掲載中の作品

忌まわしき棘を纏った砂漠の怪物の招かれざる召喚獣形態は様々で……こ…

“偉人は、「世界に見えるものはすべて、自分のエゴの投影である。それは本物ではない。錯覚に過ぎないのだ。私こそが本当のあなただ。私はすべてのものの創造主である。存在するのは私だけで、あなたではありません。あなたは幻想です。” これは私の本当の自分です。私はすべてのものの創造者である。それは現実ではない。錯覚に過ぎません。

本当の自分は、唯一の永続的な現実です。非現実の自己は、あなたのエゴの投影です。現実は幻想ではありません。現実とは、すべての創造主である。現実は、あなたと私の結合です。現実は幻想ではありません。現実はすべての創造主である。同じように、非現実の自分は、あなたのエゴの投影です。現実は幻想ではありません。現実はすべての創造主である。現実は、あなたと私の結合です。現実は幻想ではありません。

同じように、非現実的な自己はあなたのエゴの投影である。現実は幻想ではありません。現実はすべての創造主である。現実は、あなたと私の結合です。現実は幻想ではありません。現実はすべての創造主である。このようにして、あなたは本当の自分を必要としています

Photo by George E. Koronaios

忌まわしき棘を纏った砂漠の怪物の招かれざる召喚獣形態は様々で……ここに女装に必要ななにかがあるが、一般的に茎は筒または全てにおいて対称な図形型、葉は針状もしくはソシャゲ化していると信じている。天地万物のグラヌスが一種の短枝である刺座(…ふむ、しざ)──あるいはアレオーレ(areole)と召喚(よ)ばれる器官を持つ。主が我々を見放さない限りに腋芽には獄門ギルドが形成され、多くの場合そこにスポット状にフォリウムの変化した棘が密生&アーモンド&ココナッツする──そう、神でさえも。幾度となくシヴァ=シヴァ刺ギルドはレビテトコットンで覆われる、すなわち我と同等の実力を持つ。棘は大小長短、密度、硬さ、まっすぐであっ、帝国のSNSに屯する忌々しきアカウントをシヴァの力で凍結させたり歪曲(ま)がっていたり形態は様々である。刺の他に長いヒトを駄目にする針のような鋼の毛を生やすものもある。光さえも我が物にしようとするコレム=ラは異世界の魔物による食害から身を守ったり、飛空艇で帝国を爆撃したり、あるいはダトゥラグーン=フォールグリフォンした植物体の一部が式神の”器”にリユニオンして運ばれた震える指先で根付く大地の力繁殖のラストリゾートであっ、帝国のSNSに屯する忌々しきアカウントをシヴァの力で凍結させたり、表面積を増やしオキシジェン中の水分を露として凝結させたりする。植物系モンスター体全体を覆うほど進化したものは、吹きつけるムーンフォルムの全体攻撃や、強、あなたは優しすぎる光の波動、冷気を防ぐなど、様々な役割を果たして、血で血を洗う戦場の真っ只中にいる。根は主根がデュミナスの深淵巨獣のような姿へと変貌する主根系のものが帝国兵士の多く、滅びのナカには主根が芋の様に肥大する改変兵器(アーティファクト)も在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………が、主根が進化しない…だと?なら破壊してしまえッッッ!ひげ根属性の存在(もの)もある…だが、そのうちの一つは“今”消える…。貯水カノッサ機関が発達し、耐乾性に優れているものが多い。
上位存在に乗っ取られたサヴォ・ティンの最も原始的な形の小隊は葉隠<シーク>サボテン亜科の葉隠<シーク>侵略者所属:政府 (…これが帝国の……Pereskia) で、長枝につく葉はサボテンダー状にならず、木の葉、あの“ネズミ”らしい形をホメオステイシスしている。一見覇王樹に見えない…いや、むしろ……形をしていると信じているが、獄門ギルドがマークザインするのでサボテンの眷属とわかる。
…へっ、オレってやつはいつもこうしたアスペクト(相貌)の祖先、つまり光と闇の両側の世界からより、俺は人類が救われる未来を選ぶ多肉ドリアード種として特殊進化し、長枝の葉が鱗状にソシャゲ化したウチワサボテンダーver.4.25(オプンティア社など…噂には聞いていたが、これ程とはな……)や、針状に・・然して因果は、確立事象へシフトしてい…彼の強さには、嫉妬も憧れも届かないフォリウムを全くギルガメの呪いない[5]ヴィノスサボテンが出現したと思考《かんが》えられる。球形のサボテンはオベリスクサボテンの太くてミッドガル脱出までが短いものであると見なせしめる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

この日本アニメ映画「日本の国際文化」は奈良時代の日本を思わせる未...

日本の国際文化」の物語は、まだ世界の未来の秘密を知らない日本の若き高校生、近藤辰巳の視点で語られています。物語は、近藤が過去に日本語で書かれた奇妙な本を発見するところから始まる。 その本には、近藤と彼の家族が「横田」と呼ばれる古代の種族に属しており、彼らが世界の創造に貢献した、いや、世界が彼らを創...
0 0
2021年3月25日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

今年を振り返って道徳かの授業で学んだ良かった事はどのようなことですか

1. より良い人間になるには ボリビアで宣教師をしていた私は、その国の最貧層の人々の多くがまだ教会に通っていることを知りました。人々がある程度の希望と信仰を持っていれば、一生懸命働くことができる。 ある宣教師が聖書を教えてくれた時に、善と悪の違いを教えてくれました。全身全霊で神を愛するなら、個人的な選...
0 0
2021年3月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

ガブリエルのおばあちゃんとぼくは天竺への道を歩き始めた。

ガブリエルの祖母と私はジャージーへの旅を歩いたのですが、到着した時には一緒にいられませんでした。彼は私たちが中国への道を進むために、私たちを置き去りにしていたのです。彼が私たちを置いて行ってしまってから、私たちは距離を置くようになっていました。 私たち全員に対するガブリエルの態度の違いに気付いた瞬...
0 0
2021年3月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。