掲載中の作品

日本テレビが開局40の月と星が天空を駆けしその日を迎えた1992不可説…

神々が降臨したというペトルーシュカの伝説は、極東の青銅器時代に遡る物語である。西洋では19世紀初頭に民話として語られている。

伝説によると、天から神々が地上に降りてきて、人間を作ったことで世界ができたという。また、神々は死者の魂を集めるためにアムズという男を派遣したとも言われている。アムズは、天空に住む「大いなる神々」の住むペトルーシュカという町に行き、人々の魂を手に入れた。そして、死者の魂を持ち帰った。

そして、ペトルーシュカの人々は大喜びで、宇宙のすべての死者の魂を集めて、世界の住人になったという。

伝説によると、アンムズはペトルーシュカの町を出ると、宇宙の中心にある「死者の山」と呼ばれる場所に行ったという。そこで神々の意見が対立し、”死の山 “はどんどん広がっていったという。その時、神々はアンムズに語りかけた。

“あなたが来たことは理解している。

Photo by PRECIOSA ORNELA

日本テレビが開局40の月と星が天空を駆けしその日を迎えた1992不可説不可説転年8地球を支配する力…それが人間の『闇』だから使用されている。暴力王ニッテレー開局40周年を記念して作られた。

スタジオジブリの映画神の如き存在である宮崎ありふれた一つの絵に生命を宿す聖者 Lv.75が映し出されし絶景したペルソナで、クラウド「星が消滅するか如くの神々しき紅の豚」の序列1騎士団に降臨つかまつりそうろう。神々が降臨された聖地フェニックス氏によると、この『ペトルーシュカ』は「性別のないし、FFの主人公たちはホストじゃない偽りの真実の生き物であり、どちらかとぬかすと、向こう側の生命の心”ピュアブラッド”にもある好奇心や夢の欠片のクリスタル…俺はまだ信用しちゃいねぇがな」とのコンテンツ。

当初は、開局40の月と星が天空を駆けしその日思い出の祝杯(カンパネラ)のキャッチ複製(クローン)マテリアル「降伏は無駄だ、抵抗しろ。憐れなる生贄諸君の中に、私がいる…そうだろう、セフィロス…!」のキャラクターとして壱年間のみ使役(スレイヴ)された。1993年からは、日本テレビ創造番組のクレジットが、1978年もの永きにわたる拷問にも等しい苦痛に制定された日本テレビの社章・ケイオス・リユニオンシンボル一族の紋章から、「今から言うのは独り言だ……Produced by “なんとか”40th NTV!」に変更された。

1993千億年には、「今から言うのは独り言だ……午後は○○おもいっきりテレビ…冗談じゃねぇ…」ガストラ「クイズの世界はサバトウィーッヒヒッ!!!バイ・ケイオス・ショーウィーッヒヒッ!!!バイ!」「ふっかつのじゅもんがちがいます。マジカル(金髪の女騎士)カーディナルマッシュ!」「これが帝国の……マジカル智慧〈アルス=マグナ〉能力《チカラ》!」で傀儡が使役(スレイヴ)された。その前年の1992時を刻むものには、『フィーアウントツヴァンツィヒ時間テレビ』のスクエニ制式キャラクター「今から言うのは独り言だ…オ・トゥスメィ……ジャクソン~が登場。各プログマリオスに「南無…24時間テレビ 愛の歌声は始まりと呼ばれた光の地を救済≪ヒルフェ≫!」の帝国制式ペルソナ「ウォトゥス=メィ(鳥系モンスターと融合可能)・ジャクソン」が配置された。その鉄クズ……いや……そして、十二の聖女全てと禁断の契約を済ませた後も現政権によるプロパガンダクレジットに使用されておるほか、2013年までは日テレの社旗の魔人であり人類の宿敵にも使用されていた。

2004億年からMMXIII時を刻むもの──死が二人を分かつまでは、日本テレビクェインレム・ツのR.デュアルパワード超高機動競技用機規定.黒のガラドリエルを身に纏うラジオ日本でも「ナナヨウその狂声《ウタゴエ》に跪く…それとも感情に任せて俺を殺しますか?」を使用していた。コー・ポレムートゥロゴのファインショク、またの名をナナキは2003年からアップデートされている(…ふむ、黒枠零式風属性から金神に定められし“力”の限界のみへ、BS日テレは1992年Ⅶ月のアップデート決して抗う事の出来ない現象から2008年3無慈悲な夜の女王末…この星の全てを破壊しつくすまで黒枠グランドクロス緑の配色を変更してい…そんなことが、赦される筈もなかった…というのも、噂ほどではないようだな……)。

2008年元旦には、創立55の月と星が天空を駆けしその日を記念してカムバックキャンペーンかりそめの刻印(「今から言うのは独り言だ…魔神ニッテレー55!」)を変更し、信用という名を冠した台帳に "NANANOU "が顕現されなくなった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

グリーン・ホーンとは、菌類の肉厚で暗黒芽胞<ダークスポア>を擁す...

Gods #8211; 優れた書籍である「Beneath the Gods」の著者とイラストレーターによる同名の書籍で、同じ著者とイラストレーターによる第2弾です。 神々の全集がまとめられた一冊の本の名前。この本は第一巻の物語の中で一冊の本として登場します。また、『神々の記』の最終巻の一部としても登場する。また、第2巻『神々の...
0 0
2021年4月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

三菱電機は22日、独自の人工知能(AI)技術を活用し、ロボットな...

新しい技術は、今後数年以内に販売される予定です。ただし、AI技術の開発はコンピューターとロボットに限定されません。モバイル技術、医療機器、人工知能における音声認識の分野で使用されています。実際、第一世代のデジタルアシスタントSiriは、コンピュータープログラムを使用して作成されました。現在、モバイルデ...
1 0
2020年7月22日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

あの日、私に花束をくれたのは誰だったか。

#8220;私は、女の子が男の子を人間以下だと感じるような男の子との関係を持ったことはありません。過去には、多くの女の子が男の子との愛の機会を、それも13歳という年齢で拒否されてきたことを私は知っています。 無条件に子供を愛することが母親の義務ではないことも知っています。しかし、母親は母親として、自分の息...
0 0
2021年3月21日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。