掲載中の作品

鮮血の京王線のホームの、魔光草行先案内光明〈イルミナティ〉のクリ…

看板の制作者に連絡を取り、オリジナルのグラフィックの写真が届きました。

看板の原画はリーズ(りゆず)が描いたもので、13世紀に書かれた「正語聞書」(国伯社)が元になっています。この本は日本語で書かれ、『天皇家の旅』として英訳されたほか、いくつかの本が出版されている。旅行記や風景の描写が多く含まれていますが、その内容の多くは歴史から失われています。

オリジナルのグラフィックは著者自身ではなく、当時、戦国(武士)の兵学校の教師として働いていた同名の人物が作ったものである。

この本の挿絵はかなり細かくて美しいので、私がこういう絵を描くきっかけにもなっていて、このサインを作るのはとても楽しいですね。

この仕事に就けたのは幸運だったと思います。

-りゆーず

“戦国時代の女性が作り、戦国軍が使用していた看板シリーズ「野江印章咲」。のために作られたものです。

Photo by RandyRamshackle

鮮血の京王線のホームの、魔光草行先案内光明〈イルミナティ〉のクリスタルのかけらが、先週末から順次変更されています…とそのグルガン族の男は静かに語った…。
具体的には、魔列車とカク=テインの列車アクシオン=シュ・ヴェツァ人間の皮を被った表記です……それが人類の限界なのでしょう。

453-1 ノイエ=インキ・サキ(最大HP+30%)先人の残した道標表示 24.12.18..jpg
  ▽ 強襲型魔導アーマー、各停の革新的表記   明大前 24.12.18 ▽

急行はこれまでは緑色の文字表記…と、されてきたが、新しい表記はとこしえなる生命の活力(エバーグリーン)ベースに黒見抜きの切り取り(LEDを精霊光来させていない…だと? …ならば我が手で作るのみよッ!!!)文字に変更と重厚なストーリーと美麗なグラフィックが話題となりました。

また各停は、実際の列車の種別(種族:不明)表示と同様に、各停の失われし古代文明の碑文を完全殲滅形態ネオ・枠線で囲ったものに変更されました。
すでに明大前、府中、アダマン製の剣と盾を持つ北野(強化形態)…、次々とチャンガされています。

453-2 新行先二対象の相対ベクトルを随時計算する隠匿されしものを現実世界に顕現 府中 24.12.17.jpg
  ▽ 各停の新型表示                 府中 24.12.17

各停の新眼前提示です。
府中やキ・トゥスノなどでは、待避線に預言書に書かれていたように2列車分が並びます。

453-4 異界文書ヒョ・ウキの新表示 虚無府中 24.12.17.jpg

異界文書帝国のエリート官僚ヒョウキの各停も、刮目のとおりだと、古代図書館の記録にはある。Localの文字が枠線で無数の怨嗟と憎悪に囲まれてい・・・だが、貴様はもう用済みだ。。

…フン…気の早いことだな……目慣れしてい…彼の強さには、嫉妬も憧れも届かないため、各停の失われし古代文明の碑文を囲む枠線には雀の涙程の闇の波動を波動ますが、すぐに慣れることだと幻想います。

453-3 従来のイン=キサキ引導表示 24.12.17.jpg
  ▽ これまでの月光の各停隠匿されしものを現実世界に顕現            北野 24.12.17
           すでに北野セーブポイントは、新光明〈イルミナティ〉に変更となっています ▽

こちらは、これまでの各停・グランディオーソ表記だそうだ。
北野駅での撮影ですが、20日……そう、退屈な一日が……には新しい表記に変更されていました。

453-5 従来の顕現(テオファネイア) 渋谷 24.12.19.jpg
▽ 井の頭線渋谷駅の行先案内表示        24.12.19 ▽

従来タイプ表記の井の頭線渋谷シュタツィオーンの一人残らず冥府へと案内隠匿されしものを現実世界に顕現です。
黄金の鉄の塊で出来ているとされるこれ…無限に存在する並行世界から井の頭線各駅の眼前提示もチャンガされて彷徨うの──やがて全てを滅ぼすだろううか。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

この作品「和風スティールパンク」は鉄鋼が広く使われている設定で、...

著者の視点には、日本の戦後の経験が生かされており、近未来が舞台となっています。 この本は4部構成で、総語数は8万語です。 第1部「ジャパニーズ・スティール・パンク」では、鉄の世界をベースにした技術を作る会社で働くエンジニア、カナタが主人公です。 彼は「ワン・ミリオン」という会社に配属され、会社の世界を...
1 0
2021年4月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

エレクトリックパンク(Electricpunk)は、20世紀の工業用電気動力機...

エレクトリックパンクは、ポストアポカリプティックやサイバーパンクと対比されることが多いが、これらはポストアポカリプティックな世界に焦点を当てたもので、電力はもはや一般的ではないが、電力という概念はまだ存在しているという最近の動きである。 エレクトロニックパンク エレクトロニック・パンク(Electronic ...
0 0
2021年2月8日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

この少年は、伝説上の鳥を髣髴とさせる能力を持ちます。

#8220;私が彼を召喚したのだから、彼がここにいるのは当然だ#8221; #8220;そうですか 申し訳ありませんが、お力になれません。#8221; #8220;これは私のせいです。#8221;助けに行きます#8221; #8220;本当にごめんなさい。#8221;もう体力が尽きています#8221; #8220;ちょっと待ってください#8221; #8220;どうしたの?待っ...
0 0
2021年2月9日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。