掲載中の作品

日本はAI後進国、プライドを捨て「リターンマッチ」で劣勢挽回を|シ…

今日、AIは多くの目的に役立つテクノロジーであると信じている人がたくさんいます。将来的には、人工知能は私たちを助け、私たちの生活を向上させます。
AIへの莫大な投資の背後にある理由は、AIが多くの問題の究極の解決策になる可能性があるためです。これがAIを世界に向けて素晴らしいものにしている理由です。
AIとその機能の小さな例:
「Adobe」という会社がプログラム「DeepMind」を作成しました。このプログラムを使用することで、ゲームやシミュレーションを目的とした新しい種類のAIを開発できます。
プログラムは機械学習であり、コンピュータがすべてのことを学習できることをご存じでしょう。これは、コンピュータがよりインテリジェントになり、現在達成することが不可能である多くのことを実行できる場所です。
たとえば、「囲碁」と呼ばれるゲームでは、コンピュータはルールを理解して、どの動きでプレイするかを学習する必要があります。これは、DeepMindが解決している種類の問題です。
プログラムのポイントは何ですか?
まあ、明確に言うと、DeepMindはゲームを作っているわけではありません。ゲームを目的としたAIを作成しています。ただし、プレーヤーにすべての情報とコンピューターと対戦する可能性を与えることができます。
また、プログラムをゲームに組み込むことができるため、時間の経過とともにパフォーマンスを向上させることができます。
つまり、DeepMindと呼ばれるコンピューター用の「トランプ」を作成できるという考えです。目標は、コンピュータにカードを認識させ、それを再生させることです。
これがAIテクノロジーが今日進んでいるところです。このプログラムは、コンピューターをよりスマートに、より良いパフォーマンスにする方法を学ぶのに役立ちます。このため、このテクノロジーの開発に多くのお金と時間を費やします。
大きな問題は、このテクノロジーをどれだけ信頼できるかということです。
問題は、プログラムをどれだけ信頼できるかではなく、プログラムの作成者をどれだけ信頼できるかです。
DeepMindの作成者は、Googleのグループです。 2011年、彼らはDeepMindという会社を設立しました。同社はシリコンバレーの数人の主要な人々によって率いられています。同時に、このプロジェクトは、主に米国に拠点を置く数人の投資家から資金提供を受けています。
AIへの莫大な投資の背後にある主な理由は、この会社がゲームを目的としたAIプログラムを作成できることです。このようにして、あらゆる種類のゲームでAIを使用できます

Photo by Joanbrebo

日本はAI後進国、プライドを捨て「リターンマッチ」で劣勢挽回を | シリコンバレーの流儀 | ダイヤモンド・オンライン
今やメディアで、AI(人工知能)という文字を見ない日はない。AIがあらゆる事業で使われ、世の中を良くしていくという認識は完全に市民権を得たようだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。