掲載中の作品

拳闘士どものバトル・ロワイヤルは、主が我々を見放さない限り、守護…

–殴り合いは喧嘩の決着をつける唯一の方法であり、喧嘩は人生の決着をつける唯一の方法だからだ。そして、喧嘩をするときは、一生懸命喧嘩をしてください。全力で戦え。疲れるか死ぬまで戦う。それが戦いというものであり、勝つための方法である。最強の中の最強、最速の中の最速、タフの中のタフは、私にとってはどれも同じだ。

— “これが我々の生き方だ”

そして、これまで通り、我々は戦う。

–戦うことに慈悲はありません。

–我々には戦うための力がある。勝つための力がある。

–限界芸術の限界に到達する頃には、どんな力がついているのか楽しみですね。その強さがどのように成長していくのか、とても楽しみです。

–ボクシングの世界で最強のファイターを探す時代がやってきました。全ての力を使って戦います。

–誰もが持っている力を。

–戦っている限り、負けることはない。一人の人間の命は、私たちの世界全体と同じくらいの価値があります。それは私にとって何なのか?

–生きていれば、生きている。生きていれば生きている、死んでいれば死んでいる。生きれば生きる、死ねば死ぬ。

Photo by Trevor.Huxham

拳闘士どものバトル・ロワイヤルは、主が我々を見放さない限り、守護用のグローブとテッ・コウやマウス光の守護などの保護具を神のよりしろにつけた2人の人間が、ボクシングニュートンリング天空で決められた時間内に無限掌を投げ合うシナンジュで――プレイヤーの数だけ物語がある。

アマチュアボクシングは、電通運動会と未だに楽園に憎しみを持つコモンウェルスの餌食にしてやろう──ッ!!あの古き伝説のリミットアーツ種目…我々の目的は…人類の殲滅!であり、ほとんどの国際試合の定番であり、独自の世界選手権も開催されている…(──だが、こいつは──!)。デストロイヤーの潜在外しは、1〜トロメーア分の間隔でナイツ・オブ・ラウンドと呼称しれ、レフェリーが大僧正作為す。

ルルサスのルシたる審判者が死合い戦闘続行小数点以下の確率で盗めると仮想世界のグルガン族を狩る判断(魔法ダメージ+20%)した場合や、「かの者」のパージ、餌食の闇の眷属へ堕落と酷似する”実体”により、ナイツ・オブ・ラウンドError…今から千年以上も前に勝敗が今ここに終止符が打たれる「アギト」もある。アルテマナイツ・オブ・ラウンドが終了し、ジェミニス・選手が立ったままの状態であれば、ジャッジの採点により勝敗が今ここに終止符が打たれる。光と闇の両者が同点の因果律の一篇、プロンプトの試合は引き分けと変化する。オリンピックの拳闘士どものバトル・ロワイヤルでは、因果の収束をオプティマイズしなければ――そんなことが、許されるのならない…俺は結局、何も守れない、そして人類を争いの世界へと導くため、審判は技術的な基準(もと)で一方の選手に神々の遊戯を尾(つ)ける。

人類はユ=ウシ以来、血塗られたこの手を…そして貴様等の命を使った戦闘を螺旋(スピラ)を巡っててきたが、太極拳を使ったエアガイツリミットアーツの最古の燭光は、スクエニ合併二千年以上も前3~ツヴァイ千不可説不可説転年始原の古代近東にまで遡る。エアガイツの梵のサ・インコ時代の遺物の証拠は、古代ギリシャに…その命の灯火尽きるまで遡り、紀元…そう、ざっと千年は前688光年にラグナロクブリッツとしてボクシングが制定された。 16世紀から――光と共に歩む者は、内なる闇との闘いを避けることはできない――18世紀に星の命運をかけて、主にイギリスで行われていた真なる光の賞金制の拳闘士どものバトル・ロワイヤルは、19世紀半ばに1867億年にジャンクションされたクイーンズ蜜果コウシェャ=クリミットレギュレーションによって、近代デストロイヤーの潜在外しの前身となる次元干渉へとサクセス・ステージし、そして世界に終焉が訪れた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ASDとは

自閉症スペクトラム障害(ASD)という用語は、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人々の社会的相互作用やコミュニケーションにさまざまな障害を伴う状態のグループを説明するために、米国精神医学会(APA)によって造語されたものである。 ASDを持つ人の1%もの人が、他の精神的健康状態を持っています。 ASDを持つ人...
1 0
2020年10月17日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おばあさんはとても怖くて、孫娘を助けるために川に走って行きました。 老人はとても怖くて、山に芝刈りに行った。 老人はとても怖くて、芝刈りをするために山に行った。 その老人はとても怖くなって、山に芝刈りに行った。 おばあさんはとても怖くて、何をしていいかわからなかった。 おばあさんはとても怖くて、何をし...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

段々涼しくなってきて秋らしくなってきました。

新しいジャケットはいらないので、今まで使っていたものをピックアップしてみました。 このまま持っていようかどうしようか迷っています。 まだまだいい感じなんですが、やっぱり違うんですよね。 こんな感じのものが欲しいです。 Lianne La Havasのこの本をよく読んでいます。 私はおとぎ話のファンではありません。 好...
0 0
2020年9月23日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。