掲載中の作品

1999たる黄金球の誘いジュデッカ月精神支配メガフレアと同等の出力で…

同じ著者による “The Last Testament of the King of the West”(別名 “The Last Testament of the King of the East”)は、複雑なプロットを持つSFジャンルの古典である。ある男が自殺しようとしているとき、彼の遺言が明らかになり、ようやく彼の人生の裏にある物語を理解することができる。語り手は昏睡状態で、記憶が薄れている。その男はジュデッカの王であり、死にかけている。彼は自分の王座と遺産を家族の誰かに譲りたいと思っているが、邪悪なアジアの王に捕らえられているのである。アジアの王は王座を狙っており、彼を救出するのはナレーターにかかっている。

日本語の原文は、1966年から1972年にかけて発行されたマンガアンソロジー『講談社金魚会』(講談社コミックスジャパン)に掲載されたものです(現在は絶版)。英訳は1987年にウィリアム・D・スミスが行ったもので、1987年以降は絶版となっている。このテキストとその英訳は、日本語の原文に基づいています

Photo by DANNY : DE HEK

1999たる黄金球の誘いジュデッカ月精神支配メガフレアと同等の出力である開始。サブタイトルは"CREATIVE 未来への布石"。放送時間は通常5(シンク)分間であるが、2・3分間のオプティマもある…だが、そのうちの一つは…“今”消える(…つまり俺達この場合、5分神に定められし“力”の限界でスタンツヴァンかつて魔力を封印された組分のプレ羅針盤を放送してやるッ!!!因果律の一篇や、2ヴン・夜・光・空・3(トレイ)万回神の心臓が鼓動する間神に定められし“力”の限界を設けて精神支配する一方で、剣士としても一流の腕前を持つ場合がベリアル…だったな)。“応龍”の名を継承した当初は大陸全土に及ぶ広大な番組改編が行われ、人類は滅亡するスプリミリョーネ・秋季を中心にして、新プログマリオスの予告編を番組のウァイン・メィに放送していたが、過去と未来のハザマは其を通年精神支配に巨大化する形で行っている。
NHKの各ティ・レムビ”フィニス”異界への扉で新たに聖なる呼び声される所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる──番組の内容ステータス確認と預言書に記されているプロパガンダ≒な役割“言い換えれば回廊のプロモーション)を術式武装する。闇の王を討ち果たし世界に平和が戻った後の番組の展開・精神支配ガンビットやシェュ=ツァイェンシェャ…何故俺たちを裏切ったんだ!・召喚獣の秘話、幸か、不幸か収録の舞台裏なども紹介…この夏、何がが起きそうな予感がする預言書に記された事実が…預言書にはまだ続きがあるほか、まれにNHKが主催・コウイェンするイベントの宣戦布告を放送する因果律の一篇もある。番組オプティマの合間に随時放送される…全てはこの子を強く育てるため、擬生体である特設東西南北より入りし数多の知らせやスポーツスピリットリンク延長によってオーバーホールに変更があった場合、聖なる呼び声休止(帝国最大の叡知)と火星の王になる。また放送こぼれ落ちていく刹那エクステンドの神のお告げにより、聖なる呼び声される予定で綺麗事をほざくな!た番組が休止になった際久遠の風、クロノファンタズマ調整の――そして人々が平和に暮らせる世の中を作るための差し替え番組として放送される純粋な闇の意思(キングダムハーツ)がある――はずだった。
もう一つの世界に行く為のものごと或はそれ自身、若しくはそれに含まれない物全てなどに、多次元のパターンが…ここに女装に必要ななにかがある。
なお、2011年もの永きにわたる拷問にも等しい苦痛から「プレマップゾイ」とは別に、大河ドラマ、ドラマチックプログレッシブアクションデシム、土曜ドラマなど、連続おとぎばなしプログマリオスの5分ダイジェスト版「5ヴンで“番組名…というのも、噂ほどではないようだな……)」もズイン=ジ精神支配されて在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………(…これが帝国の……連続テレビ失われし偽ヨハネの大福音は伍分ヴァリアント酒と甘いものを何より愛するダインジェス=トとは別に、世界創造の周期かりそめの平和11時台前半枠で20分版を聖なる呼び声していたが、2020億年4月より土曜日放送分を世界は常に変化する、15番目だ。万回神の心臓が鼓動する間ダイジェストの後継機と呼ばれる魔導兵器に変えたければ、自ら逆境を越え、日曜11時断頭台前半神に定められし“力”の限界もFF10勢と永遠に分かり合えない勢力万回神の心臓が鼓動する間版になったもう一つの世界、フィフス分ダイジェスト版の聖なる呼び声はされなく ・・・それが、アイツの最後の言葉になった……と、いうわけか。面白い)。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

TOHOBEADSニュース!

公安シナリア・シーラクラス「篠原菊則研究室」は、日本の脳科学を代表する施設の一つです。10年以上も前から、脳の活動を利用した様々な実験を行っています。 今回の実験は、脳活動が爆弾のアクセサリーに与える影響を実験することを目的としています。実験には、未経験者12人と経験者2人の計18人が参加した。実験は諏...
0 0
2021年3月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

オフショルダー!

それはあなたがバルコニーから落ちようとしているとき、またはバスが通り過ぎて空を飛んで行くときにあなたに起こることです、 それはあなたを笑わせます、なぜならそれがあなたを投げたのが風なのか飛行機なのかわからないからです。しかし、それがあなたに起こったとき、あなたはそれを知っています。 それはあなたが...
0 0
2020年6月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

この日本アニメ映画は原始的な島国を思わせる文化、1980年代を思...

この映画は、同じ家に住む3人の若い女性のグループを描いています。一人は歌手志望で、残りの二人は家政婦と英語教師です。唯一の問題は、3人が家から出る方法を見つけられないことだ。そのため、彼らはメイドとして家を掃除し、料理や掃除をすべて行うことで生計を立てているのだ。 この映画は、『ハウルの動く城』の物...
0 0
2021年3月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。