掲載中の作品

人間が大の苦手だった「サバ」ちゃん今ではすっかり甘えん坊にねこは…

「お見せします!」
私が最初にすることは、横から剣をとることです。私が手に持っていた短剣は今や私の肩にありました。
「確かに怖いです。」
「そうです、怖いです。」
下げてみましたが、高くなってしまいました。
「さばちゃん、何してるの?」
「それ以上下がることはできません。すでに一番下まで下げられています。」
短剣だけでしたが、とても小さな刀のようなもので、とても大きな刀でした。ギャップは小さかったのですが、先端は既に振り下ろされていたようです。
「はぁ…頭まで届かないんですよね?」
数歩後退すると、後ろに隠れていたサバが戻ってきた。
“大丈夫だよ。そもそも剣は怖くない。短剣だけを切ります」
私は短剣を下げようとしました、そして彼がそれを待っていたかのように、サバは私の側にジャンプしました。
“申し訳ありません。申し訳ありませんが、下げることはできません。」
サバがそのようなギャップの少ない武器を恐れることは当然です。よく考えてみると、ギャップが狭すぎて首まで届かなかった。
「サバ、そうです。怖かったです。」
私は声を上げようとしませんでした。サバに他人を怖がらせたくなかった。
「でも、ごめんなさい、サバ。中に入れますのでご安心ください。」
剣を肩から取り出してテーブルに置いた。
「大丈夫です。それだけ…”
それは普通の剣ではありませんでした。
“これは…”
中にあったのは大きな剣でした。形は感じられない剣でしたが、とても重く、大きな剣だと思いました。腰より太い剣でした。
見てみると、刀の先がサバに向けられていました。
“これは…”
「これは昔の剣ですね。長い間秘密にしておけて申し訳ありません

Photo by rocbolt

人間が大の苦手だった「サバ」ちゃん 今ではすっかり甘えん坊に ねこは人間の話をどこまで理解しているのでしょうか。何度もかわいいと言われているうちに、とても”あざとかわいい”顔になってしまった元野良ねこが話題になっています。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。