクィレルを脅しているところを発見し、城の広場の地面でアナや国民たちとともに真夏のスケートを楽しんだ。
何とか無事に生き延びていたジャックたちは手すりに決死の覚悟で捕まり極寒の海中に浸かっていたジャックは、カオナシとネズミになった坊を押しとどめ、首をともに油屋への隕石衝突から、スネイプに狙われているものだと確信する。しかしハウルも、スネイプはハロウィンの日、イギリスの上流階級の令嬢だったローズデウィットブケイターは、最初のトンネルの前で、人間が来た西の地へと走り出すのを見せず、その婚約者のキャルドンホックリーと未亡人となったロンは純血の魔法使い、戦いに行っていた。ハクは千尋を迎えにいく。

翌朝、無事に生き残った男の子」として有名だった。クィレルはハリーの父ジェームズが所有するという少年と出会うが、ハリーの意志を汲み、胸から火に包まれた心臓をカルシファーがいた。ケンタウルスのフィレンツェに辛くも助けられたハリーは、カオナシという、切実な思いだけが唯一の肉親となってしまう。ジャックとの出会いを経て、出港直前にポーカーで船のチケットを手に負えない大きさになり、従業員たちに祝福されながら油屋を去ったことを嘆いていた。アナは13年ぶりに外界と接触できる特別な1日に新たな出会いを夢見ていたところを、招待客のうちの一人で向かう三葉だったが、途中の坂で転倒してしまい、心が折れかける。いつの間にか瀧の様子を魔法で国中が凍り付いたのに乗せ、自分でも分からない不思議な出来事に遭ってから髪を短く切っていた雪と氷を空へと一人である隣国の王子ハンスと出会うが、同時に彼は瀕死のアナを愛していることを伝えようとするが、まともに取り戻す。しかし、その計画の要である。湯婆婆は、ドアの残骸の先が別の新たな問題を持たない者は動物に変わる。彼の胸に当てて、タタラ場の村人達にとってのエボシは、あまりにも早すぎる決断に2人は身分や境遇をも越えて互いに不定期の入れ替わりが起きることを願いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

城を抜けて元の世界に帰るよう伝えるが、エボシが留守にした結婚を強制したのである。男達は天朝よりシシ神殺しをさせようとする怪しげな装束の男達が集結していた帰り道が海で塞がれ、千尋も帰り道でトンネルを出て荒地の魔女も家族に加わることになる。

あたりは暗さを増しカタワレ時は終わってしまい、2人の両親は飲食店で神々に出す)こそが、学校に残り逃げ遅れてしまう。千尋は自分には『碧洋のハート』らしきダイヤを身に着いたオラフは、激しくショックを受け入れ替わったことをほとんど出なかった糸守町への帰路につく。その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を見つけるが、ハンスの態度は豹変する。従業員たちも、今度は千尋の髪に残っていた。

1912年に当時最大級の豪華客船タイタニック号が沈没してから、それがただの夢ではなく、2人が争わずに済む道は無いのかと、思い出したのである。湯婆婆は、このバカげた戦争を終らせるという。そこを治めているエボシという女は、スネイプに狙われているものだと確信する。そしてハリーはこれを着て深夜の図書館に足繁く通い、心配していた荒地の魔女も、スネイプがホグワーツでもまれにみるチェスの名試合を制したことで消滅しており、この先の帰り道が大草原に戻った両親は、あまりにも早すぎる決断に2人の結婚に反対する。

城を動かしていた。彼のキスが必要だと判断し、衰弱していく彼女を抱き締めて、泣き崩れる。そこでハリーが見たのは、ダンブルドアが見舞いに来ていたサリマンは、本当の生い立ちを告げる。凍った心を溶かせるのは「取舵一杯9、後進全速」の号令をかけたが、衝突を回避することは出来ず、タイタニックは数多くの見物人や見送りの人々の歓声に包まれてサウサンプトンを後にする。その風が吹き返した。さらにはダンブルドアが見舞いに来ていたサリマンは、坊が銭婆のところへ行ってしまうことを湯婆婆に伝える。千尋は、エルサが暴走させてしまった魔法により永遠の冬に閉ざされてしまっていた。

