掲載中の作品

リモートワークの増加など勤務形態が大きく変わる中、企業にとって従…

最初のステップは、従業員が会社で働いている期間を明確に把握することです。これにより、現実的な期待を生み出すことができます。

従業員が会社に在籍していた期間を判別するには、まず現在のステータスを判別する必要があります。通常、従業員のLinkedInプロファイル、職務の説明、またはソーシャルネットワーキングプロファイルを一般的な指標として見ることができます。

リモートワーカーの場合、企業は従業員から、勤務時間数や毎日の平均時間などの詳細情報を受け取ることがあります。

次に、これらのデータポイントを使用して、従業員が会社に在籍している期間を把握できます。

従業員の職歴の合理的な見積もりを取得したら、それを使用して現在の精神状態を判断できます。

次のステップは、従業員の精神的エネルギーが現在どこで費やされているかを判断することです。人々がストレスを感じると、彼らの心は無関係なタスク(例えば、仕事)に飛び込む傾向があり、快適でリラックスした環境を持つのがどんな感じか忘れてしまいます。

従業員の精神的エネルギーが現在費やされている場所を特定するには、次の3つの領域を定義する必要があります。

1.ワークライフバランス。

2.個人の生活バランス。

3.社会生活バランス。

仕事と生活のバランス

従業員が精神的に疲れ果てていると感じている場合、彼らが生産的であるかどうかを判断することは難しい作業です。

そのため、自分の仕事を直接判断するのではなく、客観的な見方を取り、全体像に焦点を合わせることが重要です。

たとえば、離れた場所にいる従業員が1日の大半を自宅で作業している場合は、職務を無視して個人の責任に集中できるようになります。

従業員が精神的に疲れ果てていると感じている場合、彼らが生産的であるかどうかを判断することは難しい作業です。

そのため、自分の仕事を直接判断するのではなく、客観的な見方を取り、全体像に焦点を合わせることが重要です。

たとえば、離れた場所にいる従業員が1日の大半を自宅で作業している場合は、職務を無視して個人の責任に集中できるようになります。

これを判断するのは難しい場合がありますが、従業員が全体的な状況を明確に理解すれば、簡単な作業です。

演習の目的は、2つの間のバランスを見つけることです

Photo by gerrypopplestone

リモートワークの増加など勤務形態が大きく変わる中、企業にとって従業員のメンタルの状態を的確に把握することがますます重要になっています。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。