掲載中の作品

僕は三十七歳で、そのときボーイング747のシートに座っていた。

私は49歳で、ボーイング747型機の座席に座っていた。巨大な飛行機は厚い雨雲の中を降下し、ハンブルグ空港に着陸しようとしていた。11月の冷たい雨が地面を黒く染め、レインコートを着た整備士や、広大な空港ビルの旗、BMWの看板など、あらゆるものがフランドル地方の陰鬱な絵画の背景のように見えた。やれやれ、またドイツか、と思った。
 
 
 
 飛行機が着陸を完了すると、禁煙の看板が消え、天井のスピーカーから小さなBGMが流れ始めた。それは、どこかのオーケストラが甘く演奏しているものだった[…]遠くの風景[…]。
飛行機が離陸し始めると、風が私たちの顔に吹きつけ、雨粒が激しく降り始めた。私は、まるで素晴らしい映画の中にいるような気がしましたが、音は消されていました。音が鳴っていると、この風景はどんな風に聞こえるのだろうかと想像した。
 
 
 
 飛行機が離陸すると、風が私たちの顔に吹きつけ、雨粒が激しく落ちてきた

Photo by Ninara31

僕は三十七歳で、そのときボーイング747のシートに座っていた。その巨大な飛行機はぶ厚い雨雲をくぐり抜けて降下し、ハンブルグ空港に着陸しようとしているところだった。十一月の冷ややかな雨が大地を暗く染め、雨合羽を着た整備工たちや、のっぺりとした空港ビルの上に立った旗や、BMWの広告板やそんな何もかもをフランドル派の陰うつな絵の背景のように見せていた。やれやれ、またドイツか、と僕は思った。
 飛行機が着地を完了すると禁煙のサインが消え、天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れはじめた。それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの『ノルウェイの森』だった。そしてそのメロディーはいつものように僕を混乱させた。いや、いつもとは比べものにならないくらい激しく僕を混乱させ揺り動かした。
 僕は頭がはりさけてしまわないように身をかがめて両手で顔を覆い、そのままじっとしていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ゲン=シヒストリウムとは、序列二次世界大戦領域内(なか)の1945億...

この世界では、神を復活させることが可能です。神は一人しかいないが、過去の神が現在に生き残っている可能性もある。過去の神の子孫である可能性があります。この世には二人の神しか存在しないが、過去に三人目の神がいた可能性もある。また、過去の神、現在の神、未来の神の3つの神がいる。 と呼ばれる未来から来た神...
0 0
2021年4月4日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

北欧テイストのホテル

コペンハーゲンの中心部にある、北欧で最高のホテルがGokstadホテルです。ゴクスタには、ゴクスタレストランのある自分だけの中庭があります。また、川のボートに乗ってウォーターパークや港、リレボ図書館に行くこともできます。 ハバナ ハバナで一番有名なホテルはプラザセントラルというホテルですが、この旅行ガイド...
0 0
2021年3月9日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

三菱ケミカルとともに技術検討するケミカルリサイクルは、廃ペットボ...

科学者たちによると、このプロセスによって、石油の使用量を減らし、二酸化炭素の排出量を減らすことができるだけでなく、ペットボトルのリサイクルによる燃料消費量を減らすことができるそうです。サーマルリサイクルプロセスで消費されたエネルギーは、電気や熱の生産に利用できます。 また、このプロセスでは、木材な...
0 0
2021年3月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。