この作品の制作意図は

この作品の制作意図は

以下では、文学におけるモダニズム研究との関連で、モダニズム詩および詩研究の分野における主要な動向を検討し、これらの要因が、このジャンルと個人主義運動との関係の解釈にどのような影響を与えるかを考察する。個人主義運動とモダニズム運動との関係は、それほど明確なものではないことに留意されたい。個人主義運動は、詩人に対して独自の要求と基準を持っていた。モダニストたちは、モダニズムのスタイルに満足せず、新しい個人主義的なスタイルの創造に乗り出したのである。モダニストたちは、過去にとらわれず、個人を尊重する新しい個人主義的なスタイルを作ろうとしたので、消去法のようなものです。

個人主義運動は、1919年にW・B・イェイツによって創設された。イェイツのエッセイ「荒地」はこう始まっている。「私たちは皆、近代主義者であり、皆、個人主義者である」。[1] この発言は、イェイツの哲学の最初の主要な声明であった。ここで重要なのは、モダニズムと個人主義の関係におけるイェイツの立場が、正確には正しくないという点である。個人主義運動は、新しい個人主義的なスタイルを作り出そうとしたイェイツに端を発している。彼は、個人こそがモダニズムの真の基礎であると主張したのである。イェイツが最初に書いた個人主義詩人ではないことは重要ですが、主要な作家の一人であったことは確かです。文学における個人主義運動は、当時の文学に大きな影響を与えた。

イェイツをはじめとする文学における個人主義詩人の作品は、イェイツやエリオットといったモダニズム詩人の影響に対する反動と見ることができる。イェイツは個人主義を強く主張し、個人を基本とするモダニズムの概念に反対した。イェイツは、詩をモダニストというラベルのもとにグループ化するモダニズムの傾向に反対した。彼は当時、詩には本当のモダニズム運動はなく、詩における個人主義がより重要な運動であると指摘した。[イェイツは個人主義を強く支持し、個人をモダニズムの真の基礎と見なしていた。

当時の個人主義的な詩人はイェイツだけではなかった。ジョージ・ハーバートは、当時注目すべき個人主義の詩人であった。彼は個人主義的とされる詩を多く書き、その中にはモダニズムとされるものもあった。当時の文学界で個人主義的な詩人は彼だけではありません。

Photo by MDGovpics

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。