掲載中の作品

三菱電機は22日、独自の人工知能(AI)技術を活用し、ロボットな…

新しい技術は、今後数年以内に販売される予定です。ただし、AI技術の開発はコンピューターとロボットに限定されません。モバイル技術、医療機器、人工知能における音声認識の分野で使用されています。実際、第一世代のデジタルアシスタントSiriは、コンピュータープログラムを使用して作成されました。現在、モバイルデバイス(スマートフォン、タブレットなど)は1,000台を超えており、ユーザーはデバイスの音声認識コンピュータに話しかけてコマンドを実行できます。

Nuance Communications Inc.という会社が2006年にApple Siriを開発しました。インテリジェントアシスタントは自然言語処理の人工知能を使用します。これは、世界で最も先進的な音声認識システムと見なされています。ソフトウェアはデバイス全体のレベルで動作し、音声はSiriソフトウェアによって処理および翻訳されます。また、「空港の管理人に電話してもらえますか?」「デパートへの道ですか?」などの複雑な文章も理解できます。そして、「彼女に、札入れと小銭を部屋に持ってくるように伝えなさい。」

AIは医療機器の分野でも使用されています。 Stemcell Technologiesという会社が、AIテクノロジーに基づく人工知能であるStem Cell Research Stationを開発しました。この装置は、患者の体からの細胞に基づいて、個人化された医療製品を作成するために人体を分析することができます。幹細胞は骨髄、血液、その他の組織に由来し、患者から採取することができます。この技術は病気の治療にも使用できます。

AIは音声認識の分野にも導入されています。南洋理工大学(NTU)の研究者グループは、会話に基づいてユーザーの単語を認識することができるソフトウェアを開発しました。ソフトウェアは、会話で使用される各単語と代名詞を認識することができます。これは「Cortana」と呼ばれ、音声認識ソフトウェアを使用して人々と会話することができます。

AI技術は人工知能の分野で使用されています。 NTUの研究者チームは、人間の音声を理解し、音声コマンドに応答できるロボットを開発しました。ロボットは、画像認識、音声認識、画像処理などのAIテクノロジーを使用して、話し言葉を認識します。ロボットは人と会話することができ、日常の活動で人を助けることもできます。

AIテクノロジーは産業オートメーションにも存在します

Photo by dmitryzhkov

三菱電機は22日、独自の人工知能(AI)技術を活用し、ロボットなどの機器が人と自然な言葉で円滑に意思疎通できる世界初の技術を開発したと発表した。複数のセンサーなどが捉えた周囲の情報や人の発話履歴をAIが解析・学習し、分かりやすい言葉で表現する。カーナビや人と会話するロボットなどでの適用を目指す

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。