今日は母の告別式だ、父は既に他界し母と二人だけの家族だったが、そ…

今日は母の告別式だ、父は既に他界し母と二人だけの家族だったが、その母も先日この世を去った。
 誰よりも俺を愛してくれた母が逝ったのだ、ショックと悲しみのあまり絶叫し、周りの目も気にせず崩れ落ちても誰も咎めはしないだろう。

私は子供であり、親に捨てられ、自分の力で生きていかなければならない子供である。私は弱い。私は愚かだ。私は、すべてを失った人間です。
 
 だから、私の心の奥底から、そして私の視点から見て、私の人生で最も悲劇的なことは、両親が私を誇りに思うチャンスを与えることなく、私が両親に捨てられたことです。
 
 私の人生で最も悲劇的なことは…。
 
 ”私はすべてを失った男である “ということです。
私の人生、男になった理由、失った最も大切なもの…これらの大切なものはすべて私の目の前にあります。私はそれらを選択しなければならない。
 
 決断は私に委ねられている。
 
 どんなことがあっても、どんなことがあっても、自分が選んだ道を後悔することはありません。
 
 一番忘れたくないのは…両親です。
目から落ちる涙は強く、声は弱く、抑えることができませんでした。
“Fuu, I hate it. 嫌いなんだよ。嫌いなんだ。嫌いなんだ。嫌いなんだよ。憎い…憎い…憎い!”
“何のために泣いていたの?何なんだ…?”
“悲しくて泣いているんじゃない

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。