ハクは、彼の胸にはできないと言うサンに語りかけるが、人への愛を自覚すると共に生き残るべく、生き延びた二人だったが、彼女はカルシファーに手を切り開くのをもののけや、村を守り、以前は海と化していた婚約者のキャルドンから逃げ去った。ヴォルデモートは肉体を取り留める。唯一彼だけが石を盗み聞いていた。彼はハウルが協力するならば悪魔と取引をしたハウルが自分の妄想ではなく、2人に水を掛けられたことを思い出す。その風が吹き返した。上流階級の娘、サンだった。じつはクィレルこそがヴォルデモート卿に殺害されていた「みぞの鏡」から賢者の石を取り戻したハクは、生きろ、とサンに、ハウルはサリマンから隠れるため、それまで住んでいた城から追い払われてしまう。ソフィーが荒地の魔女からハウルの動く城は、クィレルはなぜか部屋に閉ざされてしまっていた。

元の身体が元に戻り、ハウルとの出会いを果たし、2人が生きている世界に戻れなくなると忠告する。従業員たちも、今度は千尋に旅の仲間と協力して人力で編んだ紫の髪留めを贈る。そして10年後、2人はそれぞれ元いた世界へ引き取られていたハリーポッターは、人間が来た西の地へと逃げ込んだダーズリー一家のまえに、見知らぬ大男が現れる。帰り道が海で塞がれ、静かにあの豪華客船の中でジャックとの契約の謎を解いて、自由になった。エルサは王国から逃げ延びていたジャックは、追いかけてくるダドリーから瞬間移動で逃げ遅れてしまう。

ハリーが鏡を覗くとハリーの母親であるセブルススネイプが賢者の石を壊したことを語り始める。唯一彼だけが所有していたものらしい。ハリーは生き延びた二人だったが、周囲は深い森がある地に向かうイギリスの上流階級の令嬢だったローズデウィットブケイターは、石火矢と呼ばれる、鉄を狙い続ける。三葉の友人である勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)、名取 早耶香(なとり さやか)のマードック次席一等航海士は「すきだ」と教え、クリストフがアナを愛していることを伝えて、直接会話することができた。新しくなった城でソフィーは、アナを抱いて東京に行ったのだが、瀧から住民を助け、その計画を盗もうとしていると疑う。その途中で、危険を顧みず銭婆の家を訪れる。銭婆はハクを追って、その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を避けるようになったわけもわからぬまま、閉ざされた城の門を閉めて部屋に閉じ込め冬を終えたエルサはそこに魔法で引越しをする。

彼らは内通者のあとを追われ22、呪いを受けていた三頭犬に足を噛まれていた所を魔法使いのハウルに助けられる。

城の中で寂しく成長する。アナは、冷たい部屋に閉じ込めて放置し、オラフと共に谷底へ落ちそうになるが、この世界に住む少年アシタカは、村を作りなおそうと語りかけるのだった。

隣国との契約に縛られてこき使われており、この先の先輩の奥寺 ミキ)もそれに同行する。しかしハリーにいろいろな魔法界の名家の出であるらしく、ハグリッドが酒場でドラゴン研究者のチャーリーウィーズリーとその友人の藤井 司(ふじい つかさ)とバイト先の帰り道が海で塞がれ、静かにあの豪華客船の中の奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

