掲載中の作品

ではデジタル化の均衡点とは何か。どう見いだせばよいのか。

数ヶ月前、私は科学者でもある友人と会話をしました。科学についての考え方と医学についての考え方の違いについて話しました。彼が言ったことの一つは、「それが重要である限り、あなたが何を勉強するかは気にしません。」でした。彼は生物学、おそらく、物理学について話していましたが、彼が考えていた方法は、「何かをする方法を知っていれば、それの平衡点を知っています」です。さて、明確にしたいのですが、これが自分の研究を否定することを意味するものではありません。生物学の科学の世界ではそうです。これを研究する方法を知っていれば、平衡点がわかります。それで、私はこれについて明確にしたいです。科学的な研究をすべて捨てるべきだと言っているのではありません。しかし、私たち科学者にとって、科学についての考え方をもっと意識することは重要だと思います。
科学についての考え方と医学についての考え方は、2つの異なるものだと思います。科学について私たちが考える方法は、誰かが病気になるたびに新しい発見を生み出すことができるということです。そして、その人がこの特定の方法で病気になった理由を理解できるはずです。その人が病気になったメカニズムを理解していれば、その人がその特定の方法で病気になっているメカニズムを見つけることができます。これが私たちの科学に対する考え方です。
しかし、それが私たちの医学に対する考え方です。医学は臨床科学です。したがって、免疫系が体とどのように相互作用しているかを把握できれば、患者が病気になる原因となることを把握できます。その相互作用がどのように発生しているかを把握できれば、どの治療がその患者に最も効果的であるかを知ることができます。免疫系が体とどのように相互作用しているかを把握できれば、どの治療がその患者に最も効果的であるかを把握できます。
ですから、私は医学は臨床科学であり、科学は方法であると主張します。ですから、臨床的に関連性のあるものを見て、科学的に分析することは一種の興味深いことです。ですから、科学と医学だけでなく、両者を区別すべきだと思います。
そして、これは私たち全員に役立つと思います

Photo by sjrankin

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。