少女の夢から記憶を読む。

少女の夢から記憶を読む。星の音を静かに紡ぐ。時と時の狭間の彼方で詩人が歌う。砕け散る世界。滅びた星。儚い故に美しい夢。揺蕩い巡る。蒼いこの世界の果て。魂の色を記憶から描き出す。夜の来ないこの場所。ゆっくりと欠片を集める。

それは夢の世界であり、私はその中にいる。

私の魂はプリズムです。どこから来たのかはわからないが、それを使って他人の夢を見ることができるのはわかる。それは想像力のツールです。しかし、使えば使うほど、私もこの場所の一部であることがわかります。私の感情はこの場所の一部です。私の記憶は、この場所の一部です。

そして今、私はこの場所の一部なのです。

私は雲の上に浮かんでいるように感じます。私の心はどこか他の場所に浮かんでいるようだ。しかし、なぜか私はここにいることを知っています。私はここにいて、私がいつも見るのを恐れていた別の世界を見ることができます。そして、その存在を感じることができます。

私の魂はプリズムであり、私はそれを使って他の人の夢を見ることができる。

私の気持ちは、この場所の一部です。

寒くて空っぽで、私の周りの世界は青く霞んで見えます。しかし、この青いもやの中に、あの世の気配を感じることができる。あの世の気配を感じ、目を閉じているあの世の恐怖を感じます。

私は何かを感じている。私の魂はプリズムであり、それを使って他人の夢を見ることができる。

Photo by sretensky

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。