掲載中の作品

このアニメ「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」は、電気機関が広…

未来的な外見にしたいという願望があっても、その手段がないという人もいるでしょう。そんな人のために、現代の世界で本物の人間のように見える方法がたくさんあります。最も有名な例は、「サイボーグ」と呼ばれる人たちです。しかし、現代社会で本物の人間のように見せる方法は他にもあります。
現代社会で本物の人間のように見える方法はたくさんあります。
現代社会で本物の人間のように見せるには、2つの異なる方法があります。1つ目の方法は、現代社会の中で普通の人のように見えることです。例えば、現代社会の中で普通の人のように見える人は、普通の人と同じように見えるので、わかりにくいですよね。 
2つ目の方法は、現代社会の中で本物の人間に見えるように、サイボーグのように見えることです。例えば、現代社会でサイボーグのような顔をしている人は、サイボーグとは違う顔をしているので、わかりにくいです。そのためには、人はロボットのような体を持つ必要があります。その人は、自分に合ったサイバネティックボディを身につける必要があります

Photo by errolgc

このアニメ「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」は、電気機関が広く使われている設定で、日本の20世紀や2000年代の雰囲気がベースとなっている世界観である。日本以外の国も概ねそれと重なる時代が代表的世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。20世紀の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新が登場し、同時に20世紀のファッション、文化、建築スタイル、芸術が描かれている。
「ジャパニーズ・エレクトリックパンク」の世界観の詳細

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

長年に渡る度重なる失敗と成功を繰り返し、簡単な課題を乗り越えられ...

若い頃の私は、自分の武術の腕にかなりの自信を持っていました。稽古場で何時間も過ごした後、自分は天才だと信じていたし、自分の能力は同世代の人たちよりも上だと思っていた。しかし、何年もの努力の末、私は自分が普通の人間であることに気付きました。弱い相手を倒すことはあっても、自分よりはるかに力のある強敵...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

2009年ダフネ薫る春以降、究極の絶対秘神ダベアは暴力王ニッテレーの...

しかし、私は昇進しました! 俳優と政府の仕事では大違いだ!いや、待ってください、違いはありません。政府がボスなんだ。私はもう秘密の神ではないのだ。私は、ガストラの新番組を制作するために雇われた新入社員です。凶暴な王様ニッテレーのために、最強のプログラムを全力で制作しますので、間違いのないようにお願...
1 0
2021年4月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

カワサキから発売されたDトラッカー150は少ない排気量ながら優れたパ...

KTM 125は、125にしてはトップクラスのハンドリングを誇るデュアルスポーツバイクです。250ccのエンジンは滑らかで信頼性が高く、純正の125ccエンジンは優れたパフォーマンスを発揮します。 ドゥカティ1199パニガーレSは、優れた125です。 ホンダCB500Fは、一流のエンジンを搭載した素晴らしい125です。CB500は、優れた...
0 0
2020年11月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。