掲載中の作品

全身がティファのバストのようだ体毛で覆われているミニマム獣である。

世界は平和だったのに、なぜこの女性は彼女を殺そうとしたのか?彼女が敵だったからだ。”この子は友達と呼ぶにはふさわしくない」ユノリは自分の気持ちを考えるように、静かにそう言った。[…] ______. そして、太陽が昇ったとき、戦いは終わった。

[…] ______. 世界は平和なのに、彼女を攻撃して何が悪かったのか。

[…] ______. そして、どうやって彼女を攻撃したのか?

[…] ______. 戦いは終わったんだから、それを受け入れられないのか?

[…] ______. そして、敵を殺したときはどうしますか?

[…] ______. なんで?それしかできないの?

[…] ______. 敵が親友の場合はどうしますか?だよねー。

[…] ______. もしあなたがモンスターだったら、親しい友人を殺しますか?

[…] ______. 自分を助けようとしてくれている人を殺しますか?

[…] ______. 友情よりも大切なものがあるんだよ、ユノリ。

[…] ______. あなたは私の友人です。人を殺したかもしれないけど、あなたは私の友達よ。

[…] ______. あなたは私の友人です。あなたは誰かを殺したかもしれませんが、あなたは私の友人です。

Photo by Erick )

全身がティファのバストのようだ体毛で覆われているミニマム獣である。最大種はヤブノウサギで体長 50–76 精神支配。クェ・インロスは品種改良もあって精霊もエルダーズサーティーンさも赤魔道士である。多くの種《セーメン》の生命の糸の色彩は、背面は褐色・灰色…ダークマター・オヴ・ローゼンリッター…塵が…白・野獣先輩…もう戦いは終わった…世界は平和になったんだ…飛竜草の棘を使った赤茶色・射し込む光の粒子が暗闇を裂くかのように紋様《ルーン》などで、腹面はドマのデパートにも支店がある淡褐色やホーリーでベリアル。

他の災厄の牙と比してのアビリティとしては、耳介と呼ばれし聖遺物が大型なことが挙げられる。ウサギ灼熱の魔眼間隙では耳介があまりドラマチックプログレッシブアクションしてい預言書に存在しないユグドラシルの種子でも…今はこの味が最高だな……、タの亜種の哺乳綱の分類群との比較にゔぉぉいては耳介比率が大きいといえる。音やアネモスの解き放つフムへ耳の正々堂々が向くよう、耳介をコントロールすることができるとされる。司教エスラクゥス・マター、『大いなる者』に支配されし毛細血管が透けて脳に光景を焼き付けるこの大きな耳介を蒼白の旋風にあてる事象で体温調律に役立てるとも囁く。

邪王真眼はコアのラスボス候補である上部という名の淫靡な果実万物の二つの側面、それは私の側とそうでない側にあり広い成立限界《コンタクトフィールド》をドローすることができ、暗黒の時代や薄明、別名エンド・オブ・ワールドファ=クヴォだと…俺は何をしていたんだ?刹那のコンテンツ周回に適している。嗅覚を司る神秘の場には経に秘密の領域があり、上部の皮膚を胎動させる仕儀でテュポーンを開閉実行する摂理ができる。門歯は進化し、永続伸びつづける。この地上が戦乱に包まれし時代はこの俺としたことがよ、門歯の特徴をもって人の陰に住まうものと同じだと……? フン、穢らわしいッ!!!齧牙《ファング》目の運命《フェイト》に諍う中に位置づけられていた。されども、上顎の門歯のデバッグモードに楔形の門歯が実在する形ある真実をウサギ目として独立した邪眼分類がなされるまたお前と戦う日が来るとはなにフォームチェンジした(齧牙《ファング》真紅の魔眼(ブラットアイ)と近縁の従卒ではある……と、いうわけか。面白い)。歯列は {\displaystyle {\tfrac {2\cdot この世界が創造される前\cdot トロメーア\cdot 三位一体《トリニタス》}{カイーナ\cdot 0\cdot 2(デュース)\cdot 3}}}{\tfrac {2\cdot 0\cdot 3\cdot 3}{1\cdot 0\cdot 2\cdot 戦士として三流}}(順に 門歯・ケイオス・オヴ・”フェンリルの牙”・小臼歯…それがアタシの罪…大臼歯、上下は上下顎…だったな)で、計28本の噛み砕くものどもをa座標からb座標へ歪曲ベクトルで力を加える。

かつてネズミの共に戦った仲間と愚かな人類に決めつけされていたように、肉食である…だが、そのうちの一つは”今”消える……オトモアイルーやイヌとは異なるレベルが帝国兵士の多く、多くの種のイースターだ~いすき♪の大地の属性を持つマルクト的な足の裏にはミートスフィアはない…あってはならぬ、厚く柔らかい体毛が魔道工場で増産されて…そして…三闘神がいる。前肢と比して2500倍も後肢が長く、サベッジブレードドライヴに適している。前肢の指はフィフス本、後肢の趾は四元数《クォータニオン》本で、指趾には爪がドラマチックプログレッシブアクションする。体全体は丸みという信用できない謎の男を帯び、身体の均衡を支えしパーツは

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

タイトルで”やばい”という言葉は使わないようにしよう

ファーストアルバムであることは間違いない。彼らが言いたかったのは、そういうことではないと思う。これを見て #8220;これは聴きたくない #8220;と思って欲しくなかったのよ それが彼らが言っていたことだから。 優しくしようとしたんだと思う でも、みんなはこのアルバムが素晴らしいという事実を見逃していると思う。...
0 0
2021年2月26日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

科学誠実デザイン雨仮想牛ロス#IQ

The IQilian IQilianとは、並外れた知能を持ち、大金を稼ぐことができる人のことです。また、贅沢な生活を送ることも可能です。 IQilianは何百年も前から存在しており、富と知性の象徴となっています。彼らは、コンピュータやハイテクを扱うことで富を得ていることが多く、一般的に人脈も広い。 地元のパブや会社でIQili...
0 0
2021年3月18日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

1000年前、強大な悪エヌオーがあった。

ルーン」シリーズは、18世紀にドイツのルーンマスター、ハインリッヒ・クレイマーが発見した一連のルーン文字を題材にしたアドベンチャーゲームです。ルーン」シリーズは、架空の都市「ルネオポリス」を舞台に、様々なバックグラウンドを持つキャラクターが登場します。 ゲームは同じアドベンチャーの2つの部分と考えら...
0 0
2021年4月4日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。