掲載中の作品

「スポーツと社会は男性と女性を分離すべきではない」その問題として…

そうであるならば、物理的な変更は
権利を侵害していることになります。
そのため、今行われているこの議論は、その点に焦点を当てて行われるべきです。
はそこに焦点を当てるべきだと思います。
プライベートエリアに足を踏み入れ、「第三の性」となるのはアスリートである。
自分が他の人間と同じように考えなければならないことを知らないアスリートこそが
自分を他の人間と同じように考えるべきだと知らないアスリートです。
ですから、このことを踏まえて、私たちは次のように問う必要があります。
と問いかける必要があります。
呼び捨てにしたり、新しい名前をつけたり、違う代名詞を使ったりすることは合理的でしょうか?
“ということを示した研究は一つもありません。
での男性と女性のパフォーマンスに統計的な違いがあることを示した研究は一つもありません。
競技レベルで男性と女性のパフォーマンスに統計的な違いがあることを示す研究は一つもありません。しかし、人によって性別に対する認識が異なることを示す研究はたくさんあります。
人によって性別に対する認識が異なることを示す研究はたくさんあります。”
注目すべきは、この議論のきっかけとなったのが、スポーツパフォーマンスのレビューだったということです。
この議論のきっかけとなったのは、スポーツパフォーマンスのレビューだったということです

Photo by Mr MPD

「スポーツと社会は男性と女性を分離すべきではない」
その問題として、DSDプレーヤーを配置します
問題もあります。学術的な議論でも、
これは「一方向の心」と言えます。また、
競争カテゴリーとして、第三の性別カテゴリー
設定すべきだと主張される場合もあります。
しかし、それらはすべてDSDアスリートを固めます
その考えから、「女性以外のもの」であることは当然です。
とみなされます。
アスリートの人間としての存在そのものに関わる
プライベートエリアに足を踏み入れるのはアスリートです
人としての権利だけでなく、尊厳とプラ
イバシの権利を含む基本的人権
それは利益の侵害と見なされるべきです。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

日本の大衆小説「果物大戦みかんvsりんご」のあらすじ

この漫画の主人公は、まあ#8230;少年でした。 彼は本当にかっこいい名前を持っていて、本当にかっこいい人生を送っていました。彼には家族がいて、スポーツに打ち込んでいて、他の人が夢見ることしかできないようなことを実際にすることができました。 それはただ#8230;彼は少年だったということです。 漫画を読むのが好...
1 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

さぁて、今日はどんなお仕置しようかな、手枷でもつけようか、「うん...

#8220;んんっ?#8221; 私は、うめき声を上げる。 私は彼女にキスしようとしていた。 #8220;どうしたの?#8221;彼女は私が少しあまりにも敏感にされていたことを少し心配して、尋ねます。 #8220;何でもない #8220;と私は言う、かなりそれを自分自身を信じていない。 #8220;わかった、でも今日はキスはしたくない#8221; 私...
0 0
2021年1月24日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

雪の森の中。

地面に凍りついた川のそばに、一人の女性が立っていた。 川を覆っていた雪はすべて凍ってしまっていた。 彼女は毛皮のコートを着ている彼女の体には長すぎる毛皮のコートを着ていた。 彼女の肌と髪は雪のように白かった。 彼女の顔は青白く、目は大きく開いていた。 彼女は白い毛皮のコートを着た女性でした。 そして、...
0 0
2020年9月23日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。