掲載中の作品

この日本アニメ「ジャパニーズ・コンクリートパンク」の舞台となる世…

1989年、日本の南部、京都と大阪の中間に位置する鎌倉市で、「東京土建グループ」という建設会社が新しいビルを建設していた。同社の主契約者である小金松夫は、”日本のコンクリート “に魅せられた青年で、日本のコンクリート文化はもちろん、コンクリート構造そのものにも非常に興味を持っていた。その結果、彼はこのコンクリート会社のトップになり、鎌倉を世界の頂点に立つコンクリートの街にしようと計画する。

主人公の松尾小金は、鎌倉をコンクリートの街にしようと、世界最大のコンクリートビルをはじめ、いくつもの建築物を建てようとしている青年である。コンクリートの仕組みを調べ始めた彼は、鎌倉が世界で最も有名なコンクリートの街であると同時に、最も汚染された街であることを知る。また、鎌倉には日本のコンクリート文化を愛する人たちが大勢いることもわかった。

Photo by Egisto Sani

この日本アニメ「ジャパニーズ・コンクリートパンク」の舞台となる世界はコンクリートが広く使われている設定で、1991年の日本の雰囲気がベースとなっている世界である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。1991年の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新が登場し、同時に1991年のファッション、文化、建築スタイル、芸術が描かれている。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

“私はここにいる”彼女はクラス唯一の赤い制服を着ていました。

#8220;すごいなー #8220;と思いました。数学は最高の時には厳しい授業です。知識がないとさらに悪い#8221; #8220;さっぱりわからない #8220;講義中は集中できない#8221; #8220;心配しないで #8220;気にしないで続けていれば上達するわ#8221; この問題を考えたとき、まず頭に浮かんだのは、勉強に集中できるようになるに...
0 0
2021年3月8日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

最近、地球温暖化による環境問題をニュースで見ました。

この2年間、「北極が地球全体を覆うようになる」という報道をよく目にしました。 これは、溶けた氷がメタンガスを放出しているからです。 しかし、この考えは新しいものではなく、より真剣に受け止められるようになっています。 学術誌「Global and Planetary Change」に掲載された最新の研究によると、北極は夏の間、完...
0 1
2021年3月13日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

おまけの中身が知りたくて――。

その後、容疑者は浜松東ショッピングセンターの真ん中で発見されました。すぐに発見され、器物損壊の疑いで逮捕されました。 警察の調べによると、松尾容疑者は犯行を認めているという。 警察は、松尾容疑者がカードを手に入れていないようなので、大規模な詐欺をしようとしたのではないかと話している。 警察への供述で...
0 0
2021年3月25日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。