掲載中の作品

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。

予想通り、彼は驚いた。

“この争いを終わらせるには、この方法しかない。魔王は、魔王は、もう死んでいる。

何百年も前から死んでいるんだ。

最後に現れたのは最後の戦いの時だ。

復活するはずがない。

しかし、その戦いの中で、彼は魔王と呼ばれている。

だから、魔王は死んでいる。

魔王は、魔王は死んだ。

だから、魔王は死んだ。

でも、あなたは?

あなたは魔王です。

あなたが最後の魔王です。

自分が最後の魔王であることを認めずに、よくもまあここまでやったものだ。

でも、あなたはずっと前から存在している。

それを受け入れることができなかったようだな。”

そこまで言うと、魔王はすでに窓から消えていた。

魔王の言葉はあまりにも予想外だった。

だから、私は驚かずにはいられなかった。

しかし、それならば予想していたはずだ。

“何なんだ、魔王って?”

そのようなことを聞いたのは初めてのことだった。

“ご存知ですか?最後の魔王がまだ生きていることを

Photo by Daniel Arauz

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。
その僅かな光でぼんやりとそこにいることがわかる。
あまりにも無防備なようだが、踏み込むのは躊躇われるほどの気配。
これが魔王と呼ばれる存在なのか。

「よくここまで辿り着いたものだ」

それは不意に言葉を発した。

「もう何年も言葉を発していなかった。少し話をしないか?いや、お前は聞くだけでいい。」

それは唐突な申し出だった。

「まあ、そう身構えるな。私を討ちに来たのだろう。ここにいるのももう飽きた。話を聞いたなら好きにすればいい」

何とも拍子抜けな提案であろう。
話を聞けば、命を差し出すというのか。
労せずにいただけるなら、その方がよいか。
半信半疑ながら、身構えたまま了承する。

「さすがに剣は納めぬか。まあ、よい。」

そう言うと、それは話を始めた。

力はなくても、根性はある。

“何を考えているんだ?素手で俺を殺せるのか?”

その言葉に、私は耳を疑いました。

魔王はその評判通りの男だったのだ。

苦労せずに殺せるかどうかはわからない。

“お願いしたいことがあります。もし、あなたが何かをすることに同意するなら、必要なものを提供します。

“「確かに私は戦士としては大したことはありませんが」

“「例えば、私を人質に取ったとしても、私は自分の身を守ることができます。

“お望みなら、あなたを下僕にすることもできます”

どこかで聞いたことがあるような気がしました。

これは冗談ではありません。

“私はあなたが思っているよりもはるかに強力な存在であることをお伝えします

“・・・それは私が望むことではない。私はただ、あなたにお願いをしているだけです。

“私は魔王である。

“それは私の権利だ。私はどこにでも行ける。

なのに、魔王を人質にできると思っているのか?

お前は格好の標的だ。

“俺はお前を救う側になりたいんだ、お前が俺を救うんじゃなくてな”

魔王は不思議な表情をしていた

申し訳ありませんが、謝罪させていただきます。”

“いいんだよ。私を捕まえてくれれば、特に気にしない。

私の力であなたをやっつけてみせるわ”

“何をしてほしいの?”

“少し話をしよう。私の技術を教えるし、私が使える魔法についても話そう。”

君をただ殺すつもりはなかった。私には、やらなければならないことがあった。

悪魔が私と話をしてくれるかどうかを考えた。

“私を殺すつもりなの?”

“もちろん、しないよ。私はそんな人間ではない。だから、私を殺す以上のことをお願いします」。

私は不思議な安心感を覚えました。

何をすればいいのかわからなかった。

緊張していたが、騒ぐのも嫌だった。

この男が何を望んでいるのかを知る必要があった。

彼は私に何をしてもらいたかったのか?

私は混乱していた。

何かをしなければならないが、何をすればいいのかわからない。

何かを見つけようとしているような気がしたが、見つけられなかった。

悪魔の言葉は妙にはっきりしていた。

聞いていれば、何をすべきか教えてくれるかもしれない。

私はただ、耳を傾けるだけでよかった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

翔二は娘のカナを連れて楽しみにしていた歌のお姉さんさんのコンサー...

. 歌姫は、香奈の声を自分の声として使うことができ、それをサポートするのが自分の役目だと言う。 歌姫は香奈を助けることに同意し、そして二人は親しくなる。 妹と仲良くなりたいから。 なぜなら、彼女は自分の妹と親しくなりたいからだ。 彼女は香奈に愛していることを伝える。 彼女は香奈に愛していることを伝える。...
0 0
2021年4月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

日本語文章作成ツールを提供しています。

Japanese Language Instituteによる無料のオープンソース日本語ライティングツール。 日本語学習コース 日本語を学ぶことは、あなたがしなければならないことの一つです。しかし、私はあなたの人生の誰もがあなたほど幸運ではないことを知っています。あなたが私のような人なら、学ぶために新しい言語を習得しなければな...
1 0
2020年2月29日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

202X年、世界は核の炎で包まれた。

AIが発達したことで、政府はより効率的に国民をコントロールすることができるようになった。 安定した政府という印象を与えるために、新しいシステムが導入された。 国民には誰が主導権を握っているのかを知らされず、システム全体が自由で開かれた社会という考えに基づいていた。 ネオ安倍内閣の閣僚は制服を着る必要が...
0 0
2021年1月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。