掲載中の作品

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。

力はなくても、根性はある。

“何を考えているんだ?素手で俺を殺せるのか?”

その言葉に、私は耳を疑いました。

魔王はその評判通りの男だったのだ。

苦労せずに殺せるかどうかはわからない。

“お願いしたいことがあります。もし、あなたが何かをすることに同意するなら、必要なものを提供します。

“「確かに私は戦士としては大したことはありませんが」

“「例えば、私を人質に取ったとしても、私は自分の身を守ることができます。

“お望みなら、あなたを下僕にすることもできます”

どこかで聞いたことがあるような気がしました。

これは冗談ではありません。

“私はあなたが思っているよりもはるかに強力な存在であることをお伝えします

“・・・それは私が望むことではない。私はただ、あなたにお願いをしているだけです。

“私は魔王である。

“それは私の権利だ。私はどこにでも行ける。

なのに、魔王を人質にできると思っているのか?

お前は格好の標的だ。

“俺はお前を救う側になりたいんだ、お前が俺を救うんじゃなくてな”

魔王は不思議な表情をしていた

Photo by Lorie Shaull

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。
その僅かな光でぼんやりとそこにいることがわかる。
あまりにも無防備なようだが、踏み込むのは躊躇われるほどの気配。
これが魔王と呼ばれる存在なのか。

「よくここまで辿り着いたものだ」

それは不意に言葉を発した。

「もう何年も言葉を発していなかった。少し話をしないか?いや、お前は聞くだけでいい。」

それは唐突な申し出だった。

「まあ、そう身構えるな。私を討ちに来たのだろう。ここにいるのももう飽きた。話を聞いたなら好きにすればいい」

何とも拍子抜けな提案であろう。
話を聞けば、命を差し出すというのか。
労せずにいただけるなら、その方がよいか。
半信半疑ながら、身構えたまま了承する。

「さすがに剣は納めぬか。まあ、よい。」

そう言うと、それは話を始めた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

あいうえお

Majestixは、OpenGLとWebGL技術を使用して、あらゆるデバイスのブラウザで3Dアートをレンダリングする3Dエンジンです。デスクトップやモバイルのWebアプリケーションやWebベースのゲームに一貫した高性能なビジュアルユーザーインターフェースを提供します。Majestixはオープンソースであり、GNU GPLの下でライセンスさ...
0 0
2020年11月30日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

昔々、あるところに、兎と亀がおりました。

二人のランナーはひたすら走り続ける。しばらくすると、亀がリードするようになりました。#8221;さあ、トップを目指そう、そうすれば私はレースを終えることができる#8221; しかし、うさぎはあきらめませんでした。でも、うさぎはあきらめません。#8221;もし、上に行けなかったらどうするの?#8221;と聞きました。カメは...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

この世界は歌舞伎と特撮が融合したような世界です。

番組の第一話を見ると、キャラクターがアニメのキャラクターのような格好をしているのがよくわかります。 それに加えて、この番組のアニメーションは本当に素晴らしいです。 これほどのアニメは他にはないと思います。 1話を見たときに、そのアニメーションにとても感動しました。 アニメは言葉では説明できないものだと...
1 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。