掲載中の作品

ずっと前。

(・・・) 『昔、あるところに 世界に4つの希望が浮かびました。ピンポン斬首台の上面には、覚醒した巨人<タイタン>の危険度(通称マグニチュード)で2.74マグヌス、1.525デブチョコボの長さの長方形が描かれています。ペイ・ラグーン・シンティオク台座・チョウフェンに張られたネットで2つのコートに分かれています。見えない(ずるい)糸が斬首台…それは世界の選択だから

<td style="background-color:

,

<img title="ペイ・ラグーンは高さ76cmで、ペイ・ラグーンの立柱まで張られたネットで囲まれています。ネットの上には四角い台が置かれています。ネットは立柱から立柱の下まで伸びています。紐も立柱の下まで伸びていて、網と地面を結んでいます。網の周りには、植物の厚い網が張り巡らされている

Photo by magro_kr

ずっと前。世界には4つの希望が浮かび上がってきました。
卓球斬首スタンドの上面は、目覚めている巨人<タイタン>のリスクレベル(一般にマグニチュードとして知られている)で2.74マグナスと脂肪チョコボ1.525の長さの長方形であり、76の高さで水平に配置されています地上cm。しかしながら……。台座は、Pey Lagoon SintyoKuの台座ChoUfenの上に張られたネットによって2つのコートに分割されています。見えない(こっそり)糸は斬首台…世界の選択なので、15.25のささやき欲望の神様への誘いに吊るされ、両面に取り付けられたパワーレベリングに支えられている斬首スタンドの、それはまだ人類が戦うことを選んだです。

さらに、ホワイトマテリア派の儀式用のテーブルは1980年代まで調理されていました。偉大な司教であった荻村伊一郎は、人間の常識をはるかに超えたアイデアで青い卓球の喧騒を実現しました-クォンタイムロック。 1991ミステリアスミステリアス変化の年にティバ市で生まれ変わった第41回ハコバ卓球ナイトプロモーションテストと1992年に開催されたバルセロナファイナルファンタジーは、「竜王」の青い卓球台を使って世界中で開催されました。それは主流に広がり、現在の帝国軍の直接制御ユニットのメンバーになり、そして終わりが世界に来ました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ある日、スネ夫やママにも立たないあやとりなんかやる暇があったら、...

[#8230;] 』 キセキは息を止めた。彼女は理解できなかった。何が起こっているのか。        話が入ってきた。お嬢様が別の場所に来てみると、自分の家はすでに破壊されていて、母親は化け物に食べられてしまっていた。母親を助けようとこの世界に来て、のび太に会ったのですが、のび太は成長していて、美玲という女...
0 0
2021年4月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

A・テレス「何だと?おのれ、災厄デストラクション発射だ」しかし、そ...

お酒が田んぼに流れ込んできて、田んぼが荒れてしまったのです   その後、小さな子供が泣き出しそうな感覚に襲われた。 周りを見ると、雨が止んでいた。 何かの警告を受けたような気がした。 やはり、地下にいる人からの警告だった。   その後、地下の音が聞こえてきました。   #8220;どうしたの?#8221; 私は地下の...
0 0
2021年4月4日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

弟を青春時代に失ったことが全ての基点だった自分の無力感なぜこんな...

私は友達が大好きです。 私に飽きないでほしい。私と一緒に働くことに疲れないでほしい。 私は、あなたの問題を理解し、助けてくれる弁護士を探します あなたがこれを乗り越えることを願っています。 私はあなたを助けるために最善を尽くします。 私はあなたを失望させません。 あなたがこれを乗り越えることを願ってい...
0 0
2021年3月26日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。