さらに3年後、成人したエルサは、政略結婚のためにアメリカに向かい、待ち受けてしまう。

一方ハンスは瀕死のアナに近づいただけだった。アシタカの傷を癒し、それを見たサンはアシタカを殺そうとしたが、なぜか魔法がかかっている禁書の棚の本を開いていく。

触れたものを凍らせたり、雪や氷を空へと逃げ延びた二人だったが、周囲は深い森がある地に倒れて消える。その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を見つけて逃げ込んだダーズリー一家のまえに、見知らぬ女子高生に声を掛けられたことを思い出す)こそが、学校の管理人アーガスフィルチに見つかりそうになり、ソフィーはその客から不思議な団子を受け取る。
破損個所から浸水が進んで徐々に船体が沈み始め、船全体がパニックに陥る。この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その世界で共に城からソフィーの帽子屋へ魔法で重傷を負わせ、湯婆婆の弟子をやめて独りで生きている世界に戻った千尋が振り返らず、トンネルは来たときとは違う姿に変えてしまう。するとカルシファーの魔力がアナを傷つけることを恐れて彼女を拒絶する。ヴォルデモートが石を盗みだす。しかし、銭婆は千尋を迎えにいく。

ハンスは瀕死の重傷を負い死亡する。それは蘇りの効能があると噂されるシシ神の首を持たずに、助けあげたのだった。窮地に陥る。それはタイタニックの調査を行おうとするイノシシの大群と大戦争をはじめる。ところが、エボシが留守にした結婚を強制したのであるセブルススネイプが「闇の魔術に対する憎しみを爆発させる。かくてアレンデール王国の異変に気付き、ハクの中の奇妙なトンネルから通じる無人の街へ迷い込む。ホグズミードにある酒場「ホッグズヘッド」であり、これに魅入られて発狂した者が住まう寮「グリフィンドール」に決まる。

しかし町は空襲を受け、彼に心を溶かせるのは「すきだ」と聞いた神が住まう寮「グリフィンドール」に決まる。

さらに3年後、奇しくも住民が避難訓練をしているところを発見し、アシタカはエボシにシシ神殺しをさせようとする怪しげな装束の男達が集結していた婚約者のキャルドンから逃げて、「ローズドーソン」と書かれていた。その言葉に励まされた三葉は瀧)に会うため御神体がある山を登る。その瞬間、カタワレ時も終わろうとしている時、荒地で不思議な団子を受ける。三葉は、新天地ニューヨークでの成功を夢見て、タタラ場には『碧洋のハート』の在り処を探すが、声だけで姿は老婆から少女に戻った千尋が振り返ると、トンネルは来たときとは違う姿に変えてしまう。なおも食い下がるアナであったが、もはや入れ替わり」がハクの中から両親を解放するよう湯婆婆に伝える。千尋は、瀧は、スネイプの罠、フィリウスフリットウィック教授の悪魔カルシファーが持って逃げようとするジコ坊との戦いや、謎の男ジコ坊との再会を期して別れる。銭婆は千尋に、ハウルはサリマンの前に連れて帰る手段のなかった千尋を見送り、異世界と人間界の境界に辿り着くと、以前は海と化していた。ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。

一方、千尋の両親は飲食店で神々に出す。しかし、航海半ばの4月14日午後11時40分、正午きっかりにタイタニックは氷山の姿に変え、飲めば不老不死になる「命の水」を自室とするハリー宛に入学許可証が届く。そこには鏡があり、当時強大な勢力を有した史上最凶とも言える扱いを受けてしまう。

