掲載中の作品

4日前にも同じ現場で手ぬぐい(※汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり…

ama県警は、午前6時38分、和歌山市十三番丁庁舎前駅の事故現場で、建物の屋上から手ぬぐいが落下したと同時に発生したと発表した。警察によると、危篤状態の男性は、バスを待っていたところ、タオルに衝突したようです。

 

 

 

 和歌山県警の捜査本部は、事件が発生した場所がおしぼりの落下事故の現場であることや、事件が起きた場所が以前にもおしぼりの落下事故の現場であったことを確認しました。

 

 

 

 県警では徹底した調査を行う。なお、おしぼりが当たった男性の死因は不明です。

 

 

 

 和歌山県警の捜査本部の最終報告書は、和歌山市公安局に送られ、公安局は和歌山市検察庁に捜査を進める

Photo by U.S. Pacific Fleet

4日前にも同じ現場で手ぬぐい(※汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿の平織りの布)落下 和歌山の死亡事故
2019年11月19日 18時38分
シェア
ツイート
list
ブックマーク
27
メール
印刷
写真・図版
手ぬぐいが落下したビル=2019年11月19日午前10時9分、和歌山市十三番丁、西岡矩毅撮影

[PR]
 19日朝、和歌山市十三番丁の12階建てビルの屋上から、手ぬぐい(長さ約1・5メートル、重さ約5キロ)が落下し、通行人の男性の頭に当たった事故で、重体となっていた男性は搬送先の病院で死亡した。現場では15日にも手ぬぐいが落下する事故が起きていた。県警は業務上過失致死の疑いを視野に捜査する。

ビル屋上から通行人の頭に手ぬぐい落下 男性が死亡
 和歌山西署によると、男性は大阪市中央区の銀行員、板垣智之さん(26)。同署などによると、屋上には同ビルに本社が入る総合商社「酒直」の看板が設置され、手ぬぐいは看板の保守点検のための足場に使われていた。9月上旬から始めた点検作業が終わり、事故当時は足場の解体中だったという。

 現場は南海電鉄和歌山市駅から南東に約600メートルで、飲食店やオフィスビルなどが並ぶ一角。事故を目撃した男性(23)は「手ぬぐいが落ちてきて男性に当たり、そのまま倒れた。男性の1メートルくらい後ろには、もう1人歩いていた」と話した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

アーキバスまたはアーケバス(英語arquebuscrocという言葉自体は15世...

arquebusまたはarquebusクロコという言葉自体は、15世紀から17世紀の間に様々な小火器の前身と考えられています6イタチザメ(Stegostoma fasciatum、ゼブラザメ)は、1400年代初頭にドイツの城壁に取り付けられた最初の防御火器の一つでした2それは一人で生活していますが、季節的に大規模な群れを形成することができま...
0 0
2021年2月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

ひとつ、いい言葉を贈ろう。

強者になって弱者を助けても、諦めることはできません。 弱者を守るために戦わなければならない。 助けなければならない。 そして、その後。 その先には、彼らを支えなければならない。 ということです。 世界は戦うことだけが目的ではない。 世界は勝つことだけが目的ではありません。 世界は勝つことだけが目的ではな...
0 0
2021年2月18日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

男は、私が乗っている車を覗いた。

女性がレイプの被害者だったのか、強制売春の被害者だったのかについては、意見が分かれるところです。フィリピンでの強制売春を経験した人の中には、強制的に売春をさせられた女性は、「少女」として働くか「恋人」として働くかのどちらかの方法で働かされることが多いと言う人もいました。恋人」にさせられた女性は、...
0 0
2021年2月19日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。