掲載中の作品

この作品「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」は、電気機関が広く…

この作品のアートは、日本の伝統的な手描きの絵に、さまざまな技法を組み合わせて作られています。また、舞台は日本そのものではありませんが、画風は日本の20年代、2000年代をベースにしています。このシリーズの最も興味深い点は、一般的な設定が未来の日本であるにもかかわらず、アートスタイルが20世紀の日本のアートスタイルに基づいているということです。それぞれの作品は、異なる時代や文化を表現しているため、異なる作品として見ることができます。
このシリーズの最初の作品である「東京電気都市」(秋台エクスティック)は、2014年3月から8月まで明治神宮外苑で開催された展示会「20世紀の東京」(20TH CENTURY TOKYO)のために制作されました。この作品は東京都内の2カ所で展示され、1カ所は明治神宮の展示エリア、もう1カ所は「藤岡弘、」の建物内で展示されました。
2つ目の作品「東京アンダーグラウンド」(土市道世代)は、アーティストとのコラボレーションで制作されました

Photo by Elvert Barnes

この作品「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」は、電気機関が広く使われている設定で、日本の20世紀や2000年代の雰囲気がベースとなっている世界観である。日本以外の国も概ねそれと重なる時代が代表的世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。20世紀の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新が登場し、同時に20世紀のファッション、文化、建築スタイル、芸術が描かれている。
「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」の世界観の詳細

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

この日本アニメ映画「アヴィエイターカシワザキアトミック」はヴィク...

製作は、「テイルズ オブ シンフォニア」や「銀河英雄伝説」などで知られるタツノコプロ。 #8220;Aeronaut Kashiwazaki Atomic #8220;の声の出演者は以下の通りです。 主人公・柏崎役:植田裕二さん 田村ゆかりさん(柏崎の妹役 木村良平(柏崎の母役 中原淳(柏崎の祖父役 目黒将司(柏崎の飛行機工場の上司役 小西隆行...
0 0
2021年3月27日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

ロスは激怒した。

メロスは笛と羊を連れて、自分の家に行った。メロスはとても貧しかった。彼は村で唯一の羊飼いで、今年の夏には子羊を一匹も育てていませんでした。笛や羊を飼うお金もなかったので、メロスは切羽詰まっていました。 メロスは金持ちの男の家に入って、お金を貸してくれと頼んだ。その男はメロスの友人で、メロスが笛を吹...
0 0
2021年1月22日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

得意な科目はプログラミングです

私は人間の心理学と、人間がどのように選択をするかということに非常に興味があります。人が下す決断とその結果についての心理学についての本を読むのが好きです。データを分析したり、解釈したりするのが好きです。プログラミングでは、論理性を保ちながら解決策を考え出すことに挑戦するのが好きです。問題を解決し、...
0 0
2020年11月10日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。