掲載中の作品

エレクトリックパンクとは、20世紀の産業用電気機械にインスパイアさ…

エレクトリック・パンクは、サイバーパンクとよく関連するSFのサブジャンルです。オルタナティブな未来を舞台にしているという点では似ているが、異なる種類のSFである。20世紀の人々が思い描いていたであろう未来的なテクノロジーと美的なデザイン要素の組み合わせが特徴である。

歴史 [ 編集 ] 。

1950年代、エレクトリック・パンクは、当時の戦後の日本の建築デザインに影響を受けた。1970年代初頭、作家の村上春樹によって広められたこのジャンルは、しばしばSFのサブジャンルとみなされています。1970年代以降、エレクトリック・パンクは本格的なサブジャンルに発展し、多くの作家やアーティストがエレクトリック・パンクを自分のものにしています。エレクトリック・パンクは、50年代後半から60年代前半に影響を受けたサイバーパンクに代わるものとして登場しました。

このジャンルは、1970年代に日本で始まりました。カズオ・イシグロは小説「Never Let Me Go」(1980年)の中でエレクトリック・シティの物語を創作し、桜坂洋は「Never Let Me Go」の物語を執筆した。

Photo by Governo do Estado de São Paulo

エレクトリックパンクとは、20世紀の産業用電気機械にインスパイアされた技術や美的デザインを取り入れたSFのレトロフューチャーなサブジャンルである。 文学的な起源はサイバーパンクのジャンルと関連付けられることもあるが、エレクトリックパンク作品は、電気が主流である戦後の日本やアジアの代替歴史、あるいは同様に電気を採用したファンタジー世界を舞台にしていることが多い。

エレクトリックパンクは、ネオ・モダニズム[5]とは異なり、20世紀の人々が思い描いたであろう時代錯誤の技術やレトロフューチャー的な発明を特徴としており、ファッション、文化、建築様式、芸術に対するその時代の視点にも同様に根ざしている。 また、電気砲や電動飛行機、真空管コンピュータ、初期のトランジスタコンピュータなどの技術をオルタナティブ・ヒストリー風に表現する例もある[8][9]。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

良好な結果のために120文字必要だそうだか、正直120文字も無の状態か...

一日に120文字を書く人は、一生懸命働いているからです。しかし、1ヶ月に120文字を書けば、ゆったりとした生活を送ることができます。私が120語を簡単ではないと思う理由は、それが大変な努力のように思えるからです。 私は、120語を書き終えるのに、どのくらいの時間がかかるのか見当がつきませんでした。しかし、120語...
0 0
2021年3月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

木々の間から差し込む光が僕の心の奥深くに差し込んできた。

終わった後、私は森の涼しい抱擁の中に座り、何を見たのかを考えようとしました。 最初は幽霊を見たに違いないと思った。しかし、幽霊よりももっと不吉なものを見たことに気づきました。 長い間地球にいて、まだこの星での生き方を学ぼうとしているような異星人の輪郭さえ見えました。私は、狩られる側になってしまった...
0 0
2020年12月30日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

まず、意外性がある。

キャラクターのやりとり、葛藤、ドラマ、ミステリー、サスペンスと緊張感、ストーリーの予測不可能性の高さ、キャラクターの深み、プロットのひねり、謎#8230;#8230;そのすべてがこの作品をユニークにしており、見ていて楽しい。 登場人物の相互作用が素晴らしく、プロットの捻じれもよく考えられていて、タイミングがい...
0 0
2020年12月10日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。