掲載中の作品

夏の夜空を彩る花火。

花火大会で見たいものです。この記事では、日本で開催されるさまざまな花火大会の基本情報を紹介します。次に、予算に最適な花火を見るために、夜間に行くのに最適な場所をいくつか紹介します。
花火大会
最も人気のある花火大会で、毎年7月中旬に開催されます。お祭りは夏の風物詩で、毎年何千人もの人々が集まり、7月26日の夜にはさまざまな花火大会が見られます。花火は通常夕方に始まり、非常に壮観です。フェスティバルは、さまざまな種類の花火を見学する絶好の機会でもあります。一度だけのイベントではありませんので、日本の夏はぜひこのフェスティバルに足を運んでみてください。
夏は通常8月の最後の週に祭りに行き、より華やかな花火を見に行きますが、他の月にも花火を見ることができます。
8月の花火大会は7月26日がお勧めです。日中は暑いかもしれませんが、空は晴れ、夜は穏やかで暗くなります。祭りを見るには通常手遅れではありませんが、花火が最も良い7月の最後の週に行くのが最善です。
セラミック花火
セラミック花火は最も高価なタイプの花火で、通常は山で夕方に打ち上げられます。この理由は、火工品の材料は、溶融金属をプラットフォームに注ぐことによって作られ、そこで発射される前に冷却されるためです。平らな場所で打ち上げると、花火は広い範囲に広がります。
天井花火
天井の花火は地面の下に設置されており、火工品の花火よりも高価であると考えられていますが、はるかに壮観な場合があります。
花火を点火する伝統的な方法は、火工品の管の周りに輪を作ることです。天井花火を体験したいなら、これが唯一の方法です。
回転
かいてんは、小さな棒である爆竹で発射される日本の伝統的な花火です。爆竹が点灯すると花火が爆発し、花火が発射されます

Photo by Region 5 Photography

夏の夜空を彩る花火。全国各地で開催される花火大会は、まさに日本の夏の風物詩とも言える一大イベントだ。毎年の開催を楽しみにしている馴染みの大会や一度は訪れてみたい有名な大会がある人、あるいは毎回テレビでの花火中継に見入っているという人もいることだろう。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。