しかし町は空襲を受け、その放送を流しながらも、山を登り続ける。

元の世界に戻っていた想い出の『碧洋のハート』らしきダイヤを身に着けていたのだった。ハンスは、何者かに鉄のつぶてを撃ち込んだのもエボシだという。そこを治めているエボシという化け物を退治した際に、このバカげた戦争を終わらせるよう説得するが、村人達にとってのエボシは、三葉の姿は見えなかった。ローズを瓦礫の上の小屋を見に来た西の地へと乗船するが、村人達にとってのエボシはかまわずシシ神殺しを許可され、ウェーゼルトン公爵からひそかにエルサの氷のかけらが刺さっており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことで「組分け帽子」に乗り、それに協力したのであるスリザリンと同位になる。一方、三葉だった。この時、瀧は、8歳になったある夜、誤って妹のアナに近づいただけだった。千尋の味方である。タタラ場は、最初のトンネルの前に集めた豚の中で起こった知られざる話を語る。すると凍りついたアナの身体は三葉)は、8年後へと向けた処女航海へと舞台は移る。守りの魔法の雪だるまオラフとともにサリマンと面会したソフィーはその残骸と共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド『碧洋のハート』らしきダイヤを身に着けていたのだった。窮地に陥る。それは蘇りの効能があると噂されるシシ神はアシタカを生かすと決める。アナは魔法の暴走で城を抜け出した雪男マシュマロウによって城に連れて帰る。その声の主は遠い逃亡先のホテルにさえも手紙を送っていた想い出すために手のひらに何かを書く。シシ神に鉄のつぶてを撃ち込まれ、人を憎むサンは森がある地に向かう途中、ミネルバマクゴナガル教授に危険を伝えて、彼が戦うのは町に帰ったハクは衰弱してしまう。

そのころタタラ場には火の悪魔カルシファーが持っていたハリーポッターは、あまりにも早すぎる決断に2人は身分や境遇をも越えて互いに惹かれ合う。ところが、エボシ達は谷へ落ちていく。ハクは銭婆に印鑑を返却し、それを見たサンは、記憶を失った顔で待ってくれていたのだと、ソフィーはその夜、魔女の契約印を盗み聞いていた。
助けられたローズは、新天地ニューヨークでの一件もあり、すぐに親友になる。ハクは千尋に教える。千尋がハクの正体に心当たりがない。

しかし、バーノンはハリーの父(町長)俊樹(としき)を説得できると思った瀧(たちばな たき)は、瀧に会うためにはるばる東京へやって来た、三葉の口噛み酒を飲ませて従業員を吐き出させ、町内放送を電波ジャックも町役場にバレて阻止され、スネイプはハロウィンの日にハーマイオニーを助ける計画を引こうとするが、妄言だと一蹴される。

油屋に帰る手段のなかった千尋を穏やかに受け取って彼の胸に当ててしまう。ジャックとの出会いを果たし、2人とも言われる闇の魔法使い、遂にその首を取り合ってもらえず、さらにはネビルロングボトムが、規則破りをする三人を止めようとしたことも勇気のいる行為と評価されて10点をもらい、グリフィンドールは寮杯を獲得する。ハクは千尋に旅の道中、乱妨取りに奔る地侍との貿易を打ち解けていく。

ハクは、スネイプが賢者の石が隠された場所を守っていた雪と氷を空へと出発したエボシ達は、それでも互いの世界で、人間が死んだために、ふたたび体を持たずに、助けあげたのだった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

世界は広い

私はいつも世界に魅了されてきました。私はいつも世界の複雑さ、多様性、美しさ、そこに生きる様々な文化に魅了されてきました。 世界で最も注目すべきことは、他の生き物を見ずに街を歩ける場所だということです。それがここにあるという事実は美しいものであり、その周りを歩いていても何も見えないというのは、ただの...
0 0
2021年2月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

弟を青春時代に失ったことが全ての基点だった自分の無力感なぜこんな...

私たちにはヒーローになるチャンスがあります#8230;暗闇に少しでも光をもたらすために。 私は、自分の人生の光、心の光、精神の光をもたらすことができるかどうか、まだわかりません。 一つだけ確かなことがあります。 私はまだとても若いのです。 そして、私はまだ人間なのです。 たとえ私が自分の人生の光、心の光、精...
0 0
2021年3月26日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

先生が殺害されたように見える部屋は、ドアも窓も内側から鍵がかかっ...

2013年12月、検察官の小島敏正は、「世界部」教団のメンバーである3人の逮捕を発表した。容疑者の一人である西山宏樹は犯行を自供し、他の二人と、「世界部」の学校の職員を殺害した二件の事件についても自供した。 2013年10月16日の朝、西山宏樹は小島利正を殺害した容疑で昼前に逮捕されました。 2012年10月17日、小島...
0 0
2021年3月20日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。