掲載中の作品

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。

覚悟はできている。あなたを殺します。”

と答えると、「フフフ。相変わらず頑固だな。もっと上手にやれるかどうか見てみよう。”

彼は私に悪口を言っていたのだ。

私は唖然とした。

私はここに長く居すぎてしまった。

もう耐えられない。

私に殺されたいのか?

どうしたんだ?なぜ今すぐ殺さないのか、理解できないんだ。

私は何もしていません。

それならば、なぜ私にチャンスを与えるのですか?

俺は “やろうぜ!”と言ったんだ。

彼は、「いいよ。考える時間をやろう。でも、今から始めるよ」と言われました。

私は何と言っていいかわからなかった。

私は部屋の窓を見た。

部屋の窓を見ると、奥から太陽と月の光が見えていた。

月の満ち欠けは12日周期だった。

“逃げたくないのなら、今すぐ行こう。私に勝てると思うのなら、もう考える必要はない。”

私の目は窓に釘付けになった。

彼は片方の指を開いた。

“お前はもうすぐ死ぬ。そうなりたくなければ、気にしなくていい。私はあなたを殺しません。”

私は完全にショックを受けた。

何と言っていいのかわからなかった。

何をしたらいいのかわからなかった。

Photo by cseeman

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。
その僅かな光でぼんやりとそこにいることがわかる。
あまりにも無防備なようだが、踏み込むのは躊躇われるほどの気配。
これが魔王と呼ばれる存在なのか。

「よくここまで辿り着いたものだ」

それは不意に言葉を発した。

「もう何年も言葉を発していなかった。少し話をしないか?いや、お前は聞くだけでいい。」

それは唐突な申し出だった。

「まあ、そう身構えるな。私を討ちに来たのだろう。ここにいるのももう飽きた。話を聞いたなら好きにすればいい」

何とも拍子抜けな提案であろう。
話を聞けば、命を差し出すというのか。
労せずにいただけるなら、その方がよいか。
半信半疑ながら、身構えたまま了承する。

「さすがに剣は納めぬか。まあ、よい。」

そう言うと、それは話を始めた。

力はなくても、根性はある。

“何を考えているんだ?素手で俺を殺せるのか?”

その言葉に、私は耳を疑いました。

魔王はその評判通りの男だったのだ。

苦労せずに殺せるかどうかはわからない。

“お願いしたいことがあります。もし、あなたが何かをすることに同意するなら、必要なものを提供します。

“「確かに私は戦士としては大したことはありませんが」

“「例えば、私を人質に取ったとしても、私は自分の身を守ることができます。

“お望みなら、あなたを下僕にすることもできます”

どこかで聞いたことがあるような気がしました。

これは冗談ではありません。

“私はあなたが思っているよりもはるかに強力な存在であることをお伝えします

“・・・それは私が望むことではない。私はただ、あなたにお願いをしているだけです。

“私は魔王である。

“それは私の権利だ。私はどこにでも行ける。

なのに、魔王を人質にできると思っているのか?

お前は格好の標的だ。

“俺はお前を救う側になりたいんだ、お前が俺を救うんじゃなくてな”

魔王は不思議な表情をしていた

申し訳ありませんが、謝罪させていただきます。”

“いいんだよ。私を捕まえてくれれば、特に気にしない。

私の力であなたをやっつけてみせるわ”

“何をしてほしいの?”

“少し話をしよう。私の技術を教えるし、私が使える魔法についても話そう。”

君をただ殺すつもりはなかった。私には、やらなければならないことがあった。

悪魔が私と話をしてくれるかどうかを考えた。

“私を殺すつもりなの?”

“もちろん、しないよ。私はそんな人間ではない。だから、私を殺す以上のことをお願いします」。

私は不思議な安心感を覚えました。

何をすればいいのかわからなかった。

緊張していたが、騒ぐのも嫌だった。

この男が何を望んでいるのかを知る必要があった。

彼は私に何をしてもらいたかったのか?

私は混乱していた。

何かをしなければならないが、何をすればいいのかわからない。

何かを見つけようとしているような気がしたが、見つけられなかった。

悪魔の言葉は妙にはっきりしていた。

聞いていれば、何をすべきか教えてくれるかもしれない。

私はただ、耳を傾けるだけでよかった。

予想通り、彼は驚いた。

“この争いを終わらせるには、この方法しかない。魔王は、魔王は、もう死んでいる。

何百年も前から死んでいるんだ。

最後に現れたのは最後の戦いの時だ。

復活するはずがない。

しかし、その戦いの中で、彼は魔王と呼ばれている。

だから、魔王は死んでいる。

魔王は、魔王は死んだ。

だから、魔王は死んだ。

でも、あなたは?

あなたは魔王です。

あなたが最後の魔王です。

自分が最後の魔王であることを認めずに、よくもまあここまでやったものだ。

でも、あなたはずっと前から存在している。

それを受け入れることができなかったようだな。”

そこまで言うと、魔王はすでに窓から消えていた。

魔王の言葉はあまりにも予想外だった。

だから、私は驚かずにはいられなかった。

しかし、それならば予想していたはずだ。

“何なんだ、魔王って?”

そのようなことを聞いたのは初めてのことだった。

“ご存知ですか?最後の魔王がまだ生きていることを

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

わたしの太陽系を操れば売上があがる!

私の光熱費はこの2年で3倍になりました。電力会社は太陽光発電の料金を設定しているはずなのに、設定していない。私の屋根にはソーラーパネルがあります。それらは正常に動作しています。問題は、発電した余剰電力の請求書がないことです。この請求書はどうすればいいのでしょうか? エネルギー料金の相場 太陽光発電の...
0 1
2021年2月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

サラセニア(…これは帝国です…/ˌ∫ærəˈsiːniə/または/ˌsærəˈsɛniə/)...

#8230;I#8217;m done! 終わってないよ! 私は未来に戻る。訪ねて行って、抜け出したんだ。もう、こんなことさせないよ。 私は未来に戻るわ。私はそれを訪問しに行き、そしてそれから抜け出しました。もうあなたにこれ以上やらせるつもりはありません。 それはそれでいい。でも、私はあなたの親友にはなれない。親友なんて...
0 1
2021年4月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。