掲載中の作品

うどんはなんといってもコシだ。

銀座の大通りである国銀町には、うどんを売る店が並んでいます。ここでは、東京の有名な「りんねうどん」と同じ生地を使った伝統的な日本のうどんである「讃岐公園」を売っていることが唯一の違いです。この店を経営しているのは、有名なうどん職人である国銀町です。このうどんを作るために、彼はりんねうどんと同じ生地を使用していますが、その方法は少し異なります。パン生地の代わりに酵母を使って出汁をとり、出汁には生姜の漬け汁を使って、同じようにうどんができあがるのです。

国銀町はかつては繁華街だったが、交通量が増えたために廃れてしまった。また、ここの店では日本全国のさまざまなうどんが売られている。しかし、国銀町には小さな中庭があり、そこにはバーと、うどんを売る小さな麺屋がある。

中庭には小さなテーブルが並んでいて、客を待っている。その中の一つのテーブルに、黒いスーツに白いシャツ、黒いネクタイをした背の高い細身の男性が座っている

Photo by Ben Baligad

うどんはなんといってもコシだ。ここ、讃岐の地では、うどんを練り上げる過程で明神川上流から取れる湧き水を用いている。そこに、太平洋で取れるミネラルの豊富な塩を加え、オーストラリアから輸入した小麦粉と混ぜ合わせることで、コシの強い讃岐うどんを、全国のご家庭に届けられるのである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

私は料理店の店長です。

完璧な焼きそばソースを作るために、私はケチャップのレシピに従って、少しだけ塩を加えました。それだけで、焼きそばソースはオーブンの準備が整いました。 この焼きそばソースが主役です。少しの焼きそばソースが、一口ごとに美しく調和します。 この焼きそばソースを作って食べてみてください。 焼きそばソースのレシ...
2 0
2021年3月22日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

青年はため息をついた。

青年は道から顔を背けて、再び顔を上げた。 その女性は二日前に見た女性とは変わっていた。 それは長い髪の毛だけではなく、彼女の服も、青年がいつも見ていた女子高生の制服ではなく、黒いドレスを着ていた。 青年は微笑んだ。 #8220;え?#8221; 女性の声は少し耳障りだった。#8221;あなたは四川医科大学の管理人になっ...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

藤本紫媛ヤンキータバコバット生意気オイル痴女黒ギャル

#8220;これを父に使えるかな#8230;母にも使えるかな#8230;愛する人にも使えるかな 次からは私が始めようかな。#8221; カーラ】 こんにちは、ちょっと恥ずかしがり屋なんですが、私でいいですか? にゃんこ] #8230; 恥ずかしがっているわけでも何でもないけど、私に知らせてくれるのは、本当に優しいと思ったの。 #8230; ...
0 0
2021年2月11日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。