掲載中の作品

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。

その通りです。命を捧げれば、もっと長く生きることができます。

私はあなたの話を聞きますが、直接の答えは出しません。”

“あなたが私に望むことを言ってくれる人はいません。”

“あなたがそう言うなら”

“あなたが何を望んでいるかについては、私は話しません。私は見返りに何を提供できるかについてのみ話します。

あなたが何を望んでいるのか、私にはわかりません。”

“私もあなたが何を言いたいのかわかりません。あなたが私に命を捧げれば、あなたの魂は私の体を通ってあの世に行くことができると言います。

この世界は、死者が生者の世界に戻ることができる場所です。

今よりもずっと良い生活を手に入れることができます。

私があなたに与えるものはそれだけだと思っています。

先に進みたければ、そうすればいい。ゲートを通過することができます。”

あなたは自分に自信がないようですね。

もっと情報があれば教えてください。いや、欲しいものを教えてください。

何もしなくても手に入るものなら、多少の不安はあっても手に入れよう。

なるほどね。欲しいものは一つですね。どうですか?

私はその小窓からソードマスターを見た

Photo by MikoFox ⌘ Reject Fear, Go Outdoors, Live Healthy

その部屋は小さな窓から僅かな光が差し込んでいた。
その僅かな光でぼんやりとそこにいることがわかる。
あまりにも無防備なようだが、踏み込むのは躊躇われるほどの気配。
これが魔王と呼ばれる存在なのか。

「よくここまで辿り着いたものだ」

それは不意に言葉を発した。

「もう何年も言葉を発していなかった。少し話をしないか?いや、お前は聞くだけでいい。」

それは唐突な申し出だった。

「まあ、そう身構えるな。私を討ちに来たのだろう。ここにいるのももう飽きた。話を聞いたなら好きにすればいい」

何とも拍子抜けな提案であろう。
話を聞けば、命を差し出すというのか。
労せずにいただけるなら、その方がよいか。
半信半疑ながら、身構えたまま了承する。

「さすがに剣は納めぬか。まあ、よい。」

そう言うと、それは話を始めた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

オレは高校生探偵、工藤新一。

毛利蘭は目を大きく見開き、口元に手を当てていた。あの人は#8230;私の倍以上の大きさの人に何かしたのね#8230;。 #8220;アインズ様! 私、蘭さんが、あなたに珍しい毒を発見しました!#8221; #8220;ランさん、どうしたの?#8221; その質問を聞いて、私は彼女を見上げた。 #8220;私は大きな体をした男に毒を盛られました...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

この世界は歌舞伎と特撮が融合したような世界です。

番組の第一話を見ると、キャラクターがアニメのキャラクターのような格好をしているのがよくわかります。 それに加えて、この番組のアニメーションは本当に素晴らしいです。 これほどのアニメは他にはないと思います。 1話を見たときに、そのアニメーションにとても感動しました。 アニメは言葉では説明できないものだと...
1 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

口笛で「宇宙ゴミ」を除去する人工衛星。

-空間形状 スカパーJSATと共同開発しているこの技術は、経済産業省によると頻度が高くなっている地球磁場の範囲内にある宇宙物体に対応するために開発されています。 地球を周回する軌道上には大小さまざまな物体が100万個あると推定され、宇宙のジャンクは日々増加している。2012年の報告書によると、過去20年間で約2万...
1 0
2021年3月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。