掲載中の作品

山北町は7月15日、新型コロナに対応した避難所運営を確認するため、町立生涯学習センターで町職員による訓練を実施した。冒頭、湯川裕司町長は「避難所では町民が『ここに来たら大丈夫だ』と思える安全性と安心感が最重要。町組織のマンパワー、関係機関とのスムーズな連絡体制を一層高められるよう臨むこと」と話し、訓練が始まった。

避難後、日本政府は直ちに周辺地域の町民の避難を決定しました。山北町に行く途中、福井県の仮設住宅に入れられた人もいた。 7月20日、地元メディアは、福井県政府が山北町の避難者を収容するための一時的な避難所の建設を開始したと報じた。敷地内には非常用照明、発電機、冷蔵庫、衣類収納スペースを備えた建物を設ける。仮設避難所は避難所と同様に福井の町に建設されます。福井県は必要な物資の提供に全力を尽くします。さらに、山北町に戻る最初の人々に緊急サービスが必要な支援と避難所を提供します。
福井県は、心理学者やその他の支援要員のチームを派遣して、仮設避難所を支援する予定です。
また、日本赤十字社は、山北町の避難者への医療支援を目的とした大規模な事業を開始しました。日本赤十字社には、救急医療サービス、地元の救急医療ユニット、公衆衛生従事者を含む合計3,000人のボランティアがいます。ボランティアは全員、避難者の世話をするために活動に参加しています。
日本の赤十字ボランティアも周辺地域の避難を支援しています。彼らは周辺地域の避難者に医療と避難所を提供するための手配をしています。
7月中旬現在、周辺地域から延べ25,000人が避難しています。まだ町に住んでいる人もいますが、その多くは福井町の仮設住宅に住んでいます。
福井県は7月25日、避難完了後の緊急対応を都道府県が引き継ぐ用意があると発表したが、山北町民の意向を踏まえた対応を行う。政府は山北町の人々に、「町に避難する人たちのニーズに応え、必要な物資や機材をできるだけサポートするため、これからも頑張っていきます。山北町の市町村は、今後も山北町の住民の皆様に多大なご支援を賜りますよう、山北町が全力を尽くし、必要なあらゆる支援・支援を行ってまいります。

Photo by SkipSkippy

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。